井上雄介のたいわんブログ

ほぼ台湾の話題、時々中国…。

カテゴリ: 文化

 文語文2019年導入の高校国語科の指導要領を巡り、四書五経など「文語文」が占める割合を巡る論争で、教育部国民学前教育署の邱乾国署長は10日、専門家45人による課程審議会の表決で45~55%にすることを決着めたと発表しました。新頭穀が10日伝えました。(写真は風伝媒のキャプチャー)
 
 風伝媒によると、指導要領案を作成する国家教育研究院が当初45~55%とする案をまとめましたが、教育部の課程審議会で、30%に引き上げるべきだとの提案が出てけんけんがくがくの議論が巻き起こりました。結局、「文語文」重視派の勝利に終わりました。

 文語文は儒教思想と絡むので、単に教養の問題というより政治とも関わりがあります。中国文明を相対的にみるかどうかで、文語文へのスタンスが違うようです。戦後、日本で漢文教育がほとんど消滅した背景と通い合うものがあります。

 自由時報によると、今回の文語文重視派の勝利に対して、台湾清華大台湾文学研究所の陳万益名誉教授は「とても失望した。古い国語教育体制にまだがんじがらめになっている」と話しています。高校の教師ら現場からも、もっと口語文の割合を増やすべきとの意見が挙がっています。

 今回の決定に際し、教育部も思想面で配慮をしており、教材の「中華文化基本教材」は「四書」に限らず、墨子や莊子など儒家以外の諸子百家からも採用することを決めました。

大行進 台北市で行われていた第29回ユニバーシアード夏季大会が30日閉幕し、台湾の選手団とスタッフ約200人が31日、台北市内でパレード「台湾英雄大行進」を行いました。上報などが31日伝えました。(写真は上報のキャプチャー)

 教育部と台北市が主催したもので、沿道には市民多数が駆けつけ声援を送りました。選手だけでなく、コーチ、医師団、救護スタッフらも招かれ、ともに声援を浴びました。

 聯合報によると、選手団を載せた車列は台北市中心部の総統府前の「凱達格蘭大道」を出発。繁華街の忠孝東路などを通り、台北市政府前広場に到着しました。

 広場では台北市の柯文哲市長、林徳福・教育部体育署長が一行を迎えました。続いて陸上のやり投げで金メダルの鄭兆村、重量挙げで金メダルの郭◆淳(◆は女の右に幸)の両選手が選手団を代表してあいさつしました。

 鄭選手は「国民が努力して主催国の有利さを発揮してくれた。私は手を離れたやり。未来にどんな逆風が吹いても、最も高くまで、遠くまで飛んでいきたい」などと語り、会場から歓声を浴びました。

 郭選手は「台湾のために金メダルを奪い、自分の土地で世界記録を打ち破ったことをみなさんに見てもらえて嬉しい」などとと語った上、ボランティアを含む関係者の努力と、観客の応援に感謝の言葉を述べました。

 今回の夏季大会で台湾選手団が獲得したメダルは金26、銀34、銅30の計90個で過去最高となりました。期間中の観客は延べ70万人に上りました。

 日本オリンピック委員会によると、日本選手団は金メダル37個を獲得。銀メダル27、銅メダル37と合わせて計101個となりメダル獲得ランキングで夏季大会で初めて1位となりました。

開幕式妨害事件、台北警察のトップの首つながる

 8月19日の開幕式の際、蔡英文政権が進める年金制度改革に反対する元公務員、軍人らの団体メンバー約200人が会場入口近くで警察と衝突。選手団の入場を一時妨害する騒ぎが起き、多くの市民の怒りを買いました。

 パレードに参加した柯市長は事件について「国家安全局、憲兵隊、内政部警政署、台北市警察局が一緒になって、治安システム全般について反省するべき。誰の誤りだったかを言う必要はない」と総括しました。この一言で、邱豊光・台北市警察局長の首を免れたということです。

 天孫降臨 時事通信社の北京支局長、上海支局長などを務めた、信太謙三(しだ・けんぞう)さんが初めての小説を出版しました。「天孫降臨 日本縄文書紀」(花伝社・価格1500円+税)です。
 
 IT技術の発展、インターネットの普及、人とモノの流れの拡大などによって、地球規模での国際化が急速に進んでいます。もちろん、日本も例外でありません。しかし、この大きな潮流に逆らうように、特定の民族などに対するヘイトスピーチも起きています。
 
 しかし、歴史を振り返ってみれば、古代日本には多様性がありました。中国大陸や朝鮮半島、東南アジアやロシア極東地域、南太平洋などから、さまざまな人たちが日本列島に移り住み、国家としての基礎を作り上げていきました。
 
