井上雄介のたいわんブログ

ほぼ台湾の話題、時々中国…。

カテゴリ: 街歩き

32牛肉麺2 台湾北部、新北市永和区の頂溪に滞在しています。台北市から、淡水河の支流である新店溪を渡った南岸で、東京からみた神奈川・川崎みたいなところです。地元の人のおすすめで、当地の名店「原汁・老黄牛肉麺」を食べてみました

 頂溪はさえない店が多い中、「原汁・老黄牛肉麺」は行列ができてました。台湾で牛肉麺は珍しくもないですが、麺の太さが選べるのは初めてでした。この店の看板は、極太のうどんのような麺で、強いコシがありました。肉もやわらかくて味がありました。「雪菜」という漬物を盛り付けて食べます。普通盛りで1杯110台湾元(407円)。ちょっと高めでした。

 個人的には、台湾の他の店と同様、つゆが薄味でちょっと物足りないように思いました。ただ、醤油煮のたまごや昆布など、おかずと一緒に食べる客も多いですし、台湾の人はつゆを全部飲むので、このぐらいでちょうどいいのかもしれません。

 筆者は90年代、中国・天津にいたことがあるので、牛肉麺というと蘭州牛肉拉麺の方が馴染みがあり、どっちかというとこちらの方が好き。トウガラシが効いたつゆに、酢をかけまわして食べるのはうまかった。当時、牛肉麺とは名ばかりで、肉はまったく入っていませんでしたが。

 58牛肉麺「原汁・老黄牛肉麺」は、MRT頂溪駅近くの信義路沿い。台北市中心部からMRTで15分ほどです。

高雄武徳殿 高雄市鼓山区の市指定史跡「武徳殿」でこのほど、剣道など日本武道や舞踊、茶道などの日本文化を紹介する恒例の催し「武徳祭」が行われました。ニュースサイトの新頭殻が21日伝えました。(写真は新頭殻のキャプチャー)

 高雄市政府文化局によると武徳殿は、日本統治時代の台湾総督府高雄州警務部の「大日本武徳会支部」の建物で、大正13年(1924年)に完成し、高雄警察署が管理していました。警察官らの武道の稽古場として剣道場と柔道場に分かれていました。
 第二次大戦後は、鼓山区国民学校(小学校)の宿舎として使われましたが、その後空き家となり、一時は荒れ果てていたということです。

 1999年、高雄市民政局が史跡に指定。03年に高雄市文化局が発足後、1年かけて修復が行われました。高雄市剣道文化促進会が運営を受託していましたが、16年から文化部が直接管理するようになりました。

 日本統治時代、台湾各地に武徳殿が建てられましたが、当時の姿をとどめているのは高雄市を含めわずかとのこと。高雄の武徳殿は、日本と台湾の伝統建築様式が融合した美しい建物です。

 武徳祭では毎年、地域の人々に日本文化を体験してもらう活動が行われています。今年は、日本舞踊、茶道、華道の体験イベントが行われたとのことです。

中国・天津にも残る武徳殿
 
 天津武徳殿私事ながら筆者が留学した中国・天津市にも武徳殿が天津市の歴史的建築に指定され当時のままの姿をきれいにとどめています。現在は天津医科大学本部病院図書館です。

 筆者が1989年に留学当時、武徳殿は病院付属(当時は大学病院ではなかったと記憶)の建物として使われ、荒れた感じでした。その後、修復して建築当時の姿を取り戻したようです。

 天津の武徳殿は、日本の1930年代に流行した帝冠様式という鉄筋コンクリート造の建物に和風の瓦屋根を載せた様式です。

 筆者としては、高雄武徳殿の方があまり厳しくなくて親しみが持てます。大正の建物だからでしょうか。台湾らしい橙色のレンガが美しいですね。

 英国風レストラン2台北のオフィス街、松江南京地区に英ロンドンの邸宅内を模したカフェバー「Bagel Bagel Cafe Bar」が開業、落ち着いた内装の店内で静かに食事やコーヒー、酒を楽しめる場として、周辺の会社員らに人気だそうです。上報が伝えました。

