イノウエのたいわんブログ

ほぼ台湾の話題、時々中国…。

カテゴリ: 政治

 22020年10月17日印台湾の呉釗燮外相が十月十五日、インドのテレビ局「インディア・トゥデー」の長時間の単独インタビューを受け、インドと日米豪の安全保障対話「QUAD(クアッド)」へ参加に意欲を示すなど熱弁を振るった。(写真は風伝媒のキャプチャー)

 呉外相は、「インド太平洋地区の主要国が、安全保障対話を通じて共通の脅威に対処するのをみられるのはとても喜ばしい」とQUADを歓迎。「台湾が正式に参加するのは非常に難しい」としながら、シンクタンクや通商フォーラムを通じ、QUADへ関与を強める考えを示した。

 なお、単独インタビューは、台湾要人では異例の二十分もの長さで、呉外相は台湾とインドがともに民主主義の価値観を共有することや、台印関係を強化することの必要性を力説。「中国を恐れず、台湾を支援してくれる」として、インドの外交姿勢に感謝を示すなど、存分に語った。

 単独インタビューに対し、在インドの中国大使館は「一つの中国の原則」に違反するとして怒り心頭。「インドのテレビ局が、台湾の民進党当局の外事部門の責任者に単独インタビューを行い『台湾独立派』に加勢した。一つの中国の原則と、インド政府の立場に反している」として強く抗議した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

22020年10月17日F 中国軍機による台湾海峡中間線無視が常態化し、中台の空中の緊張が激化する中、レーダーで補足できない最新鋭のステルス戦闘機は、中国側が続々投入しているのに対し、台湾側にほとんどなく、軍事バランスの不均衡が顕わになっている。(写真は風伝媒のキャプチャー)

 そんな中、ステファン・ブライアン元国防次官が、米誌ニューズ・ウィークに、F35戦闘機を台湾に貸与する案を寄せ、内外の注目を集めた。

 台湾海峡中間線は、一九九六年の台湾総統選の際、中国軍が台湾付近にミサイルを発射して、中台の緊張が極度に高まったことを受けて、両軍が暗黙のルールとして定めた。ところが中国軍は九月ごろから公然と無視し、戦闘機などが相次ぎ飛来している。

 中国側では、ロシアから技術導入した第四・五世代戦闘機のSu27、自主開発で第五世代戦闘機の「殲20」など最新鋭ステルス機を相次ぎ配備している。対する台湾側にあるのは、ステルス性がない旧式のF16戦闘機だけ。米国が売却を決めた最新鋭のF16V六十六機の引き渡しは二〇二六年で、台湾軍はそれまでの空白期をどうするかで焦りを深めている。

 ブライアン元国防次官は、中国が台湾を虎視眈々と狙う中、米国は台湾に対し一歩踏み込んだ支援を行うべきだと指摘し、F35の貸与に踏み切るよう呼びかけた。

 元次官によれば、米側もF35の貸与を検討していたが、台湾軍人が最先端の戦闘機を操縦できるか疑問であることと、中国への配慮のため、なかなか踏み切れずにいるという。

 元次官は、操縦の問題は、台湾空軍のパイロットを米国で訓練すれば簡単に解決すると指摘。中国への配慮も、要は米国側の勇気を持てば克服できるとした。

 また、台湾軍人を米国で訓練すれば、中国のスパイを遠ざけられる利点もある。そして、台湾貸与用のF35を米国内に配置しておけば、台湾が中国の攻撃を受けても無傷で温存でき、有力な反撃の手段になるとした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年6月22日難 反中国デモが燃え盛る香港から、台湾への「政治難民」が急増している。人権NGOの台湾人権促進会によると、新型コロナウイルス感染防止対策のため、台湾当局が香港からの入国を規制する前、台湾に逃げ込んだ香港反政府デモの参加者が二百人を超えた。うち八十数人が「政治上の理由で保護が必要な人士」と認定され台湾居住を認められた。(写真は風伝媒のキャプチャー)

 何しろレンガ一個を投げただけで懲役刑になりかねない。さらに多くの香港人が、政治難民の認定を受けようと審査を待っているが、中国が政治難民を装って、第五列(スパイ)の浸透を図るのは確実だ。台湾の情報機関は、身元審査を強化するため、政府の認定作業チームに人員を配置した。

 中国が、台湾への浸透工作を一段と強化していることは明らかだ。台湾内政部移民署によると、去年、台湾入国を申請して拒否された中国本土の市民は三七四二人と、前年比七二%も増えた。中国共産党や軍の関係者と判明したためだが、台湾で親中国派の育成や、世論工作などさまざまな活動を企んでいたとみられる。

 台湾の情報機関、国家安全局の推定では、台湾にいる中国のスパイは約五千人に上る。主な活動対象は台湾軍だが、政府や企業なにも入り込んでいるのは間違いない。

 浸透工作の中身も多様化しており、今年三月には、台湾法務部が、新型コロナウイルスに関するフェイク情報を調査したところ、中国軍サイバー部隊が台湾のドメイン十三個を買収していたことが判明。フェイスブックなどSNSを通じて、大量のフェイク情報を流していたことが明らかになった。

