イノウエのたいわんブログ

ほぼ台湾の話題、時々中国…。

2018年02月

2018 年2月23日kenpei 首都台北の防衛を強化し、中国人民解放軍による台湾総統斬首作戦を防ぐためとして、国防部はこのほど、従来の憲兵警衛小隊を拡充して編成した「憲兵即応中隊」の装備内容を明らかにしました。ETtоdayが伝えました。(写真は星島日報のキャプチャー)

 憲兵即応中隊は、3個小隊で編成。各小隊は機動・防空・対装甲の3個分隊に分かれています。国防部によると、このうち防空分隊の戦力は1個旅団に匹敵するそうです。

 防空分隊は、米国製の携帯式防空ミサイル「スティンガー」3台を装備。射程距離4.8キロメートルで、赤外線誘導装置を備えています。敵軍の降下部隊を運ぶヘリコプターや輸送機に対処し、斬首部隊の侵入を阻止します。

 対装甲小隊は、国産対戦車ミサイルを装備。射程距離は400メートル以上で、400ミリの装甲を貫く能力があります。中国軍の99式戦車には不十分ですが、その他の軽戦車や装甲車には十分対処できるそうです。

 機動小隊は、大型バイク部隊が主力で急速に移動できます。「雲豹」装甲車も装備する予定。対空挺部隊や対特殊部隊向けの各種武器や情報機器を備えています。

 ただ、退役陸軍中佐の黄竣民氏は「台湾軍の思想は保守的」とし、中国軍の脅威を前に特殊作戦用装備が不十分だと指摘しています。米特殊作戦軍(SOCOM)などに比べ、装備が見劣りするそうです。

2018 年2月22日meiguo 台湾外交部によると、米議会上院の親台湾派の議員連盟「台湾連線」会長のジェームズ・インホフェ共和党上院議員が率いる、米上下両院議員とスタッフの一行19人が20~20日、台湾を訪問しました。(写真は新頭穀のキャプチャー)

 ニュースサイトの東網によると、インホフェ上院議員らは21日、蔡英文総統、李大維外交部長と相次ぎ会談しました。

 インホフェ上院議員はメディアに対し「米議会は米国の台湾への武器売却を支持する。エネルギーの分野でも協力を深めたい」と述べました。

★参考情報★
※台湾は性急な脱原発で火力依存を深めています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 上院議員は、台湾が米国の兵器メーカーと接触するよう提案するとともに、米国産の天然ガスの購入を呼び掛けました。天然ガス購入については、既に台湾の要人と会談したということです。

米台国防工業会議、初めて台湾で開催へ
 
 台湾軍関係者によると、米台は昨年、米台国防工業会議を初めて台湾で開催することを決めました。米国防総省のスタッフが台湾を訪れ台湾政府の担当者と交流する予定です。

 中国を怒らせないため、同会議は過去15年間、米国で開かれていました。今年からは台湾でも開催されるほか、開催回数もこれまでの年1回から2回に増やすことで米台が合意しました。

 トランプ米大統領は昨年12月「2018年国防権限法」に署名し、台湾への武器売却を決めました。また米議会下院では米台高官の交流を可能にする「台湾旅行法」が可決しています。

 中国は米台交流強化の動きに反発しており、何らかの対抗措置が予想されます。最近頻繁に行われている中国軍機による台湾本島の周回飛行もその一環とみられています。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2018 年2月21日xinbei 日本の首都圏で言えば千葉、埼玉、神奈川の3県のように、台北を囲む新北市ーー。同市農業局が、初春にふさわしい観光コース2つを勧めています。貢寮地区では、名物のアワビ、トコブシの料理が味わえるとのことです。ETtоdayが伝えました。(写真はETtоdayのキャプチャー)

デート向きは淡水中心部コース

 1つ目は淡水地区の山・川の美と、桜や夕日を楽しむコース。農業局は都心部から近く、交通も便利なので特にお勧め。台北捷運(MRT)の淡水駅で下車するか、同駅周辺の駐車場にマイカーを止め、路線バスに乗り換えると便利です。

 道教寺院の「天元宮」では「吉野桜」、楓樹湖ではモクレンの花を鑑賞できるそうです。夕方は、淡水の中心部の「漁人碼頭」で夕日を眺めたり、淡水河対岸の「八里左岸」の灯火を見たりという、デートにでも良さそうな、お楽しみがあるようです。

健脚ならば貢寮コース

 2つ目は、貢寮地区の山や海岸を自転車や徒歩で巡る、健脚の方々向けのコースです。広々とした海原の美景や、「馬岡の鬼の洗濯板」の奇景、漁村・漁港の風情に浸ることができます。