 店はビルの地下にあり目立つ看板もありません。入り口付近は欧州の紳士服店のような造りで、初めて訪れる客は店を間違えたかと思うようです。

 店内には経営者が集めた絵画や美術品が飾られ、別世界に来たような感じになるとか。テーブルや椅子は木製で、重厚な雰囲気。ウィスキーやカクテルを出すカウンターもあります。上報は、スパイの紳士が密談でもしていそうだと書いています。

 周辺の会社員のため、朝食やパスタなどの昼食も出すそうです。夜は仕事帰りに夕食のほか、音楽を聞きながらゆったりと洋酒を楽しめます。幸い料理は英国風ではないようですね。

 台湾のいつもの賑やかな飲食店に飽きたら、気分転換に良いかもしれません。台北地下鉄・松江南京駅6号出口近くにあるそうです。

 はません台湾を代表する高雄港の美しい夕景を楽しむ粋なクルージング「哈瑪星(ハマセン)夕日便」の運航が今年4月から始まり人気を集めています。同便を運航する船会社、高雄市輪船公司は、夏休みの7~8月の書き入れ時に6便を増便することを決めました。16日付自由時報などが伝えました。(写真は聯合報のキャプチャー)

 哈瑪星夕日便は午後6時に鼓山漁港の鼓山フェリーターミナルを出港し、約40分かけ夕日の中、高雄港内を一周します。歴史ある「高雄港第一港口防波堤」を経て本港に入り、出入りする大型コンテナ船などを間近に眺めた後、海軍の造修船工場付近を通ってフェリーターミナルに戻ります。

 同社によると、夕暮れ時、外海から高雄港に夕日が差し込む様子は絶景とのこと。船上で食事を楽しめる航行時間100分の便もあります。子連れでもカップルでも楽しめると思います。

 ウィキベディアによると、哈瑪星は高雄市鼓山区の地名で日本語の「浜線(はません)」が語源。一帯は日本統治時代、航道整備の浚渫(しゅんせつ)土による埋め立てで造成され、漁港や魚市場が作られました。現地に敷かれた鉄道「浜線」の台湾語読み「ハマセン」が一帯の通称になったそうです

seihin 台北市の地下鉄淡水線中山駅近くの百貨店、新光三越の「南西2館」が来年5月に賃貸契約終了とともに閉館し、書店とおしゃれ雑貨の販売で人気の誠品が入店するとのうわさが出ています。中央社が14日伝えました。(写真は中央社のキャプチャー)

 新光三越は「まだ賃貸契約期間中で正常に営業している」、誠品は「適切な時期がくれば説明する」とそれぞれ話し、ほぼうわさを肯定しています。

 誠品は今年3月、台北地下鉄(捷運)の中山~台北駅間の長大な地下書店街の経営権を落札しました。同書店街は面目を一新し「誠品R79」としてし15日開業します。

 「誠品R79」に隣接する新光三越の「南西3館」を、誠品が入手するとのうわさが5月に出ていました。

 台北市政府は、淡水線と地下書店街の上に長く伸びる「中山線形公園」ショッピング街の拡大計画に取り組んでいます。地上への誠品はこの計画にも沿ったものとなります。

 誠品は、センスの良い日用品や洗練された内装の店舗で知られ、台湾だけでなく香港、中国本土でも出店し若者らの人気を集めています。誠品が「誠品R79」に加えて地上にも進出すれば、中山駅周辺に文化的な雰囲気が漂う新しい街区になる可能性があります。

 中山駅一帯は、台北101などがある東区の繁華街に比べ、やや時代遅れの雰囲気があり、地下書店街もこれまで閑散としていました。今後は人気の地区として再浮上するかもしれません。

↑このページのトップヘ