イノウエのたいわんブログ

ほぼ台湾の話題、時々中国…。

 2019年3月2日軍台湾の情報機関の元最高幹部が、中国の台湾系企業「台商」の中でも超親中国派の企業幹部に相次ぎ就任し、蔡英文政権の国防と情報部門が強く警戒している。(写真は風伝媒のキャプチャー)

 今年一月初め、中国本土と台湾で不動産開発会社などの事業を手掛ける沃華集団国際投資控股集団(沃華集団、江蘇省昆山市)トップの総裁に、台湾軍の情報機関である国防省参謀本部軍事情報局(軍情局)の劉本善元副局長が就任したことが分かった。

 沃華集団の事実上のオーナーの陳柏光理事主席は、中国の台商親睦団体「全国台湾同法投資企業聯誼会」(全国台企聯)の副主席を長年務めた。台湾の中台統一派政党の「台湾民族致公党」の主席にも就いており親中派として突出している。

 一方、劉元副局長は現役時代、長年、中国本土に対する情報工作の責任者を務めた。劉氏の中国情報分析には独特の見識が含まれ定評があった。軍情局を離任後も、多くの現役職員が劉氏を訪ねて教えを請うたという。ただ、現役時代の二〇〇九年、正規の手続きを経ずに情報を台湾政府の情報機関「国家安全局」に渡し処分を受けたことがある。

 劉氏は沃華集団の総裁就任について、メディアの取材に「総裁とは名前だけで、実質的な経営権はない」説明。「軍情局時代の職務内容はかなりセンシティブだった。既に制限期間は過ぎているが、終生中国本土に行くつもりはない」と釈明している。

 ただ、国家安全局は、劉氏が現在も軍情局職員と接触があることをつかんでおり、動向に注目している。

 台湾では昨年にも、超親中派「台商」の荘立平氏が設立したメディア「大師鏈」の要職に、国家安全局の楊国強元局長と郭崇信元副局長、国安局で総統・副総統の警護担当する「特種勤務指揮センター」の主任を務めた張戡平・元軍情局長を招き、政権を驚かせた。

 2019年3月2日火台湾軍が十二月六日午前五時五十分、東部・台東県の海岸近くで対空ミサイルの発射とみられる訓練を突如行った。ミサイルはごう音とともに飛び立ち、照明弾のようなまばゆい光を放ちながら、薄明の空を約三十秒間飛行した。事前の通知はなく、大きな音と閃光(せんこう)が付近住民を叩き起こした。爆発事故を疑う住民もいたようだ。(写真は聯合報のキャプチャー)

 発射地点は森林地帯だが詳しい場所は秘密。周辺の道路では、事前に厳しい交通規制が行われた。開発を担当する国の兵器研究機関である国家中山科学研究院のスタッフは、ミサイルの種類などを一切の口をつぐんだ。これほど保秘が徹底した発射試験は近年はまれ。アナリストは、今回発射されたのは、同研究院が開発した地対空ミサイルの「天弓三型」か、米国製の「パトリオット3」のどちらかと推定している。

 中国軍は近年、艦艇と航空機に台湾本島を囲むように周回させる訓練を活発化させている。11月末の台湾の統一地方選挙中は一時下火になったが、既にミサイル駆逐艦「鄭州」が宮古海峡を通過するなど早くも訓練を再開した。情報収集機Tu154も飛来し、台湾海岸付近の電子通信を傍受したもようだ。台湾軍は、東部海域を中心に中国軍への警戒を強めており、六日のミサイル発射も中国軍へのけん制とみられる。

 「天弓三型」は台湾国産の新鋭兵器で、機動式の「フェイズド・アレイ・レーダー」を備え、三〇〇キロ以内にいる敵の距離、方位、高度が正確に把握できる。戦闘機、ドローン、ミサイルなどへの対抗が可能だ。

 台湾軍は現在、東部の宜蘭、花蓮、台東の三地区に「天弓三型」ミサイル部隊を配置。頻繁に試射も行っている。今後同ミサイルの部隊十二個、パトリオットの部隊九個を配置して、台湾本島と澎湖島に綿密なミサイル防衛網を構築する計画だ。

2019年2月21日華 カナダでの孟晩舟CFO(最高財務責任者)の逮捕騒動で世界の耳目を集めた華為技術(華為、ファーウェイ)。日米欧など西側諸国で、安全保障上の懸念から同社製品を排除の動きが強まる中、台湾では既に通信インフラでファーウェイ製品が大量に使われ、国家の安全保障に大穴が空いていると米専門誌・ナショナルインタレストが警鐘を鳴らした。

 ファーウェイは早くも2005年に香港支社を通じて台湾に事務所を開設したが、わずか10カ月で台湾当局に閉鎖を命じられた。しかし12年になって、台湾通信キャリア各社の回線網の基幹部分に、既に大量のファーフェイ製品が使われていることが分かった。情報機関の調べでは、台湾の防諜・捜査機関である法務省調査局や、総統府のネットワークカードがなんとファーウェイ製だった。

 台湾のサイバーセキュリティーの専門家によると、ファーウェイが密かに設けたバックドアは、スパイの役割も果たるし破壊工作もできるので二重の脅威だ。世界のハッカーが愛用するサーチエンジン「Shodan」で調べると、台湾の至る所でファーウェイの製品が使われている証拠が見つかるという。

 専門家は「ファーウェイと中興通訊(ZTE)の製品は基本的に安全でない。政府は調達で厳しい審査を行うとともに、国民にも警戒を呼び掛けるべきだ」と話している。

ただ、台北市近郊の新北市では、市政府主催のクリスマスイベントで、ファーウェイが3年連続で最大のスポンサーになっていたことが判明。今年4月には、台湾にスマートフォン販売の旗艦店をオープンするなど着実に浸透している。一部台湾メディアは「われわれにはファーウェイへの警戒心が欠けている」と嘆いている。

↑このページのトップヘ