イノウエのたいわんブログ

ほぼ台湾の話題、時々中国…。

カテゴリ: 政治

2018年11月25日韓 11月24日に投開票が行われた台湾の統一地方選挙で、高雄市長に国民党候補の韓国瑜氏(61)が89万2545票、得票率53.87%の高得票で与党・民進党から立候補した陳其邁氏(53)を破りました。(写真は、高雄市内に掲げられた巨大選挙広告)

 高雄市の有権者は、地元経済の振興と所得増加の希望を託し韓氏に票を投じたとみられます。ただ、韓氏は具体的な政策を掲げていませんし、筆者は、市長の権限でそのようなことが可能か甚だ疑問に思っています。

 国民党の中にもそういう見方が出ています。ニュースメディアの新頭殻によると、同日再選された台北市の女性市議の秦慧珠さんは、24日のテレビ番組で、韓国瑜氏の名を挙げ「もしうまくやれなければ、1年以内に捨てられる」と語っています。

 同じ番組に出演したベテラン政治評論家の陳東豪さんは「今回の統一地方選は、争点として経済政策の割合が高かった。民進党の経済政策が、国民を満足させていないのは明らかだ」と述べました。韓国瑜新市長の経済政策が、市民を満足させるのも難しいでしょう。

今回の勝者は『嫌いだ民進』党

2018年11月25日勢 24日には全国22県市の首長と県市議会議員選挙が行われましたが、国政の野党、国民党が15県市を制して圧勝。与党の民進党は6県市にとどまり惨敗でした。台北市は無党派の柯文哲市長が辛くも再選されました。国民党は大勝利に興奮状態です。(写真は、24日夜行われた韓国瑜候補の総決起集会の模様)

 自身も国民党所属なのに、秦市議はかなり冷静です。「今回の最大の勝者は『嫌いだ民進』党です。当選した国民党の首長も、多くの人は自分が勝つと思わなかったでしょう」、「一夜明けて興奮が冷めたらよく反省した方がいい」と、今回の選挙がいわゆる「風頼み」の選挙だったことを率直に認めています。

 陳東豪さんも、急変する民意の恐ろしさを指摘しています。

 韓国瑜氏の大ブームが起きたのは8月になってから。民進党は盤石だったはずの高雄を落とし、牙城の台南も辛勝でした。蔡英文総統が、国民党に圧勝したのわずか2年余り前です。

 陳さんは「国民党も準備を急ぐべき。そうでないと13カ月後の総統選で残酷な目に会う」と語り、今回の勝利でも決して安泰でないと警告しています。



 2018年11月9日陳11月24日投票の高雄市長選挙は、国民党候補の韓国瑜氏(61)がブームを巻き起こす一方、与党・民進党から立候補した陳其邁氏(53)への支持は今ひとつ盛り上がならい状況です。(写真は新頭穀のキャプチャー)

 ニュースメディアの新頭穀によると、陳候補が9日の総決起集会の演説の中、自身への支持を表明した有名なネット作家で「藤井樹」こと呉子雲氏を「高雄に越してきた日本人」と呼び、電話で詫びを入れる騒動が起きました。陳候補の人気をさらに押し下げる結果となってしまったようです。

 藤井樹氏はフェイスブックで「『ますます老いて貧しくなる高雄』という人と友だちになれない。陳其邁氏を支持する」と書きました。「ますます…」は、韓国瑜候補が民進党市政を批判する際の決めセリフです。

 藤井樹氏は発言の結果、かなりの数のフォロワーを減らしてしまった上、韓国瑜候補のファンからいっせいに批判を浴びました。驚いた藤井樹氏は「韓国瑜氏に投票するもよし、陳其邁氏に投票するもよし。これが台湾人が守るべき価値観だ」と書いて、発言の軌道修正に追い込まれました。

 陳其邁氏は9日、総決起集会で、韓国瑜候補ファンにいじめられる藤井樹氏に触れ、「有名な文学者で、高雄に深い思い寄せている」と持ち上げたのは良かったのですが、「高雄に越してきた日本人」と呼んでしまいました。

 陳其邁候補は、間違いに気づき、集会が終わった後、藤井樹氏に電話して、言い間違えを詫びました。

 陳候補の言い間違いは、格好の話題の提供となり、ネット上では「藤井樹が日本人にされちゃった」、「真心を伝えたら冷たくされた」などと陳其邁候補をからかう発言で盛り上がりました。
 中には「韓国瑜候補も100回言い間違いしているが、謝ったことはない」などと弁護する書き込みもありましたが、弱り目に祟り目。陳候補にとっては逆風が強まる結果となったようです。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー

2018年11月7日独 米公共放送ボイス・オブ・アメリカ中国語版によると、行政院大陸委員会(陸委会)が1日発表した、中台関係に関する最新の世論調査の結果で、「なるべく早期の独立宣言」が8.6%で過去10年で最高となりました。時間を掛けて中台が一緒になるべきだとする「現状維持後の統一」を主張する意見も16%で、これまで10年で最も高い数字となりました。(写真はVOAのキャプチャー)

 調査は、陸委会と政治大が10月24~28日に電話で実施しました。それによると、「中国の外交、政治、軍事面での台湾への圧力が、台湾海峡両岸の現状と地域の平和を脅かしている」との見方に同意する市民は8割近い78.3%を占めました。

 中台関係については、広い意味の「現状維持」が83.4%で圧倒的な多数でした。うち「現状維持後に改めて決定」が31.1%、「永遠に現状維持」が22.3%でした。陸委会の邱垂正副主任委員は「現状維持後に統一、独立を主張する意見でも、現状維持が大前提となっている」と述べました。

 ただ、「現状維持後の統一」は16%、「現状維持後の独立」は14%で、どちらも過去10年で最高となりました。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーーーー

 2018年9月25日雄台湾紙・聯合報が24日発表した高雄市長選挙に関する世論調査の結果で、民進党の陳其邁候補を支持するが34%、国民党の韓国瑜候補を支持するが32%で伯仲しました。(写真は聯合報のキャプチャー)

 韓候補は、「支持を決めていない」が3割もあり、今回の選挙で最大の変数だとのべ、気を引き締めています。

 陳候補の選対事務所の広報担当者、李昆沢は「世論調査は実施機関により結果が異なる。いずれも参考になる」と話しています。

 調査結果によると、合併前の旧高雄市は陳候補を支持するが37%で、韓候補の32%をリードしました。旧高雄県では陳候補支持が33%、韓候補支持が31%と接近しています。

 韓候補は、青物市場運営会社の台北農産運銷の元総経理。農漁民の期待が高いことが、旧高雄県地区の支持の高さに結びついてるとみています。
★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーー

 英紙タイムズはこのほど、中国による台湾いじめに対し、西側は米国任せにせず団結して抵抗するべきだとする社説を掲載しました。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えました。

 社説は、米議会で共和党と民主党の議員4人が先に提出した「台北法案」を受けたもの。同法案は、台湾に対し不利な活動を行った国に対し、制裁する権限を国務省に与えています。中国におもねり、台湾との外交関係を断絶する国に制裁を与える意味が含まれています。

 社説は、台湾が民主主義国であり、他の民主主義国に団結を求めることは、支持されるべきだとしています。

 さらに、中国のいじめは手慣れたもので、西側のホテルや航空会社に圧力をかけ、台湾を国として表記するよう強いており、企業はやむなく要求に合わせている。しかし、政府は企業とは立場が異なるのであり、米国と一致して台湾の利益を守るべきだと結論付けました。

↑このページのトップヘ