井上雄介のたいわんブログ

井上雄介のたいわんブログ

ほぼ台湾の話題、時々中国…。

2017年12月15日中国軍 中国共産党第19回全国代表大会(第19回党大会)後、中国軍機が第一列島線を突破し台湾本島周辺を取り囲むように飛ぶ長距離飛行訓練が常態化しています。台湾は警戒を強めていますが、台湾空軍にとって、これまで未知だった中国空軍の状況を知るとともに、自らの練度を上げるチャンスにもなっているそうです。風伝媒が伝えました。

 中国軍の訓練は飛行距離も参加機数も拡大しています。11月20日は、20機近くが3つの編隊を組み、台湾とフィリピン間のバシー海峡を抜けました。また、飛行距離、飛行時間とも過去の2倍に伸びました。

 台湾空軍によると、H6爆撃機を護衛するSu30戦闘機はこれまで、海に出たとたん引き返していましたが、11月20日は空中給油機IL78を伴って海上に出てきました。早期警戒機も随伴し、完全に攻撃の陣形だったそうです。

中国軍の訓練はまだ初歩段階と分かる
 
 台湾空軍によると、中国軍の訓練方法も編隊の組み方も、米軍の模倣です。ただ、長距離海上訓練の頻度は増しているものの、飛行経路は固定し、機体や操縦士は輪番で訓練しているもようで、訓練はまだ初歩段階とみられるそうです。

 中国軍はこれまで海上飛行の経験が少なく、海上は陸地と異なり飛行位置を知るための手掛かりが乏しいため、操縦士は相当のプレッシャーを感じているはずだそうです。中国軍が攻撃力を備えるまでには、さらに長い時間が必要とみられています。
 
 一方の台湾空軍はこれまで、防空識別圏(ADIZ)内で海上訓練を積み重ねており経験が豊富です。周辺空域と航路にも熟知しており、中国軍が侵入した場合、台湾軍は有利な地点を選んで、攻撃と防御を行うことが可能です。

 現在のところ、台湾周辺では台湾空軍が中国軍に対し、まだ優勢を保っています。しかも、中国軍の訓練に合わせて台湾側も訓練空域をどんどん拡大しているそうです。夜間海上訓練も台湾空軍は既に行っていますが、中国軍が実施した形跡はありません。

敵情把握と攻防訓練のチャンス

 またこれまで台湾空軍は、これまで中国軍との接触がまれでした。ところが最近、中国軍の飛行が頻繁になったため、台湾軍は仮想敵を近距離から実際に観察するという機会を与えられました。また、中国軍の飛行は、各種の攻防術を訓練するチャンスにもなっています。中国軍の来訪も、悪いことばかりではないそうです。

 2017年12月14日nんき1937年12月の南京事件から80周年を迎え、中国江蘇省南京市の「南京大虐殺遭難同胞記念館」では13日、習近平国家主席ら最高指導者も出席して国家追悼記念式典が荘重に行われました。台湾では与野党を問わず、式典などを行っておらず追悼活動は極めて低調です。(写真はフェイスブックより)

 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、台湾では、馬英九前総統がフェイスブックで文章を発表した以外、何も記念活動が行われませんでした。台湾の専門家は「記念活動を大々的に行うことは、台湾が中国の一部と認めたことに等しいため」と話しています。

 南京事件当時の中国の政権党で、その後台湾に逃れた国民党ですら何も活動をしていません。国民党の広報担当者の王鴻薇氏は「党としては何の式典も行いませんが、ネットを通じて皆さんに当時の歴史を振り返ってもらうつもりです」と話しています。

 唯一、追悼活動を行ったのは馬前総統。フェイブックで「80年前の今日、5万人の日本軍が南京に入場し、計画的、組織的に大規模な虐殺を行いました。6週間の強姦、殺人、強盗、放火で30万人が死亡しました」と述べました。

南京は中国にあり台湾に無関係

 低調な追悼活動について、国立台北教育大の李筱峰・元教授は「馬英九氏は自らを『中国人』と思っているので追悼は問題ない。しかし、南京大虐殺の記念は台湾人がやるべきでなく、対岸(中国)がすべきこと。南京は中国にあり、台湾は中国の一部ではない」と話している。

 李元教授によると、1970年以前に生まれた台湾人は「国民党による政治的な歴史教育」の影響を強く受けおり、「南京大虐殺」を日本の中国侵略の象徴として心に刻まれています。

 しかし、現在、台湾の歴史教育が変わり台湾主体の意識が強まる中、「南京大虐殺」は台湾にとって「失われた記憶」になってしまったということです。

2017年12月11日北平 10日付蘋果日報によると、米国駐在の李克新・中国公使は8日、米首都ワシントンで講演し、「米軍艦艇の台湾入港の日が、武力統一を発動する時だ」と述べました。(写真は蘋果日報のキャプチャー)

 李公使は8日、在米中国人留学生、華僑、メディア関係者を招いて、中国共産党第19回全国代表大会(第19回党大会)とトランプ米大統領の訪中の状況について報告を行いました。

 李公使は米中関係の将来に言及した際、米軍艦艇が台湾の港湾に入れば、「反国家分裂法」が発動されると指摘。「米軍艦艇が高雄に到着する日は、中国人民解放軍による台湾武力統一の日だ」と述べました。

 米議会は今年11月、「2018年国防授権法」を可決した際、台湾、米軍艦艇の相互寄港について検討を行うよう、国防総省に求めました。中国は強く反発してきましたが、台湾への武力攻撃を公言したのは初めてです。

現在の台湾は1949年の北平、台湾包囲は完了

 海外中国語サイトの多維新聞によると、10日付中国紙・環球時報は、李公使の発言を紹介する社説を掲載しました。

 社説は「米軍艦艇の高雄寄港の日が、台湾武力統一の時」というのは大陸側の厳しい警告だが、レッドラインは1つではないと指摘。「台湾独立の国民投票、国号変更、法理独立などその他の行動に対しても、解放軍は反国家分裂法に基いて海峡を越え、上陸して台湾全島を制圧し、武力で分裂状況を終わらせる」と述べ、台湾独立志向の現政権を強くけん制しました。

 社説はその上で「現在の台湾は1949年の北平(北京)だ。大陸側による包囲は完了している」などと書いて、台湾独立は風前の灯火であることを強調しています。

↑このページのトップヘ