イノウエのたいわんブログ

ほぼ台湾の話題、時々中国…。

2020年3月22日漢 新型コロナウイルスの感染拡大は、着々と進んでいた米台両軍の軍事交流に影を落とし始めた。(写真は上報のキャプチャー)

 中国を仮想敵とする台湾軍の「漢光演習」で、戦力評価を目的とした米軍オブザーバーの派遣が中止になったほか、兵器調達を担当する台湾軍幹部の訪米も取り消された。米国で、同ウイルスの感染が予想を超えて拡大したため、台湾側が恐れをなしたもようだ。

 今年の「漢光演習」のコンピューター補佐指揮所演習(兵棋演習)は四月二十日から、四昼夜ぶっ通しで行われる。台湾本島への上陸を目指して押し寄せる中国軍部隊を、水際決戦で殲滅(せんめつ)する作戦だが、今年は例年と異なって上陸部隊の迎撃だけでなく、中国本土側への敵地先制攻撃が重要内容となる。

 台湾本島上陸を指向する中国軍部隊の集結を察知し、艦船もろとも各種ミサイルや長距離ロケット弾で攻撃する作戦の演習を行う。

 今年の漢光演習には、米統合参謀本部や米インド太平洋軍司令部の専門家、米軍の現役高官らでつくる専門家チームが十五日間の予定で滞在。実戦経験が豊富な米軍の各クラスの士官が、台湾軍の水際作戦の能力や配置を評価し、防衛上必要な改善点を指摘するはずだった。

 しかし、台湾国防省は、新型コロナウイルスへ将兵が感染する可能性を低めるため、三月から六月まで大規模な祝賀行事や軍事交流を中止した。

 漢光演習の米軍のオブザーバーは、国防総省の文官も同行し、米国製兵器の売却についても話し合う予定だったが、今年下半期以降への延期が決まった。台湾軍高官が出席して、米国で行われるはずだった武器売却の関する会議も中止になった。

 台湾軍関係者は「米国の感染拡大を憂慮している。先ごろ訪米した大将二人は、帰国後、十四日間の自宅隔離となった。軍は、近々予定していた訪米日程を全部取り消した。他の諸国との軍事交流も一時中止した」と話している。

★参考情報★
ーーーーーーー
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年3月22日国一月十一日の総統選挙で大敗した野党・国民党で、若手・中堅の政治家が、党の対中政策の基調である「九二コンセンサス」の撤廃を求めて馬英九前総統と会合を開いた。一九九二年、中台の窓口機関同士が「一つの中国」原則の堅持を口頭で合意したとされるもので、総統選で大勝した蔡英文総統は存在を否定している。(写真は自由時報のキャプチャー)

国民党は一月の選挙で政権復帰に失敗したばかりか、同日行われた立法院(国会)議員選挙でもわずか三議席増にとどまり、与党・民進党に過半数の維持を許した。

国民党青年部の蕭敬厳主任によると、香港で反中国デモが燃え盛る中、台湾有権者の中国に対する怒りが、すべて国民党に向いてしまった。「九二コンセンサス」はもはや悪名高い「一国二制度」とイコールだ。蕭主任は「二七年前の九二コンセンサスは、もはや時代に合わない。今回の選挙で、『コンセンサス』は有権者に否認された」と話している。

馬前総統との会合に出席した、若手・中堅は、雲林県の張麗善県長、彰化県の謝典林県議会議長、江啓臣議員、蒋万安議員らで、「九二コンセンサス」を見直し、台湾国民と中国の双方が受け入れ可能な、基本政策を定めるよう求めた。馬前総統も、台湾の若者の多くが「九二コンセンサス」を認めていないのは事実で、対中政策の出発点とする正当性がもはや失われたことを率直に認めたという。

 若手・中堅らは、選挙大敗を受けて新たに発足する党主席ら執行部に、中国との関係について透明化を求めることでも一致している。三親等以内の親族が中国から経済上の利益を得ていないかを就任前に公開することや、中国との交流をする場合、事前に党へ届け出るとともに公表するよう求める方針だ。

★参考情報★
ーーーーーー
韓高雄市長の訪中に中央政府警戒 いかなる取り決めもするなと警告
香港デモ中国武力鎮圧なら、CIA大部隊は台北避難か

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年1月17日米 一月十一日の台湾総統選挙と立法院(議会)議員選挙で、米国の対台湾交流窓口である米国在台協会(AIT)が与党・民進党に公然と肩入れするなど、露骨な選挙干渉を始め、台湾政界を驚かせている。(写真は風伝媒のキャプチャー)

 AITは十一月末、フェイスブックの公式ページに「中国が、太平洋の島々で行った活動の観察をいっしょに見てみよう」の説明付きで、豪州テレビ局の報道番組「60ミニッツ」のユーチューブ・チャンネルへのリンクを貼り付けた。

 リンク先のページには、他の番組とともに、豪州に亡命した自称・中国のスパイ、王立強氏へのインタビュー番組が載っている。王氏はここで、中国が二〇一八年末の台湾統一地方選挙に介入し、韓国瑜氏を当選させるため資金援助を行っていたことを暴露。欧米の主要メディアがこぞって転載した。

 韓高雄市長は、来年の総統選で野党・国民党の公認候補。AITは、アカウントから王立強氏の番組に直接リンクを貼った訳ではないが、総統選間近な微妙な時期だけに、AITが民進党支持を鮮明にしたもの受け取られ、国民党を仰天させた。

 各種世論調査で、現職の蔡英文総統が大幅なリードを維持する中、AITがことさら民進党を支持し始めたのは、実は韓国瑜候補の劣勢はさほどでなく、蔡候補の優勢も盤石でないとの楽観的な憶測も国民党内から出ている。

 だが、米国の動向に詳しい馬英九政権の元幹部によると、米国の狙いはもはや立法院選挙だ。米国は、香港区議会選挙で民主派が大勝し親中派の全滅したのをみて、選挙方式が同じ台湾立法院でも再現したいと強く願うようになった。民進党が辛うじて過半数に手が届くというような勝利でなく、国民党の議席を三十以下に減らし、台湾の親中派勢力を一挙に極少数派に転落するような完勝を夢見ているそうだ。

 元幹部によると、米中が全面対決する世界情勢下、米国は台湾に親中政権が誕生することを絶対に容認しない。馬英九前総統や韓国瑜候補が掲げるような、親米だが中国とも協調する温和路線すらも早だめ。トランプ政権は、台湾が選ぶ道は「米国一辺倒」しかないと考えているという。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
韓国瑜氏の花蓮集会に15万人 総統選出馬を初めて公言
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