イノウエのたいわんブログ

ほぼ台湾の話題、時々中国…。

2018年8月16日八 蔡英文総統が南米訪問の帰途、トランジットのため滞在した米ロサンゼルスで12~13日(台湾時間)、台湾系の有名チェーン・カフェ「85度C」に立ち寄ったところ、中国本土系のネットユーザー多数が「台湾独立派のコーヒー店だ」として強く反発し、ボイコットを呼びかける騒ぎが起きました。(写真はVOAのキャプチャー)

 米ブルッキングス研究所の中国問題の専門家、リチャード・ブッシュ氏は米公共放送ボイス・オブ・アメリカに対し「でたらめにもほどがある。下劣極まるいじめだ」と強く批判しました。

 台湾紙・聯合報によると、蔡総統はロサンゼルス滞在中、車列を止めて「85度C」に立ち寄り、蔡総統の名前が入ったクッションを贈られました。

 ラジオ・フランス・アンテルナショナル(RFI)によると、「米国華人社団聯合会」の鹿強主席がただちに「85度Cは中国本土で金もうけをしてるのに、台湾独立を支持している」と強く批判。中国政府系メディアが、鹿主席の発言を報じると、中国本土のネットが猛烈な85度Cたたきを始めました。

福建省・泉州当局が嫌がらせの立ち入り検査

 85度Cの中国の公式ミニブログは、批判が殺到して閉鎖い追い込まれました。また、福建省泉州市の85度Cの店舗は突然、「市場監督管理局」から「国慶節(10月1日)が近づいた」として立入検査を受け、食材を床に置いていたとして改善命令を受けました。いやがらせとみられます。

 85度Cは急きょ公式サイトで「『92コンセンサス』への断固とした支持は変わらりません。当社は、両岸(中台)関係の発展を引き続き推進します。両岸は家族です」などとするコメントを発表しました。「92コンセンサス」は、「1つの中国」に対する中台当局の1992年の合意を指しています。

「両岸一家」は美しい家庭とは言えない

 リチャード・ブッシュ氏は「台湾独立派の蔡英文総統が立ち寄ったから、店も台湾独立派の企業だというのは、でたらめもほどがある。下劣極まるいじめだ」と批判。「(85度Cが)両岸は家族だと言ったのは皮肉に富んでいる。台湾がこの家庭の一員なのだとしたら、うるわしい家庭とはとても言えない」と語りました。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーーーー



 2018年8月15日柯ニュースサイトの上報によると、台北市などの地方首長の選挙が11月に控える中、フェイスブックに柯文哲・台北市長を支援する「柯文哲ファン後援会」が先ごろ発足しました。わずか3カ月で1万7000人が加入し熱心に活動をしているそうです。(写真は上報のキャプチャー)

 「柯文哲ファン後援会」は30代の女性が開設者で、20~50代の7人が主催者として加わっています。入会希望者は、主催者が審査しており、いくつかの質問に答える必要があるそうです。

 場合によっては退会を求められることもあるそうです。主催者の1人は「自分の宣伝のため入ったり、一定の方向に誘導しようとした場合は、経過観察の後にお引取りを願うことになる」と話しています。

 ネット上の後援会だと、若者に片寄りそうですが、年配者の入会も増えているとか。柯文哲市長が6月末、出版記念のサイン会を行った後は、年配のフェイスブックユーザーの加入者が増えたそうです

 柯文哲市長は無党派で政党の支援を受けていません。しかし、ネット上で若者を中心とした無党派層からは絶大な支持を受けており、4年前の初当選にも大きな追い風となりました。

 対立陣営の候補は戦々恐々です。国民党の台北市長候補の丁守中氏は、「網軍」を使って好き勝手をしているなどと批判しています。

対立陣営からは「網軍」批判も

 「網軍」は、中国本土で当局から報酬をもらい活動するネット活動家を指します。丁陣営は、柯文哲陣営が報酬をわたして「網軍」を養成しているとみています。

 丁陣営によると、ニュースメディアのコメント欄などに丁候補に批判的なコメントが多数書き込まれることがあるが、複数の特定アカウントから発信されていることを確認したそうです。

 「柯文哲ファン後援会」は、「網軍」との批判について「そういう言葉を使うほど、反感を買う」と反論。「金のためでなく信念のために戦っているのだ」と話しています。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2018年8月13日病 13日付聯合報(電子版)によると、新北市新荘区の衛生福利部台北病院で13日午前4時、7階介護病棟のA23病室から出火し、約33平方メートルを焼いて約1時間後に鎮火しました。(写真は蘋果日報のキャプチャー)

 消防隊の243人が出動し患者とスタッフを救出しましたが、男女の40代から80代の患者14人が死亡、スタッフらを含め10人が重軽傷を負いました。

 出火とともに停電が起きました。患者の多くはもともと病状が重く、医療設備の助けが必要でした。停電とともに設備が止まり、死者が増えたとみられています。

 A23病室には当時、患者32人、外国人の手伝い8人、介護スタッフ2人、看護師1人がいました。

 消防などが出火原因を調べていますが、放火や失火の可能性は小さく、電気用品のショートが原因の可能性があるということです。

↑このページのトップヘ