 貢寮地区で養殖されるアワビ、トコブシは全国に知られる名産。美味であるだけでなく、当局の安全検査に合格しており、衛生面でも安心できるそうです。

 台北から1時間ほどの近場です。都会に飽きたら、足を伸ばしてもいいと思います。淡水河の河口の広々とした眺めは、中国・長江の風景にも似て、大陸的な趣きです。

 筆者は淡水の中心部に近い、真理大学周辺が好きです。日本の首都圏で言えば、鎌倉と似た感じがします。温暖な気候も、三浦半島ような感じ。名所はないですが、散歩を楽しみたい方にはいいかもしれません。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2018 年2月19日風力発電 ドイツの4大発電会社の一角、EnBWが12日、台湾・彰化沖の海上風力発電所「海鼎風場」への出資を表明しました。上緯国際投資控股(台湾・南投県)とオーストラリアの投資銀行、マッコーリーキャピタルの合弁事業で、EnBWは37.5%を出資します。風伝媒が伝えました。

 海鼎風場は彰化沖の38~62キロにあり、発電設備容量は2ギガワット(GW)。環境影響評価には合格しており、2021年には完成の見通しだということです。

 EnBWは従業員約2万人の大手発電会社ですが、2013年からグリーン・エネルギーへの転換を始めました。ヨーロッパでは既に336メガワット(MW)の風力発電所を運営しています。ヨーロッパ以外への進出は今回が初めてです。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 台湾の洋上風力発電は、世界大手のデンマークのドン・エナジー(デンマーク)も進出を決めるなど、ヨーロッパの風力発電大手の台湾進出が続いています。


台湾の風発の主体が海上の稀有な国

 ニュースサイトの風伝媒の論評によると、他国で風力発電は陸上が主力、海上が補助ですが、台湾は海上が主力の稀有な国だそうです。山がちな国土で人口が多く、風力発電にふさわしい土地が余りに少ないためです。

 しかし、海上風力発電の発電コストは陸上の2倍。そして、台湾の電力需要のピークは夏なのに、台湾は夏に風が最も弱くなります。発電設備容量の5~6%しか供給できないそうです。

 台湾政府は6000億元(約2兆2000億円)で600基、発電設備容量300万キロワット(kW)の風力発電所を造る計画です。しかし、6%であれば夏のピーク時に18万kWしか供給できないことになります。

 天然ガス火力発電なら、30億元(約110億円)で発電容量20万kWの設備1つの設置できてしまいます。

発電コストは原子力の6倍
 
 秋と冬は台湾で強い風が吹きますが、不安定な風力発電に頼らなくても、電力は十分に足りてしまいます。

 風力発電は二酸化炭素の排出ゼロのメリットがあるとの主張がありますが、原子力発電も二酸化炭素は出しません。そして1MW当たりの発電コストは原発の1元に対し、風力発電は6元もかかります。
 
 論評は、そうまでして海上風力発電所を整備する必要があるのかと疑問を投げかけています。筆者は傾聴に値するの意見と思います。

 2018 年2月17日米大使スーザン・ソーントン米国務次官補代行(東アジア太平洋担当)は16日、議会上院外交委員会の公聴会で、「米国は台湾を独立国家と認めない。政府のウェブサイトに中華民国国旗を載せない」と答弁しました。米公共放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)中国語版が伝えました。(写真は聯合報のキャプチャー)

 台湾は、この手の発言にはもう慣れていますが、台湾に友好的なトランプ政権の米高官が改めて断言したことで波紋が広がっています。

 自由時報によると、台湾外交部は16日、「中華民国台湾は、主権を持つ独立国家で、これは客観的な事実だ。政府はこの現状を維持し、民主的価値と人民の生き方を防衛していく」とのコメントを出しました。

ルビオ議員の質問に答弁

 VOAによると、国務次官補代行の発言は、マルコ・ルビオ共和党上院議員の質問に対する答弁です。ルビオ議員は、国務省のウェブサイトの一部にあった中華民国旗が削除された経緯について尋ねました。

 国務次官補代行は台湾を独立国として認めないとした上「われわれと台湾は正式な外交関係がない。米政府の公式ウェブサイトに中華民国旗を載せないのがわれわれの政策だ」と答えました。

★参考情報★ ※ルビオ上院議員は「台湾旅行法」の提出者です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

台米の実質的な関係は強化

 台湾の与党・民進党の羅致政立法委員(議員)は「政治や軍事で、台湾と米国の実質的な関係が強化されていることに対し、中国は必ず、象徴的で表面的な部分をとらえて米国への圧力を強め、大騒ぎしようとするに違いない。われわれは不満だが、米国が置かれた状況は理解できる」と話しています。
 

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↑このページのトップヘ