井上雄介のたいわんブログ

井上雄介のたいわんブログ

ほぼ台湾の話題、時々中国…。

2017年11月15日国鉄 JR東日本が寄贈した世界初の寝台電車「583系」の車両2両が14日夜、鉄道博物館として整備が進む台北市信義区の「台北機廠組立工場」跡に到着しました。深夜にもかかわらず熱心な鉄道ファン約30人が出迎えました。新頭穀が15日伝えました。(写真は新頭穀のキャプチャー)

 583系電車は、電車タイプの寝台列車として世界で最も早く開発されされ、鉄道ファンにとり垂涎の的。一部のファンが到着の模様をネットで中継し、惜しくも現場に来られなかった愛好家が、パソコンやスマホの画面を通じて見守ったということです。

 583系電車は、1967~68年に当時の国鉄が導入し、2017年4月に全部が引退しました。昼間は椅子の一般列車として使え、夜には寝台車に早変わりします。導入当時は最新式の電車でした。

 JR東日本は今年8月、583系電車の台湾への寄贈を決め、台湾の鄭麗君文化相も出席して、埼玉県さいたま市の鉄道博物館で贈呈式が行われました。

 「台北機廠組立工場」は、台湾鉄路管理局(台鉄)の旧車両工場。日本統治時代の1935年(昭和10年)に建設され、現在も当時の建物がそのまま残り「工業遺跡」に指定されています。
 工場の敷地一帯は「台北機廠国家鉄道博物館園区」として文化部が管理。遺構の修復が段階的に進められており、将来は鉄道博物館を開設する予定です。同園区は、事前に申し込めば市民も見学できます。

「台北機廠組立工場」内でコンサート

 文化部は17日、「台北機廠組立工場」跡で台湾国立交響楽団のコンサートを開催します。「工業遺跡」内でのコンサートは初めて。南投県と台北市の小学生と教員約100人が招かれました。鉄道博物館と文化財の修復事業に対する市民の理解を深めるのが目的だということです。

2017年11月13日ミラージュ 夜勤などきつい労働のせいで、国有鉄道会社の台湾鉄路管理局(台鉄)では人手不足が慢性化しています。労組の台鉄企業工会による運動で、行政院(内閣)は今年9月、2860人の増員を一旦認めましたが、実施までには時間が掛かりそうです。上報が11日伝えました。(写真は上報のキャプチャー)

 統計によると、今年の台鉄の職員は1万1767人で、5年前の2012年に比べ591人減りました。この5年間に、就職から5年内に辞めた職員が600人、3年内も425人に上りました。新入社員には特に不人気の職場と言えそうです。

 新入社員の不人気は採用試験からも明らかで、2012年~16年5360人が合格者4453人のうち、入社は8割ほど。上級職を目指して受験した現役職員を除くと、本当の新人の採用は3778人でした。

 台鉄が退職した新人を対象に調べたところ、夜勤、日勤など交代制の勤務スタイルに馴染めなかったことや、配属された勤務地が余りに遠かったことなどを退職の理由に挙げたそうです。

 台鉄の労組幹部も「交代制の勤務体制や、長時間の労働、昼夜が逆転した生活のため、睡眠や社交の時間が奪われている。誰もとどまりたがらない」と話しています。

順法闘争などで増員要求

 台鉄企業工会は今年、職員1000人が一斉に有休休暇を取る「順法闘争」で増員を要求。台鉄当局もも2860人の採用を交通部に求めました。行政院は増員要求を認め、第一弾としてとして1920人の補充を先行することを決めました。

 ところが、休暇・休日に関する労働基本法の改正騒動で、当面実施の見通しが立たなくなってしまいました。台鉄局によると現場では人繰りが厳しくなっているとのこと。安全運行だけはしっかりお願いしたいところです。

2017年11月9日ミラージュ 台湾空軍のミラージュ2000-5型単座戦闘機が7日、基隆の北東沖90カイリ(約167キロ)の海上で夜間訓練飛行中に行方不明になった事件に絡み、8日付台湾紙・聯合報は、製造元のフランス・ダッソー社からの部品納入の遅れのため、ミラージュは稼働率の低迷が長年続いていると報じました。部品の価格が高いことも稼働率の低さにつながっているそうです。(写真は聯合報のキャプチャー)

 台湾空軍は稼働率の低さを認めていません。しかし同紙は、費用節約のため、環境問題を理由にミラージュ機の稼働を控えていたのは事実だとしています。

 ミラージュ機の失跡の原因について、空軍は7日、原因が機体のトラブルであるか、操縦ミスなど人為的なものかまだ特定できないとしています。ただ、同紙によると、稼働率の低迷で操縦士の飛行時間が減り続けていることが、原因との見方も否定できません。

 聯合報によると、ミラージュ機が台湾空軍に配備されてから今年で20年になります。これまでに1999年、2001年、12年、13年に事故などで計4機が失われ、操縦士4人が殉職しています。

↑このページのトップヘ