イノウエのたいわんブログ

ほぼ台湾の話題、時々中国…。

カテゴリ: 経済

2018 年2月19日風力発電 ドイツの4大発電会社の一角、EnBWが12日、台湾・彰化沖の海上風力発電所「海鼎風場」への出資を表明しました。上緯国際投資控股(台湾・南投県)とオーストラリアの投資銀行、マッコーリーキャピタルの合弁事業で、EnBWは37.5%を出資します。風伝媒が伝えました。

 海鼎風場は彰化沖の38~62キロにあり、発電設備容量は2ギガワット(GW)。環境影響評価には合格しており、2021年には完成の見通しだということです。

 EnBWは従業員約2万人の大手発電会社ですが、2013年からグリーン・エネルギーへの転換を始めました。ヨーロッパでは既に336メガワット(MW)の風力発電所を運営しています。ヨーロッパ以外への進出は今回が初めてです。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 台湾の洋上風力発電は、世界大手のデンマークのドン・エナジー(デンマーク)も進出を決めるなど、ヨーロッパの風力発電大手の台湾進出が続いています。


台湾の風発の主体が海上の稀有な国

 ニュースサイトの風伝媒の論評によると、他国で風力発電は陸上が主力、海上が補助ですが、台湾は海上が主力の稀有な国だそうです。山がちな国土で人口が多く、風力発電にふさわしい土地が余りに少ないためです。

 しかし、海上風力発電の発電コストは陸上の2倍。そして、台湾の電力需要のピークは夏なのに、台湾は夏に風が最も弱くなります。発電設備容量の5~6%しか供給できないそうです。

 台湾政府は6000億元(約2兆2000億円)で600基、発電設備容量300万キロワット(kW)の風力発電所を造る計画です。しかし、6%であれば夏のピーク時に18万kWしか供給できないことになります。

 天然ガス火力発電なら、30億元(約110億円)で発電容量20万kWの設備1つの設置できてしまいます。

発電コストは原子力の6倍
 
 秋と冬は台湾で強い風が吹きますが、不安定な風力発電に頼らなくても、電力は十分に足りてしまいます。

 風力発電は二酸化炭素の排出ゼロのメリットがあるとの主張がありますが、原子力発電も二酸化炭素は出しません。そして1MW当たりの発電コストは原発の1元に対し、風力発電は6元もかかります。
 
 論評は、そうまでして海上風力発電所を整備する必要があるのかと疑問を投げかけています。筆者は傾聴に値するの意見と思います。

2018 年2月6日honghai トランプ米大統領の「アメリカ・ファースト」に素早く応じ、ウィスコンシン州への工場建設を決めた、EMS(電子機器受託生産)世界最大手、鴻海(ホンハイ)精密工業ですが、米国でのイメージアップにも投資する必要がありそうです。蘋果日報が伝えました。(写真は蘋果日報のキャプチャー)

 米経済メディアの「24/7 Wall St.」が消費者の満足度調査の結果などに基いてまとめた「アメリカが大嫌いな企業」ランキングで、ホンハイが第6位に入りました。

 離陸前の機内から定員超過を理由に乗客1人を引きずり下ろした問題で非難を受けたユナイテッド航空や、就任1年後としては史上最低の支持率に悩む、トランプ大統領が率いるトランプ・オーガナイゼーションより上位となっています。

 ホンハイは、中国工場で厳しい労働・生活環境を苦にしたとみられる自殺が相次いだことがイメージを悪くしました。また、ウィスコンシン州では、工場用地取得をめぐり政府が土地収用権を乱用したとして、ホンハイの進出差し止めを求める訴訟を住民が起こしたことも評価に影響したそうです。

 なお、米国人が大嫌いな企業の1位は、1億4450人の個人情報漏えい事件を起こした米信用調査会社「エクイファックス」。昨年7月末の事件発生後、1カ月半もたってから公表したことや、集団訴訟に参加しないよう消費者に求めたことが、反発を招いたということです。

