井上雄介のたいわんブログ

井上雄介のたいわんブログ

ほぼ台湾の話題、時々中国…。

 中国浸透内偵2018年に行われる6大都市と県知事・市長選挙で中国による介入を防ごうと、蔡英文総統はこのほど、国内民間団体の中国との交流状況を内偵調査するよう国家安全局に指示しました。特に中国と金銭の授受がないかを徹底して調べるそうです。消息筋情報を基にニュースメディアの上報が報じました。(写真は上報のキャプチャー)

 国家安全局はこれまで、台北市で開かれたユニバーシアード夏季大会のテロ対策に忙殺されていました。蔡総統は大会閉幕を待って任務の重点を、中国の選挙介入防止に移すよう指示しました。

 国家安全局は既に、捜査機関の法務部調査局、警察を束ねる内政部警政署、海上警察の行政院海岸巡防署(海巡署)などの実働部隊に任務を割り振りました。

 当初は名称に「中華民国」を冠する団体から調査を始めるそうです。交流先の中国の機関や人物、訪台した中国団体メンバーの身分情報も確認します。団体の理事ら幹部に台湾政治家が就任していれば、さらに詳しく調べます。

中国側は台湾情報をしっかり把握

 この点、中国側の調査はさらに徹底しており、台湾の民間団体が中国を訪問した場合、民進党支持派のメンバーはしっかり特定さており名指しされるそうです。

 翻って台湾側はこれまで、中国の浸透に対する調査が不十分でした。先に中国で行われた孫文生誕150周年の活動に台湾軍の退役将官が出席したのを、台湾当局は中国中央テレビ局が放映した画面で知ったそうです。

 蔡政権は、昨年の米大統領選挙でのロシアの介入疑惑なども念頭に、来年の地方選挙で中国が、日ごろ交流がある団体を通じ特定の候補者を支援することを防ぐ決意です。

 頼院長蔡英文総統が5日、林全行政院長(首相)の辞職と頼清徳台南市長の就任を発表しました。頼市長は6日午前、台南市政府と市議会に別れを告げた後、6日には台北市の信義官舎で閣僚と面談、同日中に組閣名簿を内定しました。ETNEWS新聞網によると、頼氏は8日午前、総統府で就任宣誓した後、行政院で閣議を開き、新内閣が正式にスタートします。(写真は風伝媒のキャプチャー)
 
 風伝媒によると、林全前行政院長は、蔡総統とは以心伝心の間柄で心の支えでした。蔡英文総統が行政院長の交代を発表した記者会見で、林全院長の過去1年3カ月の業績を讃え感謝の気持ちを繰り返し口にしました。頼氏については「優秀な立法委員(議員)で、優れた市長だ。傑出した行政院長になるでしょう」などと形式的な賛辞を送ったのみ。あまり心が通わぬ人物に、政権の浮揚を託することになります。

 蔡政権は昨年5月の就任以来、当人と与党の予想を上回るスピードで支持率が低下して行きました。その要因の多くは林院長の行政のまずさにありました。蔡総統が林院長の業績として挙げた「5プラス2産業計画」「エネルギー改革」「前瞻(未来志向)のインフラ計画」「年金改革」のいずれもが、世論や野党の批判を浴びました。

学者政治はもうたくさんの声も

 経済学者の林院長には政策を推進する力が足りなかったようです。聯合報によると、与党・民進党のベテランは「学者の政治はもうたくさん」と嘆息したそうです。学者は議論の整理はうまいのですが、問題解決能力が乏しい。海千山千の人々との関係がうまくゆかず、官僚に騙されたりもするそうです。林院長も最近は「疲れた」とこぼしていたとか。

 これからは政治のプロ、頼清徳氏が内閣を率います。風伝媒によると、頼氏は与党最多数派閥の親潮流派に属します。立法院も同じ派閥が多数派で法案通過間違いなし。唯一の弱点は中央政府の経験が少ないことぐらいだそうです。蔡総統として、政権の浮揚には頼氏の手腕に頼るしかなさそうです。

 ただ、これまで蔡総統の身代わりで批判の受け皿になってきた林全氏がいなくなります。風伝媒によると、大物政治家の頼清徳氏が身代わりなるはずもなく、蔡総統が批判の矢面に立たされる恐れが出てきました。

 ブルームバーグは消息筋の話として、湖北省政府で国有企業を管理する省国有資産監督管理委員会が、省出資の国有企業とその子会社に対し5日以降、新たな不動産投資を当面停止するよう命じたと伝えました。違反すれば責任を追求するそうです。全景網が5日伝えました。

 同委員会は、現在建設中か販売中の不動産については進度を速め、資金回収を急ぐよう求めとのこと。

 同委員会によると、省出資の国有企業が進める不動産事業の多くで、資産負債比率や資金調達コストの高さなどの問題が深刻化しているそうで、今回の指示はリスク防止が目的ということです。

↑このページのトップヘ