イノウエのたいわんブログ

ほぼ台湾の話題、時々中国…。

2020年5月2日武 新型コロナウイルスの感染拡大の抑え込みに成功し、士気が高まっている台湾政府は、マスクで十分な供給力を確保したとして、ついに気前よく欧米など国際支援にも乗り出した。ところが医療用の生産に特化したことで産業用の生産が五割も減り、台湾工業の代表格である半導体メーカーなどでマスク不足が深刻化している。(写真は自由時報のキャプチャー)

 台湾政府は、新型コロナの感染者が出始めたばかりの一月末、早くもマスクの輸出を禁止。まもなく、マスクの生産ライン四十四本を強制徴用した上、材料となる不織布を統制物資に指定。医療用マスクの生産に全力を入れ始めた。現在は九十本余りのラインで、一日千三百万枚近くを生産している。

 蔡英文政権は、マスクの国内供給に憂いはなくなったとして国際支援に乗り出し、約千万枚を欧米諸国など友邦に寄贈。第二弾として、東南アジア諸国などにも数百万枚を送ることを決めた。

 与党・民進党の立法委員(議員)も、蔡政権「マスク外交」をさらに盛り上げようと、余ったマスクの供出を国民に呼びかけた。一方で、産業用マスクの不足に苦しむ産業界は、政治の盛り上がりを冷めた目でみている。

 半導体ウエハーや食品加工、化学、電子部品などの製造業界では、有害物質による健康被害を防ぐため、粉じんや悪臭を防ぐため、活性炭などのフィルターが入った産業用マスクの着用が欠かせない。マスクメーカーは生産に応じられない一方、各企業の在庫は既に底を尽いており、業界団体はマスク探しに大わらわ。財界7団体も、政府に申し入れを行った。

 産業用マスクは、日量六十万枚あれば十分という。産業界は、医療機関のスタッフや民衆向けに、医療用マスクの供給を優先する政府の姿勢を基本的に支持している。しかし、医療用の生産能力が一日千五百万枚に達する以上、国際支援するぐらいなら、産業用マスクの増産を許すよう切望している。

★参考情報★
ーーーーーーーー

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年3月22日漢 新型コロナウイルスの感染拡大は、着々と進んでいた米台両軍の軍事交流に影を落とし始めた。(写真は上報のキャプチャー)

 中国を仮想敵とする台湾軍の「漢光演習」で、戦力評価を目的とした米軍オブザーバーの派遣が中止になったほか、兵器調達を担当する台湾軍幹部の訪米も取り消された。米国で、同ウイルスの感染が予想を超えて拡大したため、台湾側が恐れをなしたもようだ。

 今年の「漢光演習」のコンピューター補佐指揮所演習(兵棋演習)は四月二十日から、四昼夜ぶっ通しで行われる。台湾本島への上陸を目指して押し寄せる中国軍部隊を、水際決戦で殲滅(せんめつ)する作戦だが、今年は例年と異なって上陸部隊の迎撃だけでなく、中国本土側への敵地先制攻撃が重要内容となる。

 台湾本島上陸を指向する中国軍部隊の集結を察知し、艦船もろとも各種ミサイルや長距離ロケット弾で攻撃する作戦の演習を行う。

 今年の漢光演習には、米統合参謀本部や米インド太平洋軍司令部の専門家、米軍の現役高官らでつくる専門家チームが十五日間の予定で滞在。実戦経験が豊富な米軍の各クラスの士官が、台湾軍の水際作戦の能力や配置を評価し、防衛上必要な改善点を指摘するはずだった。

 しかし、台湾国防省は、新型コロナウイルスへ将兵が感染する可能性を低めるため、三月から六月まで大規模な祝賀行事や軍事交流を中止した。

 漢光演習の米軍のオブザーバーは、国防総省の文官も同行し、米国製兵器の売却についても話し合う予定だったが、今年下半期以降への延期が決まった。台湾軍高官が出席して、米国で行われるはずだった武器売却の関する会議も中止になった。

 台湾軍関係者は「米国の感染拡大を憂慮している。先ごろ訪米した大将二人は、帰国後、十四日間の自宅隔離となった。軍は、近々予定していた訪米日程を全部取り消した。他の諸国との軍事交流も一時中止した」と話している。

★参考情報★
ーーーーーーー
このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年3月22日国一月十一日の総統選挙で大敗した野党・国民党で、若手・中堅の政治家が、党の対中政策の基調である「九二コンセンサス」の撤廃を求めて馬英九前総統と会合を開いた。一九九二年、中台の窓口機関同士が「一つの中国」原則の堅持を口頭で合意したとされるもので、総統選で大勝した蔡英文総統は存在を否定している。(写真は自由時報のキャプチャー)

国民党は一月の選挙で政権復帰に失敗したばかりか、同日行われた立法院(国会)議員選挙でもわずか三議席増にとどまり、与党・民進党に過半数の維持を許した。

国民党青年部の蕭敬厳主任によると、香港で反中国デモが燃え盛る中、台湾有権者の中国に対する怒りが、すべて国民党に向いてしまった。「九二コンセンサス」はもはや悪名高い「一国二制度」とイコールだ。蕭主任は「二七年前の九二コンセンサスは、もはや時代に合わない。今回の選挙で、『コンセンサス』は有権者に否認された」と話している。

馬前総統との会合に出席した、若手・中堅は、雲林県の張麗善県長、彰化県の謝典林県議会議長、江啓臣議員、蒋万安議員らで、「九二コンセンサス」を見直し、台湾国民と中国の双方が受け入れ可能な、基本政策を定めるよう求めた。馬前総統も、台湾の若者の多くが「九二コンセンサス」を認めていないのは事実で、対中政策の出発点とする正当性がもはや失われたことを率直に認めたという。

 若手・中堅らは、選挙大敗を受けて新たに発足する党主席ら執行部に、中国との関係について透明化を求めることでも一致している。三親等以内の親族が中国から経済上の利益を得ていないかを就任前に公開することや、中国との交流をする場合、事前に党へ届け出るとともに公表するよう求める方針だ。

★参考情報★
ーーーーーー
韓高雄市長の訪中に中央政府警戒 いかなる取り決めもするなと警告
香港デモ中国武力鎮圧なら、CIA大部隊は台北避難か

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