頼院長蔡英文総統が5日、林全行政院長(首相)の辞職と頼清徳台南市長の就任を発表しました。頼市長は6日午前、台南市政府と市議会に別れを告げた後、6日には台北市の信義官舎で閣僚と面談、同日中に組閣名簿を内定しました。ETNEWS新聞網によると、頼氏は8日午前、総統府で就任宣誓した後、行政院で閣議を開き、新内閣が正式にスタートします。(写真は風伝媒のキャプチャー)
 
 風伝媒によると、林全前行政院長は、蔡総統とは以心伝心の間柄で心の支えでした。蔡英文総統が行政院長の交代を発表した記者会見で、林全院長の過去1年3カ月の業績を讃え感謝の気持ちを繰り返し口にしました。頼氏については「優秀な立法委員(議員)で、優れた市長だ。傑出した行政院長になるでしょう」などと形式的な賛辞を送ったのみ。あまり心が通わぬ人物に、政権の浮揚を託することになります。

 蔡政権は昨年5月の就任以来、当人と与党の予想を上回るスピードで支持率が低下して行きました。その要因の多くは林院長の行政のまずさにありました。蔡総統が林院長の業績として挙げた「5プラス2産業計画」「エネルギー改革」「前瞻(未来志向)のインフラ計画」「年金改革」のいずれもが、世論や野党の批判を浴びました。

学者政治はもうたくさんの声も

 経済学者の林院長には政策を推進する力が足りなかったようです。聯合報によると、与党・民進党のベテランは「学者の政治はもうたくさん」と嘆息したそうです。学者は議論の整理はうまいのですが、問題解決能力が乏しい。海千山千の人々との関係がうまくゆかず、官僚に騙されたりもするそうです。林院長も最近は「疲れた」とこぼしていたとか。

 これからは政治のプロ、頼清徳氏が内閣を率います。風伝媒によると、頼氏は与党最多数派閥の親潮流派に属します。立法院も同じ派閥が多数派で法案通過間違いなし。唯一の弱点は中央政府の経験が少ないことぐらいだそうです。蔡総統として、政権の浮揚には頼氏の手腕に頼るしかなさそうです。

 ただ、これまで蔡総統の身代わりで批判の受け皿になってきた林全氏がいなくなります。風伝媒によると、大物政治家の頼清徳氏が身代わりなるはずもなく、蔡総統が批判の矢面に立たされる恐れが出てきました。