イノウエのたいわんブログ

ほぼ台湾の話題、時々中国…。

 2018年8月22日薩米国の裏庭である中米のエルサルバドルが中国との国交樹立と台湾との断交を発表したことについて、台湾の専門家からは、台湾との関係を深めている米国への示威だとの見方が出ています。

 ニュースサイトの新頭穀によると、台湾・警察大学公共安全学科の董立文教授は、米台関係が緊密さを増す中、蔡英文総統が中南米外遊の途中、トランジット名目で米国滞在を認めたことを狙って報復したと指摘しました。

 董教授によると、中国はアフリカと、米国の裏庭と呼ばれる中南米との交流に積極的です。董教授は「貿易や資源だけでなく、軍事でも布石を打っている。エルサルバドルとの国交樹立も、かなりの時間をかけて準備したはずだ」と話しています。ただ、蔡総統の訪問後を狙った国交樹立は意図的とみられるそうです。

 董教授は「似たような状況は今後も出現するが、台湾は国際関係の発展を止めてはならない」と指摘。「台湾の生存の鍵は結局、米国、日本、欧州との関係だ」と述べました。

 淡江大中国大陸研究所名誉教授の趙春谷氏は「中国が、中華民国から外交関係のある国を奪ったことは、台湾の選挙に影響する。中国がもはや、台湾の政治情勢や民意を気にしていないことを示している」と話しています。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー
パナマが台湾と断交、中国と国交樹立へ

 2018年8月20日薩中国国営新華社通信によると、中国の王毅外相は21日、中米エルサルバドルのカスタネダ外相と会談後、外交関係の樹立を宣言しました。ETtоdayが21日伝えました。

 エルサルバドルの大統領も同日、慎重に検討した結果、台湾との外交関係を断絶するとのコメントを発表しました。

 ETtоdayによると、蔡英文政権が2016年5月に発足後、外交関係が断絶した国はサントメ・プリンシペ、中米のパナマ、ドミニカ共和国、西アフリカのブルキナファソに次いで5つ目となります。台湾と外交関係を持つ国は、残り17カ国となりました。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
パナマが台湾と断交、中国と国交樹立へ

2018年8月16日八 蔡英文総統が南米訪問の帰途、トランジットのため滞在した米ロサンゼルスで12~13日(台湾時間)、台湾系の有名チェーン・カフェ「85度C」に立ち寄ったところ、中国本土系のネットユーザー多数が「台湾独立派のコーヒー店だ」として強く反発し、ボイコットを呼びかける騒ぎが起きました。(写真はVOAのキャプチャー)

 米ブルッキングス研究所の中国問題の専門家、リチャード・ブッシュ氏は米公共放送ボイス・オブ・アメリカに対し「でたらめにもほどがある。下劣極まるいじめだ」と強く批判しました。

 台湾紙・聯合報によると、蔡総統はロサンゼルス滞在中、車列を止めて「85度C」に立ち寄り、蔡総統の名前が入ったクッションを贈られました。

 ラジオ・フランス・アンテルナショナル(RFI)によると、「米国華人社団聯合会」の鹿強主席がただちに「85度Cは中国本土で金もうけをしてるのに、台湾独立を支持している」と強く批判。中国政府系メディアが、鹿主席の発言を報じると、中国本土のネットが猛烈な85度Cたたきを始めました。

福建省・泉州当局が嫌がらせの立ち入り検査

 85度Cの中国の公式ミニブログは、批判が殺到して閉鎖い追い込まれました。また、福建省泉州市の85度Cの店舗は突然、「市場監督管理局」から「国慶節(10月1日)が近づいた」として立入検査を受け、食材を床に置いていたとして改善命令を受けました。いやがらせとみられます。

 85度Cは急きょ公式サイトで「『92コンセンサス』への断固とした支持は変わりません。当社は、両岸(中台)関係の発展を引き続き推進します。両岸は家族です」などとするコメントを発表しました。「92コンセンサス」は、「1つの中国」に対する中台当局の1992年の合意を指しています。

「両岸一家」は美しい家庭とは言えない

 リチャード・ブッシュ氏は「台湾独立派の蔡英文総統が立ち寄ったから、店も台湾独立派の企業だというのは、でたらめもほどがある。下劣極まるいじめだ」と批判。「(85度Cが)両岸は家族だと言ったのは皮肉に富んでいる。台湾がこの家庭の一員なのだとしたら、うるわしい家庭とはとても言えない」と語りました。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーーーー



↑このページのトップヘ