井上雄介のたいわんブログ

ほぼ台湾の話題、時々中国…。

カテゴリ: 軍事

国防総省次官補 16日付聯合報によると、米国防総省のデビィッド・ヘルビー(David Helvey)アジア・太平洋担当国防次官補代理らが14日、米首都ワシントンのシンクタンク「グローバル台湾研究所」で講演し、徴兵制から志願兵制への移行を念頭に、台湾軍に対しマンパワーの点検をしっかり行うとともに、人材のリクルートに力を入れるよう提言しました。今後のマンパワーの低下に懸念を示したと言えそうです。(写真は聯合報のキャプチャー)

 ヘルビー氏が示したマンパワーの点検の中身とは、現役と予備役軍人のバランス、予備役軍人の役割の再考、予備役軍人と社会との関係について目配りなどです。予備役を充実させて、いざという時、下級士官を中心に即座に動員できる態勢を整えよということかと思います。

 ウォレス・グレグソン前国防次官補も講演し、台湾軍が志願兵制へ変更しようとする中、若者に対し軍人になることの利点について正確な情報提供が行われていないと指摘しました。リクルートに熱心に取り組むよう提言したものと言えそうです。

 米軍では退役軍人に対し、失業保険の給付、高等教育や職業訓練向けの補助金など手厚い福利厚生制度があるそうです。グレイソン前次官補は、台湾でも若者の軍隊への参加を促すため同様の制度が考えられると述べました。

台湾軍の機密保持能力に疑義

 ヘルビー氏はまた、米台の防衛協力の強化にとって、台湾側の秘密保持が課題だと指摘しました。ベルビー氏は、台湾と米軍需産業間で緊密な連係が必要と述べましたが、そのためには台湾側の秘密保持が前提になると指摘しました。

台聯・社民党 2018年の地方選挙を前に、弱小野党の社会民主党が台湾団結聯盟(台聯)と連携に向け接触を始めました。社会民主党は、緑党など他の小政党との連携も模索しています。台湾が徴兵制から志願兵に移行する中、台聯が「徴兵制」の継続を主張、社会民主党も、軍隊の文化が変わることを前提に国民皆兵を主張し注目を集めています。風伝媒が伝えたました。(写真は風伝媒のキャプチャー)

 社民党の代表の范雲氏は、台聯だけでなく2016年の国政選で同じ候補者を推薦したことのある緑党、第3勢力と呼ばれる有力野党の時代力量も協力の対象になると話しています。

 台聯の前立法委員の周倪安氏によると、地方選挙は1つの選挙区で複数当選者が出る制度のため、小政党も選挙協力すれば当選者を出せるそうです。社民党は首都圏の新北、台北の両市で若者の支持者が多く、台聯は中・南部で強いため互いに補い合えそうです。

台聯は女性含む徴兵制主張

 徴兵制の問題で台聯は、敵意を持つ隣国の中国に対し、志願兵制は安全保障の必要を満たせないとしています。また、徴兵制を復活する場合、女性も対象として排除するべきでないとしています。

 社民党の范氏も志願兵制は階級問題に絡むとして反対です。兵役は公民の義務なのに、志願兵制だと資産のない人が就く傾向があり、社会民主主義の理念に反します。范氏も、中台関係が厳しいため、完全な志願兵制は安全保障の必要に合わないとしています。
 
 ただ、范氏は「洪仲丘事件」(2013年7月、台湾陸軍で懲罰をきっかけに下士官が死亡した事件)などが再発しないよう軍隊を改革して国民の信頼を取り戻すことが先決だと指摘しました。また、女性を含む国民皆兵も検討に値するとしています。

 范氏の主張をみると、リベラリズムと国民皆兵の主張が一貫しています。日本でもリベラリズムの論客、井上達夫・東京大教授が「軍事力を無責任に濫用しないため、自分たちに課すシバリとして」、軍事力を持つ選択をした場合は、無差別公平な徴兵制にするべきだと主張しています。

 国家に責任を持つリベラル。台湾の社民党はレーニン主義的な国家観ではないうようで、信頼できる野党だなと筆者は思います。

台湾軍事力配置図 中国の民間軍事研究機関「知遠戦略防務研究所」がこのほど、台湾の軍事力の配置を極めて詳細に描いた地図を販売しました。部隊の配置、ミサイルの射程、防空の範囲など詳細を極めています。聯合報などが25日伝えました。(写真は同研究所のサイトより)
 
