イノウエのたいわんブログ

ほぼ台湾の話題、時々中国…。

 2018年9月25日雄台湾紙・聯合報が24日発表した高雄市長選挙に関する世論調査の結果で、民進党の陳其邁候補を支持するが34%、国民党の韓国瑜候補を支持するが32%で伯仲しました。(写真は聯合報のキャプチャー)

 韓候補は、「支持を決めていない」が3割もあり、今回の選挙で最大の変数だとのべ、気を引き締めています。

 陳候補の選対事務所の広報担当者、李昆沢は「世論調査は実施機関により結果が異なる。いずれも参考になる」と話しています。

 調査結果によると、合併前の旧高雄市は陳候補を支持するが37%で、韓候補の32%をリードしました。旧高雄県では陳候補支持が33%、韓候補支持が31%と接近しています。

 韓候補は、青物市場運営会社の台北農産運銷の元総経理。農漁民の期待が高いことが、旧高雄県地区の支持の高さに結びついてるとみています。
★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーー

 英紙タイムズはこのほど、中国による台湾いじめに対し、西側は米国任せにせず団結して抵抗するべきだとする社説を掲載しました。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えました。

 社説は、米議会で共和党と民主党の議員4人が先に提出した「台北法案」を受けたもの。同法案は、台湾に対し不利な活動を行った国に対し、制裁する権限を国務省に与えています。中国におもねり、台湾との外交関係を断絶する国に制裁を与える意味が含まれています。

 社説は、台湾が民主主義国であり、他の民主主義国に団結を求めることは、支持されるべきだとしています。

 さらに、中国のいじめは手慣れたもので、西側のホテルや航空会社に圧力をかけ、台湾を国として表記するよう強いており、企業はやむなく要求に合わせている。しかし、政府は企業とは立場が異なるのであり、米国と一致して台湾の利益を守るべきだと結論付けました。

2018年9月3日双 東南アジア在住の華僑に対し、台湾で毎年行われる中華民国の建国記念日「双十節」に参加した場合、中国本土のビザを発給しないとの警告を中国が行いました。台湾に対する新手の嫌がらせといえそうです。米公共放送ボイス・オブ・アメリカ中国語版が2日伝えました。

 双十節には、東南アジア在住の華僑が毎年平均5000人出席しています。過去最多は2011年で2万人が出席しました。
 
 中国のタイ、インドネシア、ミャンマーなどの大使館は、双十節向けのツアー主催している現地の旅行会社に対し警告し、ツアー参加者に対しては以降、中国本土のビザ取得が難しくなるだろうと告げたということです。

 中国はこのところ、台湾に対する色々な圧力を強めています。中国線を運航する外国航空会社に対しては、ウェブサイトの表示で台湾を中国の1つの省として扱うよう執拗に求め、話題となりました。

★参考情報★

↑このページのトップヘ