井上雄介のたいわんブログ

井上雄介のたいわんブログ

ほぼ台湾の話題、時々中国…。

2017年10月24日世論調査 北京大学現代中国研究センターが台湾の研究者3人が協力し、北京、重慶、大連など中国本土の10都市の18歳以上の市民2000人を対象に行った世論調査によると「中台統一はなるべく早い方が良い」との回答が51.6%を超えましたが、統一の方法として回答者の82.1%は「話し合い」、6%は「武力行使以外」と答え、圧倒的多数が武力行使を否定していることた分かりました。風伝媒が24日伝えました。

 調査結果は中国人の誤解も浮き彫りにしており、対象の66.8%は「中台統一は台湾世論の主流」と答え、「台湾人の多数が独立を支持している」との回答は10.9%にとどまりました。実際の台湾の世論とは異なります。

先進意識が強いと早期統一志向

 このほか、回答者が住む都市が「台北に比べ進んでいる」、あるいは「台北が遅れていると考える」都市ほど、早期の統一を支持する考えが強いことも分かりました。

 調査対象の10都市のうち、北京、上海、深センの3都市の回答者は、自身が住む都市が台北より先進的だと答えました。

 台湾大など台湾の研究者が調査結果をまとめ、今年、学会誌に発表したものです。

 調査年は2013年と古く、中国全体を代表するものではありませんが、中国で同種の世論調査はまれで、規模も大きく意義は大きいとみられます。

 調査対象は無作為に抽出し、携帯電話を通じて行われたということです。

 2017年10月19日銃弾フィリピン政府は、イスラム過激派や麻薬密売組織の掃討作戦のため銃弾不足が深刻化しており、台湾の兵器製造会社に5.56ミリ銃弾や防弾服の調達を打診していたことが分りました。台湾側は生産力不足を理由に断ったそうです。ニュースメディアの上報が伝えました。(写真は上報のキャプチャー)

 フィリピンのドゥテルテ大統領が先に、自国の麻薬密売組織と台湾マフィア「竹聯幇」が結託していると批判したばかりです。

 ところが、フィリピン政府が南部で進めるイスラム過激派掃討作戦や、麻薬密売組織の取り締まり活動で、警察の銃弾不足が深刻化しています。国家警察委員会(NAPOLCOM)の係官が台湾国防部と接触し、「高雄205兵器工場」が製造する5.56ミリ銃弾を売ってもらえるか打診してきました。

 「高雄205兵器工場」は、米国の民間銃器輸入会社「ウォルフ・アーモ」と5年間の長期契約を結んでおり、同社の5.56ミリ弾生産量の6割に当たる年間7200発を供給しています。

 台湾軍も毎年一定数の銃弾が必要なため、「高雄205兵器工場」がフィリピン向けに生産する余力がないとして断ったそうです。ただ、蔡英文政権は、東南アジアとの経済関係を重視する「新南向政策」を推進中のため、フィリピンへの銃弾供給に踏み切る可能性もあるとみられます。

2017年10月18日盤石 米軍関係者がこのほど、台湾の野戦病院を能力を視察し、台湾軍で唯一、戦時病院船として使える補給艦「盤石」を視察しました。関係者は外科手術の態勢などについて、詳しく質問したとのこと。台湾国防部関係者は「米軍が北朝鮮と開戦し、死傷者が出た場合、友邦に人道援助を求めるかも知れない」と語り、朝鮮半島有事の際、盤石が病院船として出動する可能性を示唆しました。蘋果日報を引用し中央社が16日伝えました。

 国防部は16日、朝鮮半島有事の際の病院船派遣について「メディアの憶測であり、事実でない」とコメントしました。

 盤石は燃料・弾薬の補給と国際救援を主要任務としています。レーダーに対するステルス性を持ち、ヘリコプターを搭載できます。

 医療施設は野戦病院級で、診察、手術、消毒、歯科、病室などの各部屋と、内視鏡、血液分析機、超音波診断機、移動式X線診断機、麻酔設備なども備えています。一般病床12床のほか、隔離病床も3床あるそうです。

↑このページのトップヘ