 台湾国防部の陳中吉報道官は「地図の内容はすべて、公開資料から収集したもの」とした上、台湾軍の保秘はしっかり行われていることを強調しました。一方、地図の内容の真偽について国防部は確認を避けました。
 
 地図は台湾陸軍の3大軍団、3大指揮部、ミサイル指揮部のほか、海軍、空軍の基地所在地、編成、兵力などが細かく記されています。さらに「台湾地対地ミサイルのカバー範囲」、「台湾の海洋センサーインフラ、防空・ミサイル防衛システム」「台湾防空ミサイルと天剣ミサイルのカバー範囲」などの図も添えられています。

 聯合報の取材に対し、同研究所は地図の情報源について「公開の情報とルートから入手した」と述べました。

台湾軍の把握情報が少ないことこそ問題

日本軍事力配置 自由時報によると、台湾海軍士官学校元教官の呂礼詩氏は「戦争となれば画像情報だけでなく部隊の動態情報も必要となる。軍事力配置の地図に大騒ぎする必要はない。ただ、中国がわが方の部署を正確に把握しているのに対し、台湾軍部の情報収集の成果に限りがある。このことを憂慮するべきだ」と話しています。(日本軍事力の配置図もあります=左の写真=。同研究所サイトより)

 地図は同研究所のサイトから無料でダウンロードできるほか、大型の印刷版も3000人民元(約5万円)で売っているとのことです。

 同研究所は2001年「米国軍事サイト」として発足し、2008ねに研究所に改組。13年4月に設立許可を得ました。本部は江蘇省江陰市。北京にも支部があります。

掃海艇 台湾・高雄の造船メーカーで、台湾海軍から掃海艇の建造を受注した慶富造船の陳偉志副董事長が、中国本土福建省・東山島の解放軍の演習場近くでビーチリゾート計画に関与していることが分かりました。上報が報じた。

 慶富造船は、台湾海軍から掃海艇6隻の建造を受注した。しかし今年4月、同社が、掃海艇の心臓部で基幹部品のソナーを、仮想的の中国企業から調達しようとしていたことが明るみに出ています。ビーチリゾート開発計画は、慶富造船の中国本土との緊密ぶりを改めて浮き彫りにしました。

 東山島は高雄の南西約300キロ。解放軍が対台湾作戦の陸海空合同演習を行う場所として知られています。慶富造船の陳副董事長は、ここに南太平洋のポリネシアをイメージしたビーチリゾートを建設することを計画しています。

 陳副董事長は今年7月、慶富造船のグループ会社の代表として東山県政府を訪れ、リゾート開発に関する会議に出席しました。その模様は地元テレビのニュース番組で放映されています。

 慶富造船は2014年10月に掃海艇6隻を落札しましたが、まもなく香港企業と、ソナー・システムを2000万米ドルで調達する契約を結んでいたことが分かりました。

 台湾企業が中国ビジネスを行うのは全く自由ですが、防衛装備品の発注先となれば話は別。台湾国防部は、たるんでいた言われても仕方がないと思います。

軍服 台湾国防部は8日、陸海空3軍の冬用制服を丈の短い「アイゼンハワージャケット」タイプに一新することを明らかにしました。今年12月から順次、交換して行きます。馮世寬国防相もお気に入りとのことです。8日付聯合報が伝えました。(写真は聯合報のキャプチャー)
 
 同部の陳中吉報道官によると、新制服は「端正さ、格好良さ、快適さ」の3つを追求し、台湾のメーカーにデザインと材料の選定を委託しました。将兵に軍人としての自信と誇りを高めてもらうことを目指しました。

 当然、陸海空の軍種ごとに色を変えています。襟には軍種と兵科を示す襟章、右腕には「団体ワッペン」が縫い付けられ、左前みごろには「兵籍名札」、左前みごろには略章を着けます。

 軍服の一新はかなり費用が掛かると聴いています。費用を装備に回した方が良いような気もしますが、これで士気が高まるなら意味がありますね。

↑このページのトップヘ