2018 年2月5日第二原発 故障のため600日余り停止している台湾第二原子力発電所(新北市万里区)について、台湾電力は5日、行政院の指示で再稼働の準備を始めたことを明らかにしました。近く行政院原子能委員会に再稼働を申請するということです。蘋果日報が5日伝えました。(写真は蘋果日報のキャプチャー)
 
 第2原発は2016年5月、大規模修繕を終え送電を始めた直後に緊急停止しました。台湾電力によると、避雷設備が経年劣化で故障しショートしたことが原因でした。台湾電力は修理を終え、行政院原子能委員会も16年末に審査を終えましたが、立法院の専門委員会の要請で停止が続いていました。

 台湾の原発は第一から第三まで3カ所あり、6つの発電設備が設置されています。現役は第二原発2号機と第三原発の1、2号機です。第一原発の1、2号機は故障に加え使用済み核燃料プールが満杯であるため停止しています。うち1号機は、今年末に運転期間が満了しますが、今のところ延長や再稼働の予定はありません。

2018年1月31日 与党・民進党の高志鵬立法委員(議員)がこのほど、新しい台湾元紙幣デザイン案のコンテストを始めたところ、人物の肖像画で選ばれたのは歌手のテレサ・テン(鄧麗君)だけとなっています。聯合報が伝えました。(写真は聯合報のキャプチャー)
 
 高委員は昨年、故・蒋介石総統や孫文の肖像が描かれた紙幣を改めるよう提案。「国家紙幣デザイン委員会」の設置や、紙幣デザインの選定プロセスへの市民の参加を求めています。このほどネットメディアと共同で「新。紙幣デザインコンテスト」という活動を始めました。

 専門家が選んだ応募作品の中から、最も気に入ったものを一般市民にネット上で投票してもらうやり方で進められ、コンテストの最終結果は2月27日に発表されます。専門家の選考でこれまでに、原住民のトーテム、玉山などの風景、野生動物、台北101などの建築などのデザイン案が残りました。
 
 「タピオカ・ミルクティー」、「色覚異常検査表」などユニークな作品もありました。人物の肖像画はこれまでにテレサ・テンだけだということです。専門家の評価が高かったのは、台北101の絵を載せた2000元札、台湾固有の鳥、サンケイをあしらった1000元札などでした。

2018年1月16日 中国人観光客の激減で逆境にある台湾観光業の中で、若者に人気の台北「西門町」は訪れる観光客が増え続け、一人勝ちになっています。もともとツアー客頼みでない上、東南アジアを重視する政府の「新南向政策」で、タイやベトナム客が増えていることも賑わいの源となっています。蘋果日報が伝えました。(写真は蘋果日報のキャプチャー)

 西門町の商店会「西門徒歩区街区発展促進会」によると、昨年、西門町を訪れた客は毎月平均260万7000人で、前年の257万2000人を上回りました。台湾の他の観光地が閑散とする中、西門町の人通りの多さは目立っています。

 同会によると、西門町は食事、カラオケ、映画、宿泊、街歩きなど、色々な楽しみを満たせる上、治安が良好。商店や露店は定価販売で、だましやぼったくりがほとんどないのも安心です。

 西門町は若者の文化の発信地で、タレントらによるイベントが多いことも魅力の一つ。また最近は、政府の「新南向政策」のお陰でタイ、ベトナム、タイ、フィリピン、カンボジアの客がどんどん増えているそうです。

 もともと中国のツアー客頼みでなかったことも、西門町の強さの一因のもよう。町内の飲食店主は「中国のツアー客は、半時間も観光すればバスに乗って行ってしまい、小店に寄ることもなかった。中国客が来なくても影響は小さい」と話しています。

 また、香港の観光客にとっては、物価が低いことも大きな魅力となっているそうです。

↑このページのトップヘ