イノウエのたいわんブログ

ほぼ台湾の話題、時々中国…。

 2018年5月2日軍ニュースサイトの上報によると、米国の対台湾交流窓口である米国在台協会(AIT)台北事務所の新庁舎が今年6月に開所後、米海兵隊が警備に就く可能性が出ています。(写真は上報のキャプチャー)

 元AIT台北事務所長のステファン・ヤング氏が先にメディアへの投書で、新庁舎の警備には、他国の米在外公館と同様、海兵隊員を派遣するよう米政府に提案したことを明らかにしました。
 米国側は海兵隊の派遣の有無を明らにしておらず、台湾外交部も確認を避けています。しかし、新庁舎建設工事の競争入札の募集広告に「警備隊営舎」と書かれており、海兵隊の派遣は確実との見方が広がっています。

ワシントンD.Cには憲兵派遣復活

 一方、台湾の対米窓口機関、台北経済文化代表処の米首都ワシントンの事務所の警備に、憲兵ら台湾軍人の派遣を復活する案もも出ています。AITの海兵隊派遣に対し、対等を立場を示すためです。

 同代表処のワシントン事務所は、以前は憲兵が武器を携行せず館内で警備を行っていましたが、民進党の陳水扁政権時代に、経費節約を理由に中止になりました。馬英九政権時代に再び、憲兵の派遣が提案されましたが、中国への配慮から見送られました。憲兵は、国家主権の象徴であり、中国を刺激する恐れがあったからです。

 台湾の外交関係者は、海兵隊と憲兵隊の相互派遣について「台米関係に影響を与えないようにするとともに、中国が反発して報復を招かないよう気をつけなければならない。利害とバランスは複雑で、すぐに結論は出せない」と話しています。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーー

2018年5月1日断 聯合報によると、中米のドミニカ共和国が1日、中国との国交樹立と台湾との断交を発表しました。蔡英文政権誕生後、台湾と断交した国は、アフリカ西部の島国、サントメ・プリンシペ、中米のパナマに次いで3つ目となります。(写真は聯合報のキャプチャー)

 ニュースサイトの風伝媒によると、台湾の呉釗燮外相は1日、「中国が巨額投資でドミニカにわが国との断交を強いた」として強く反発、中国のやり方が両岸(中台)関係をさらに疎遠にすると批判しました。

 消息筋によると、中国はドミニカ共和国に、庶民向けの住宅、高速道路、港湾・道路、天然ガス火力発電所の建設など計30億9400万ドルを約束したそうです。
 
 野党・国民党は、ドミニカ共和国との断交について、外交上の誤りを国民に謝罪するよう蔡英文総統に要求。さらに別の国との断交が立て続けに起きる「ドミノ倒し」を避けるよう対策を求めました。

 国民党は、台湾が昨年のWHO(世界保健機関)の年次総会WHAへ出席を事実上拒否された際、ドミニカが何も支援しなかった時点で既に断交の徴候があったとして、蔡政権の無策を批判しました。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーー

2018年4月25日桃台湾桃園国際空港(桃園市)の滑走路や誘導路は穴だらけーー。台湾のベテラン機長が、桃園空港の惨状を写した写真6枚をフェイスブックにアップし「いいね」が2000を超えるなど反響を呼んでいます。聯合報が25日伝えました。(写真は聯合報のキャプチャー)

 機長によると、桃園空港は滑走路、誘導路ともあちこちに穴が空き、水たまりができており、飛行機のタイヤに穴が空くこともあるとか。

 機長は「乗員は操縦室内でスマートフォンの使用が禁じられており、長年、人に知られずにきた。桃園空港の滑走路はこれまで5年近く、穴が空いては修理するの繰り返し。真っ平だったことはない」と書いています。

 桃園空港は「写真は、南北を連絡する誘導路。飛行の都合から長時間閉鎖して修理できない。全部堀り返して修理するしかない」と話している。さらに「航空機のタイヤがタクシング中にパンクすることはありえない」と指摘しています。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーー

↑このページのトップヘ