 実のところ現在の台湾で、政治難民の受け入れ制度が未整備で、現在は各機関が連絡し合い、各地でばらばらに審査が行われている。政治難民のけ入れには、「身元」と「事実」の厳格な調査が特に必要で、専門窓口や調査システムの確立が急務だ

 台湾は日本や韓国の事例を参考にしているが、国家安全局の担当者は、日本で『出入国管理及び難民認定法』の制定後、毎年約二千人が申請しているのに、認定は十人に届かない現実を重くみている。

 同局などによれば、現状では「政治難民」が、中国にとり浸透工作の格好の破れ窓になりかねない。しかし、中国が香港版国家安全法の制定を決めたことで、香港の反中国デモがまもなく激化することは必至。台湾の政治難民受け入れの制度づくりは、時間との戦いとなっている。


このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年3月22日国一月十一日の総統選挙で大敗した野党・国民党で、若手・中堅の政治家が、党の対中政策の基調である「九二コンセンサス」の撤廃を求めて馬英九前総統と会合を開いた。一九九二年、中台の窓口機関同士が「一つの中国」原則の堅持を口頭で合意したとされるもので、総統選で大勝した蔡英文総統は存在を否定している。(写真は自由時報のキャプチャー)

国民党は一月の選挙で政権復帰に失敗したばかりか、同日行われた立法院(国会)議員選挙でもわずか三議席増にとどまり、与党・民進党に過半数の維持を許した。

国民党青年部の蕭敬厳主任によると、香港で反中国デモが燃え盛る中、台湾有権者の中国に対する怒りが、すべて国民党に向いてしまった。「九二コンセンサス」はもはや悪名高い「一国二制度」とイコールだ。蕭主任は「二七年前の九二コンセンサスは、もはや時代に合わない。今回の選挙で、『コンセンサス』は有権者に否認された」と話している。

馬前総統との会合に出席した、若手・中堅は、雲林県の張麗善県長、彰化県の謝典林県議会議長、江啓臣議員、蒋万安議員らで、「九二コンセンサス」を見直し、台湾国民と中国の双方が受け入れ可能な、基本政策を定めるよう求めた。馬前総統も、台湾の若者の多くが「九二コンセンサス」を認めていないのは事実で、対中政策の出発点とする正当性がもはや失われたことを率直に認めたという。

 若手・中堅らは、選挙大敗を受けて新たに発足する党主席ら執行部に、中国との関係について透明化を求めることでも一致している。三親等以内の親族が中国から経済上の利益を得ていないかを就任前に公開することや、中国との交流をする場合、事前に党へ届け出るとともに公表するよう求める方針だ。

★参考情報★
ーーーーーー
韓高雄市長の訪中に中央政府警戒 いかなる取り決めもするなと警告
香港デモ中国武力鎮圧なら、CIA大部隊は台北避難か

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年1月17日米 一月十一日の台湾総統選挙と立法院(議会)議員選挙で、米国の対台湾交流窓口である米国在台協会(AIT)が与党・民進党に公然と肩入れするなど、露骨な選挙干渉を始め、台湾政界を驚かせている。(写真は風伝媒のキャプチャー)

 AITは十一月末、フェイスブックの公式ページに「中国が、太平洋の島々で行った活動の観察をいっしょに見てみよう」の説明付きで、豪州テレビ局の報道番組「60ミニッツ」のユーチューブ・チャンネルへのリンクを貼り付けた。

 リンク先のページには、他の番組とともに、豪州に亡命した自称・中国のスパイ、王立強氏へのインタビュー番組が載っている。王氏はここで、中国が二〇一八年末の台湾統一地方選挙に介入し、韓国瑜氏を当選させるため資金援助を行っていたことを暴露。欧米の主要メディアがこぞって転載した。

 韓高雄市長は、来年の総統選で野党・国民党の公認候補。AITは、アカウントから王立強氏の番組に直接リンクを貼った訳ではないが、総統選間近な微妙な時期だけに、AITが民進党支持を鮮明にしたもの受け取られ、国民党を仰天させた。

 各種世論調査で、現職の蔡英文総統が大幅なリードを維持する中、AITがことさら民進党を支持し始めたのは、実は韓国瑜候補の劣勢はさほどでなく、蔡候補の優勢も盤石でないとの楽観的な憶測も国民党内から出ている。

 だが、米国の動向に詳しい馬英九政権の元幹部によると、米国の狙いはもはや立法院選挙だ。米国は、香港区議会選挙で民主派が大勝し親中派の全滅したのをみて、選挙方式が同じ台湾立法院でも再現したいと強く願うようになった。民進党が辛うじて過半数に手が届くというような勝利でなく、国民党の議席を三十以下に減らし、台湾の親中派勢力を一挙に極少数派に転落するような完勝を夢見ているそうだ。

 元幹部によると、米中が全面対決する世界情勢下、米国は台湾に親中政権が誕生することを絶対に容認しない。馬英九前総統や韓国瑜候補が掲げるような、親米だが中国とも協調する温和路線すらも早だめ。トランプ政権は、台湾が選ぶ道は「米国一辺倒」しかないと考えているという。

★参考情報★
ーーーーーーーーー
韓国瑜氏の花蓮集会に15万人 総統選出馬を初めて公言
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