井上雄介のたいわんブログ

井上雄介のたいわんブログ

ほぼ台湾の話題、時々中国…。

 2018年1月19日中国が台湾海峡上空の民間機用航路「M503北上航路」を一方的に使い始めたことに反発し、台湾交通部民用航空局は18日、今年の春節(旧正月)期間中の臨時運航を申請していた中国側の176便の許可を当面見送ると発表しました。帰省客ら約5万人が影響を受けると見られます。蘋果日報が伝えました。(写真は蘋果日報のキャプチャー)

 「M503北上航路」は、中国が15年、航路の混雑を理由に開設しましたが、台湾海峡中間線の東側空域を通るため台湾が反対していました。

 中国側は1月4日、一方的に同航路の使用を始めたため、台湾民航局が航空会社80社に書簡を送り、同航路を含む4航路を使わないよう要請していました。

 しかし、多くの航空会社が運航を続けています。中国東方航空と厦門航空の便が最も多く、台湾民航局が不許可にした176便はすべて両航空会社のものでした。

 中台の航空当局は2月2日~3月2日、上海、北京、広州など超繁忙な空港を除き、臨時便の運航を無制限に認めることで合意していました。中台の航空会社が1月3日、臨時便489本の運航を双方の当局に申請していました。

 故・蒋介石総統のひ孫で、野党・国民党立法委員(議員)の蒋万安氏(三八)が台湾政界で急速に名声を高め、二〇一八年の台北市長選の最有力候補者に急浮上してきた。当人は正式表明していないが、十二月初め台北・下町の道教寺院の例祭に参加したことが、選挙戦に向けたウォームアップと見られて耳目を集めた。


 蒋万安氏は毛並みの良さに加え、国立政治大、米ペンシルバニア大卒の法学博士で米国の弁護士資格を持つ俊才。スリムで長身、政界随一のイケメンで女性ファンが多い。


  二〇一六年の立法委員選挙で台北市から立候補し初当選したばかりだが、早くも頭角を現した。十一月に立法院の委員会で行われた労働基準法改正案の審議では、野党議員として百三十分もの演説を行って採決を大幅に遅らせた。同法改正に反対し、立法院を取り囲んでいた労働団体からは「蒋万安、もっとつっぱれ」の声援が挙がり、一般の人気も急上昇した。


 国民党政権時代の人権侵害の真相究明などを目的とする「移行期正義促進条例」の審議では、被害者と意見交換したほか、政治文書の公開に賛成するなど従来の国民党議員とは異なる柔軟さをみせた。独裁者のひ孫という負のイメージの払拭に完全に成功し、国民党の希望の星と指摘すら出ている。


 一方、蒋万安氏の台頭により国民党内では、青壮年派と党中央を独占するベテラン派の世代対立が激化している。


 青壮年派は勤労者に同情的で、歴史の検証に賛成するなど顕著にリベラル志向だ。ベテラン派は資本側に立ち、保守主義を貫くのが国民党と考えている。双方は軍人、公務員、教員の年金改革や同性婚問題でも鋭く意見対立した。


 両派は、衝突は次第に表面化しており、将来の党分裂の危機すらささやかれ始めた。

2018年1月16日 中国人観光客の激減で逆境にある台湾観光業の中で、若者に人気の台北「西門町」は訪れる観光客が増え続け、一人勝ちになっています。もともとツアー客頼みでない上、東南アジアを重視する政府の「新南向政策」で、タイやベトナム客が増えていることも賑わいの源となっています。蘋果日報が伝えました。(写真は蘋果日報のキャプチャー)

 西門町の商店会「西門徒歩区街区発展促進会」によると、昨年、西門町を訪れた客は毎月平均260万7000人で、前年の257万2000人を上回りました。台湾の他の観光地が閑散とする中、西門町の人通りの多さは目立っています。

 同会によると、西門町は食事、カラオケ、映画、宿泊、街歩きなど、色々な楽しみを満たせる上、治安が良好。商店や露店は定価販売で、だましやぼったくりがほとんどないのも安心です。

 西門町は若者の文化の発信地で、タレントらによるイベントが多いことも魅力の一つ。また最近は、政府の「新南向政策」のお陰でタイ、ベトナム、タイ、フィリピン、カンボジアの客がどんどん増えているそうです。

 もともと中国のツアー客頼みでなかったことも、西門町の強さの一因のもよう。町内の飲食店主は「中国のツアー客は、半時間も観光すればバスに乗って行ってしまい、小店に寄ることもなかった。中国客が来なくても影響は小さい」と話しています。

 また、香港の観光客にとっては、物価が低いことも大きな魅力となっているそうです。

↑このページのトップヘ