 本著は日本で稲作が始まったとされる今から2300年前の縄文晩期を舞台にしたエンタメ小説です。
 
日本列島の先住民である倭人の娘と中国大陸の戦乱から逃れた華人の息子との間に生まれた巫女ポポが、朝鮮渡来人の血も引く甥のタケと共に、チクシ(筑紫)支配を狙う半島のカラ国や稲作のために倭人から土地を奪おうとする半島からの渡来人と戦いながら、日本で初めての国を造り上げていくという物語です。
 
 古代船での大航海あり、脱獄あり、大海戦あり。男女の悲しい恋もあって、決して読者を飽きさせません。フィクションと言いながら、当時の日本の国際化の状況を、綿密な歴史研究に基づき、まるで映画のようにみせてくれます。元記者の習性として「ほう」と読者を驚かせるような、多くの人が知らない事実を随所に盛り込んだそうです。
 
信太さん顔写真 著者(写真)は時事通信社で北京と上海の支局長を務めたジャーナリストで、東洋大学で10年間教鞭をとりました。信太さんは「日本という国がいったいどういう国で、日本人がどういう民族なのか、この物語を楽しみつつ、考えてもらえばありがたい」と語っています。






北京特派員 (平凡社新書)
信太 謙三
平凡社
1999-07

巨竜のかたち―甦る大中華の遺伝子
信太 謙三
時事通信出版局
2008-05


高雄武徳殿 高雄市鼓山区の市指定史跡「武徳殿」でこのほど、剣道など日本武道や舞踊、茶道などの日本文化を紹介する恒例の催し「武徳祭」が行われました。ニュースサイトの新頭殻が21日伝えました。(写真は新頭殻のキャプチャー)

 高雄市政府文化局によると武徳殿は、日本統治時代の台湾総督府高雄州警務部の「大日本武徳会支部」の建物で、大正13年(1924年)に完成し、高雄警察署が管理していました。警察官らの武道の稽古場として剣道場と柔道場に分かれていました。
 第二次大戦後は、鼓山区国民学校(小学校)の宿舎として使われましたが、その後空き家となり、一時は荒れ果てていたということです。

 1999年、高雄市民政局が史跡に指定。03年に高雄市文化局が発足後、1年かけて修復が行われました。高雄市剣道文化促進会が運営を受託していましたが、16年から文化部が直接管理するようになりました。

 日本統治時代、台湾各地に武徳殿が建てられましたが、当時の姿をとどめているのは高雄市を含めわずかとのこと。高雄の武徳殿は、日本と台湾の伝統建築様式が融合した美しい建物です。

 武徳祭では毎年、地域の人々に日本文化を体験してもらう活動が行われています。今年は、日本舞踊、茶道、華道の体験イベントが行われたとのことです。

中国・天津にも残る武徳殿
 
 天津武徳殿私事ながら筆者が留学した中国・天津市にも武徳殿が天津市の歴史的建築に指定され当時のままの姿をきれいにとどめています。現在は天津医科大学本部病院図書館です。

 筆者が1989年に留学当時、武徳殿は病院付属(当時は大学病院ではなかったと記憶)の建物として使われ、荒れた感じでした。その後、修復して建築当時の姿を取り戻したようです。

 天津の武徳殿は、日本の1930年代に流行した帝冠様式という鉄筋コンクリート造の建物に和風の瓦屋根を載せた様式です。

 筆者としては、高雄武徳殿の方があまり厳しくなくて親しみが持てます。大正の建物だからでしょうか。台湾らしい橙色のレンガが美しいですね。

 英国風レストラン2台北のオフィス街、松江南京地区に英ロンドンの邸宅内を模したカフェバー「Bagel Bagel Cafe Bar」が開業、落ち着いた内装の店内で静かに食事やコーヒー、酒を楽しめる場として、周辺の会社員らに人気だそうです。上報が伝えました。

 店はビルの地下にあり目立つ看板もありません。入り口付近は欧州の紳士服店のような造りで、初めて訪れる客は店を間違えたかと思うようです。

 店内には経営者が集めた絵画や美術品が飾られ、別世界に来たような感じになるとか。テーブルや椅子は木製で、重厚な雰囲気。ウィスキーやカクテルを出すカウンターもあります。上報は、スパイの紳士が密談でもしていそうだと書いています。

 周辺の会社員のため、朝食やパスタなどの昼食も出すそうです。夜は仕事帰りに夕食のほか、音楽を聞きながらゆったりと洋酒を楽しめます。幸い料理は英国風ではないようですね。

 台湾のいつもの賑やかな飲食店に飽きたら、気分転換に良いかもしれません。台北地下鉄・松江南京駅6号出口近くにあるそうです。

↑このページのトップヘ