井上雄介のたいわんブログ

ほぼ台湾の話題、時々中国…。

カテゴリ: 事件・事故

2017年11月9日ミラージュ 台湾空軍のミラージュ2000-5型単座戦闘機が7日、基隆の北東沖90カイリ(約167キロ)の海上で夜間訓練飛行中に行方不明になった事件に絡み、8日付台湾紙・聯合報は、製造元のフランス・ダッソー社からの部品納入の遅れのため、ミラージュは稼働率の低迷が長年続いていると報じました。部品の価格が高いことも稼働率の低さにつながっているそうです。(写真は聯合報のキャプチャー)

 台湾空軍は稼働率の低さを認めていません。しかし同紙は、費用節約のため、環境問題を理由にミラージュ機の稼働を控えていたのは事実だとしています。

 ミラージュ機の失跡の原因について、空軍は7日、原因が機体のトラブルであるか、操縦ミスなど人為的なものかまだ特定できないとしています。ただ、同紙によると、稼働率の低迷で操縦士の飛行時間が減り続けていることが、原因との見方も否定できません。

 聯合報によると、ミラージュ機が台湾空軍に配備されてから今年で20年になります。これまでに1999年、2001年、12年、13年に事故などで計4機が失われ、操縦士4人が殉職しています。

 2017年11月8日ミラージュ台湾空軍のミラージュ2000-5型単座戦闘機が7日、基隆の北東沖90カイリ(約167キロ)の海上で夜間訓練飛行中、連絡が途絶えました。戦闘機は墜落したとみられ、蔡英文総統は、操縦していた何子雨大尉(29)を全力で捜索するよう国防部などに指示しました。8日付蘋果日報が伝えました。(写真は蘋果日報のキャプチャー)

 国防部、行政院海岸巡防署(海巡署)が艦艇や航空機で捜索を続けていますが、何大尉の行方は分かっていません。

 何大尉は7日夕、他のミラージュ戦闘機3機とともに新竹基地を出発。台湾北部の訓練海域に向かいました。ところが同日午後6時43分、何大尉が操縦する2040号機がレーダーから消えました。

 台湾空軍は直ちに救援ヘリS70Cを訓練海域に派遣。C130輸送機も急行して照明弾を発射し救援を支援しました。艦艇も向かいましたが、海上の気象条件が悪く、捜索は難航しています。

過去の5機が行方不明

 フランス・ダッソー社製のミラージュは、米国製のF16、国産の経国と並び台湾の3大主力戦闘機の1つで、台湾空軍は1989年に60機を調達しました。台湾海峡中間線と北部区域の防衛を担当しています。

 操縦ミスなどにより、これまでに4機が事故で失われ、操縦士4人が殉職しています。

 台湾空軍は今回の事故を受けて、ミラージュ戦闘機全機の飛行停止と点検を指示しました。

2017年10月15日湖北事故 湖北省宜昌市の景勝地「三峡風景区」で15日午前9時45分ごろ落石事故があり、遊歩道を歩いていた台湾のツアー客3人が死亡2人が重傷を負いました。3人は映画館・劇場の業界団体「台湾省戯院公会」のメンバーで著名映画業界人でした。聯合報が15日伝えました。〈写真は中国時報のキャプチャー)

 死亡した3人は、高雄市の劇場・映画館「高雄三多戯院」董事長の王雪紅(55)、映画館チェーン「国賓影城」のマーケティング責任者、葛世強(54)、ベテラン配給業者の李志強(49)の3氏です。

 うち葛世強はかつて20世紀フォックス(当時)の配給部門の責任者で、1990年代に「スピード」、「エイジ・オブ・イノセンス」、「日の名残り」などの米ハリウッド映画の台湾上映を決断し大ヒットさせました。

 葛氏は美声の持ち主で、長らくラジオ局の番組でパーソナリティを務めました。また、フェイブックではグルメの話題を多く掲載して人気を呼んでいました。

 王氏は、高雄市の地方劇の劇場が発祥の三多戯院の二代目経営者。李氏は、台湾中南部の映画館に対し配給業をしていました。大小の事務を嫌がらずにこなし、業界の信任が厚かったそうです。

 台湾の映画界では3人に対する哀悼の言葉が、ネットのSNSなどに次々とアップされています。

 15日付中国時報によると、ツアーは台湾の東晟旅行社が主催し、死傷した5人を含む43人が旅行していました。ツアー客は全員業界団体のメンバーでした。けが人は現地の病院で治療を受けており、無事だった残り38人は10月19日、台湾に戻ります。

現場では10月から豪雨と水害

 中国新聞社によると、湖北省では10月初めから豪雨と水害が続き279万5900人が被災しています。5人が遭難した宜昌市は豪雨と水害の被災地でした。

張総裁2 台北市の台湾大学で24日午後行われた中国本土系の音楽イベント「中国の新しい歌声・上海台北音楽祭」をめぐり、抗議の学生と中台統一派の政党「中華統一促進党」のメンバーが衝突する事件が起きました。〈写真は聯合報のキャプチャー)

 27日付聯合報によると、学生側は4人が棍棒で殴られ負傷したことが分かり、台北地方法院検察署は26日、同党の張安楽総裁ら5人を取り調べました。

 同署は27日、張総裁らに対し殺人未遂容疑で10~25万元(約37万~93万円)の保釈金支払いと出国禁止を命じました。

組織犯罪や資金流入有無も捜査

 ニュースメディアの新頭穀によると、検察は同党の今回事件を治安事件として重視。専門捜査班を組織して、特定の政党やマフィアが暴力的な集団で市民活動を妨害していなかったか、組織犯罪や国外からの資金流入がなかったか調べると発表しました。

 また、専門捜査班は警察や法務部調査局のマネーロンダリング(資金洗浄)部門を指揮し、張安楽総裁や中華統一促進党の実態解明を行います。活動状況、メンバーと行動、資金の流れを調査し「反組織犯罪条例」、「政治献金法」に違反していなかったかも捜査する方針を明らかにしました。

中国新歌声 台北市の台湾大学の運動場を借り24日午後行われた中国本土系の音楽イベント「中国の新しい歌声・上海台北音楽祭」が、学生300~400人の抗議活動の結果、途中で中止に追い込まれる騒ぎが起きました。24日付聯合報が伝えました。(写真は上報のキャプチャー)
 
 音楽イベントは、中国本土のテレビ局の人気歌謡オーデション番組「中国の新しい歌声」の関連企画で、蘋果日報によると番組出身の中国の歌手らが多数参加し、台湾大学の運動場に特設されたステージで行われる予定でした。

 ところが、多数の学生が運動場付近で抗議活動を開始。「運動場を返せ」「統戦(中台統一工作)は学園から出て行け」、「われわれは台湾人だ。中国と台湾はそれぞれ別の国だ」などとスローガンを叫び強く反発しました。

 抗議活動を主催した学生は「イベントの工事のため、運動場にひびが入り使えなくなった。しかも、1週間も閉鎖されるので体育の授業ができない」と反対する理由を説明しました。

 抗議の学生が、ステージに物を投げるなどしたため、主催者が同日夕、イベントの中止を宣言しました。

↑このページのトップヘ