イノウエのたいわんブログ

ほぼ台湾の話題、時々中国…。

中華圏のお盆である清明節を前に、馬英九総統が台北市内の忠烈祠(英霊を祭る廟)で、中国西安にある黄帝陵を遥拝(ようはい)する儀式を行った。中華民国の父孫文でも、蒋介石元総統でもなく中華民族の共通の祖先である黄帝を祭ったことは、中国に対する意思表示とみられ、台湾で議論が起きている。 馬総統は、黒塗りの車で忠烈祠に乗り付けると、祭壇の前に直立。全員で国歌を斉唱するや儀式を始めた。忠烈祠は、国事に倒れた英霊を祭る場所だ。 儀じょう兵から渡された線香3本を顔の前に捧げ持ち、頭を深々と下げた。再び儀じょう兵から黄色い花輪を受け取り祭壇に捧げるなど、極めて厳かに行われた。馬総統が黄帝を祭る儀式を行ったのは2009年に続いて2回目だ。 野党民進党の議員は「黄帝陵参拝は中国が先に始めた。彼らの統一工作に同調するもの」と批判。国民党からは「先人を祭るのは誠に誠に当然のこと」と擁護している。 しかし、賛成論にせよ反対論にせよ、議論はあまり盛り上がっていない。メディアの報道はひややかで、市民も無関心だ。何しろ、実在しないとされる伝説上の皇帝を拝まれても、ピンとこないというところか。 馬総統は、少なくとも国家の公人として祭祀をする以上、なぜ黄帝なのかをもっと丁寧に国民に説明した方が良いと思う。 ◆◆◆ ところで中台統一は中華民族の大義という。これは中台の政治体制を乗り超えた上部に統一の大義があるという理屈だ。馬総統は、中華民族の一員として、その歴史に名を刻む願望があると思う。 しかし、中華民族とは何だろう。黄帝が中華民族のシンボルと心底そう思える中国人ないし台湾人がどれだけいるか疑問だ。まったく想像だが、馬総統は国民党の主席として、中華民国初期の中華民族思想を受け継いでいるのかも知れない。

台湾にある大手日系家電メーカーを取材。台湾の家電市場規模は日本の10分の1だそうだ。台湾の人口は5分の1。1人あたりGDPは半分。だけど家電市場は10分の1だと。「日本で頭で考えてもわからないんですよ」と、メーカーの責任者氏。きめ細やかな対応で売ってゆかないと、台湾という小さい市場では生き残れないのだという。日本のものをそのまま売ってもだめだ。 台北市民の生活ぶりは表面的には東京とまったく変わらない。市場というのは表面からは分からないところがあるということだろう。 逆に言うと、日本市場はなお、かなりでかいということ。責任者氏は「グローバル市場に出ろ、日本にとどまっていたら縮こまるだけというけど、日本というこれだけ大きな市場は、やはり放っておけまへんわ」と話していた。   アジア近隣諸国・1人あたりGDP (左) と1人当たりGDP 1人当たり購買力平価 (PPP)GDP(右) 台湾        21,592  37,932 韓国        23,749  31,754 日本        45,774  34,362 シンガポール  50,714  59,937 中国(上海)   5,184   8,394 単位:米ドル 出典:2日付経済日報

太平洋側北部の宜蘭県太平山にあった森林鉄道が、30年ぶりに復活することが決まった。同山は日本統治時代に台湾3大林場の1つとなり、木材搬出のため1913年に鉄道が開通した。小ぶりの蒸気機関車が客車もけん引して36キロを走り、通勤通学の足としても長く愛された。 車窓の景色は水田、渓谷、森林と次々と移ろい、うっとりするような眺め。地元民は「仙境にいるような気分だった」と語る。一時は特急列車も運転されたこともある。 しかし、78年の台風で被害を受け翌年廃止が決まった。地元民は「親を亡くしたように涙を流した」という。 地元高校の元教師黄瑞疆さん(58歳)は、子どものことから同鉄道のファン。小学生時代、いたずら線路の「ポイント」を触ったところ駅長に耳をつかまれて連行され、2,3時間説教を受けた記憶もある。 鉄道の復活を夢見て、数年前から署名活動や陳情を熱心に続けた。廃止の際、兵役で地元にいなかったため鉄道の最期を見とれなかったことが長く心残りだった。ある企業の協賛を得て3.5キロだけ復活が決まった。 黄さんは、太平山森林鉄道ゆかりの品々を収集し自宅に保管してある。硬い紙製の乗車券、昔の駅長の制服制帽など貴重なものばかり。しかし、鉄道が復活した後は、全部寄贈するつもりだ。 地元民は「もう1度乗ってみたい」と大喜びだ。また、風光明媚な土地だけに、嘉義県の阿里山森林鉄道並みの観光の目玉になる可能性が高いとして地元の期待も高まっている。

↑このページのトップヘ