井上雄介のたいわんブログ

井上雄介のたいわんブログ

ほぼ台湾の話題、時々中国…。

 2017年11月8日ミラージュ台湾空軍のミラージュ2000-5型単座戦闘機が7日、基隆の北東沖90カイリ(約167キロ)の海上で夜間訓練飛行中、連絡が途絶えました。戦闘機は墜落したとみられ、蔡英文総統は、操縦していた何子雨大尉(29)を全力で捜索するよう国防部などに指示しました。8日付蘋果日報が伝えました。(写真は蘋果日報のキャプチャー)

 国防部、行政院海岸巡防署(海巡署)が艦艇や航空機で捜索を続けていますが、何大尉の行方は分かっていません。

 何大尉は7日夕、他のミラージュ戦闘機3機とともに新竹基地を出発。台湾北部の訓練海域に向かいました。ところが同日午後6時43分、何大尉が操縦する2040号機がレーダーから消えました。

 台湾空軍は直ちに救援ヘリS70Cを訓練海域に派遣。C130輸送機も急行して照明弾を発射し救援を支援しました。艦艇も向かいましたが、海上の気象条件が悪く、捜索は難航しています。

過去の5機が行方不明

 フランス・ダッソー社製のミラージュは、米国製のF16、国産の経国と並び台湾の3大主力戦闘機の1つで、台湾空軍は1989年に60機を調達しました。台湾海峡中間線と北部区域の防衛を担当しています。

 操縦ミスなどにより、これまでに4機が事故で失われ、操縦士4人が殉職しています。

 台湾空軍は今回の事故を受けて、ミラージュ戦闘機全機の飛行停止と点検を指示しました。

2017年11月7日福建1000人 福建省政府が、少なくとも1000人の台湾人研究者を省内の大学に招く計画を進めていることが分かりました。台湾の大学での将来を悲観する若い台湾人研究者の中には、心動かされる人々も少なくないようです。英BBC放送中国語版が6日伝えました。

 台湾人学者が中国本土の大学で教職に就くことは珍しくないものの、1000人もの招へい計画は初めて。海外留学経験がある優秀な若い研究者の中には、応募を検討する人もいます。家庭の事情などで事情で台湾を離れられない学者も、中国本土なら数時間で戻れることも魅力です。

 台湾の大学で「助理教授」からキャリアをスタートさせた場合、月給は7万5000台湾元(約28万円)前後。台湾で高給とはいえないまでも少なくありません。ただ、研究費はベテラン教授が独占する傾向があり、研究を続けるには言うことを聴く必要があるため、若い研究者がやる気を失ってしまうそうです。

 中国本土には優秀な研究者や名門大学が多い上、有名でなくても新設大学の中には素晴らしい研究環境に恵まれ、台湾より優れているところもあるそうです。

台湾の大学に残るのは最悪の選択?

 中国の大学に勤務する台湾人研究者によると、中国本土の大学は新設ならポストの空きが多く、昇進のチャンスにも恵まれています。ベテラン教授が研究費を独占することもありません。政治的不自由さには当初は戸惑ったものの「どんな時に口をつぐむべきか」をマスターするのは簡単だそうです。

 中国の大学に勤務した後、他国に転じる道もあります。学術的な業績を上げれば、実業界に入ることも可能です。いずれにしても台湾の大学に残るよりは、将来に展望が開けるという訳です。

2017年11月6日パスポート 中国本土とロシア・ウラジオストクを巡る観光ツアーに参加した台湾市民のため、主催旅行会社が中国本土のパスポートを勝手に取得し渡していたことが分かりました。聯合報が6日伝えました。(写真は聯合報のキャプチャー)

 ツアーに参加した台中市の20人は、楽しいツアーから帰国後まもなく、地元の戸籍事務所から台湾パスポートの没収と戸籍抹消するとの通知を受けてしまいました。少なくとも1人が、既に戸籍抹消の手続きを済ませました。

 台湾は二重国籍を容認していますが、「両岸関係条例」により中国本土への戸籍登録とパスポートの取得を認めていません。中国本土で戸籍登録すれば、台湾での戸籍が抹消され選挙権や公職に就く権利がなくなります。

 ただ、納税の義務もなくなりますので、案外誘惑も大きいかもしれません。

 旅行会社によるパスポートの取得が、台湾統一工作の新手の手法なのか、便宜上のことなのかは分かっていません。聯合報の論評は、このような方法で中国本土のパスポートが作成されることに対し、台湾はどう対処するかを考える必要があると指摘しています。

 中国本土の市民は、ロシアの一部都市をノービザで観光できます。一般にロシアのビザ取得は面倒で費用が高いため、旅行会社が台湾客のため中国本土のパスポートを取得したものとみられています。参加した台湾人も、旅行会社に任せ切りにしていたとみられます。

台湾に750万人の中国公民予備軍
 
 パスポートは「台胞証」(台湾居民来往大陸通行証)を根拠に発行されたとみられます。

 台湾の2300万人の国民のうち、中国渡航歴があるのは750万人で、いずれも台胞証を所持しています。これだけの人数が、中国のパスポートが発行されて、中国公民になる恐れが出てきました。

 中国公民になれば台湾の戸籍が自動的に抹消されてしまいます。台湾政府は対応を迫られそうです。

↑このページのトップヘ