イノウエのたいわんブログ

ほぼ台湾の話題、時々中国…。

カテゴリ: 社会

2018年11月13日馬 ニュースメディアの風伝媒によると、台湾最高の映画賞、金馬賞の今年の審査団に、中国出身の大物女優、コン・リーさん(52)が4年ぶりに加わり、話題になっています。コン・リーさんは4年前、出演作が金馬賞の最高賞を逃し「不公正な賞だ。もう戻らない」と宣言し、席を蹴っています。(写真は風伝媒のキャプチャー)

 コン・リーさんは今年の第55回金馬賞に、アン・リー氏とともに審査団長の大役で臨みます。前回は啖呵を切って去ったのですから、記者会見で変心の理由を2回も尋ねられました。しかし、「個別の取材には、お話してもいい」とはぐらかしています。

 審査団長への就任は、世界的な大物監督のアン・リー氏の説得によるもの。アン・リー氏の依頼に、コン・リーさんは快諾したそうです。

 今回の金馬賞には、張芸謀氏の「影」がノミネートされています。名作「紅いコーリャン」で共演以来8年間も、張氏とコン・リーさんは恋愛関係にありました。金馬賞の授賞式で2人が顔を合わせる可能性についても、外界の注目を集めています。

 コン・リーさんは、かつての恋人の作品に公平な評価ができるのでしょうか。記者会見で尋ねられると「無私の心で決める」ときっぱり。審査団は17人おり1人1票。「わたしが何かしたくても、できません」と公平さを強調しています。

 コン・リーさんは第51回金馬賞(2014年)で「妻への家路」(帰来)がノミネートされましたが、「EXIT-エグジット-(迴光奏鳴曲)」に破れました。その際、「プロフェッショナルでなく、不公正な映画祭だ」と言い放ち、以降のかかわらないことを宣言しました。
 
 やはり映画人として、アン・リー氏の依頼は断れなかったということかも知れません。張芸謀氏と台湾の映画祭で再会というのも、なかなか劇的な場面と思います。

 2018年8月30日馬11月の地方選挙が近づく中、国民党分裂の恐れが高かった新竹県長選挙で、離党して出馬する方針を表明していた林為洲・国民党立法委員(議員)が29日、立候補を断念しました。(新頭穀のキャプチャー)

 ニュースメディアの新頭穀によると、林為洲氏の出馬断念は、馬英九前総統と王金平前立法院長(国会議長)が一致して奔走したことが大きかったようです。2人は不倶戴天の政敵で、2013年9月に激しい政争を演じました。

 馬前総統は、恩讐を超えて協力したのかとの記者の質問に「王金平氏の協力があったかどうかは知らない。みんなで一致して協力することは良いことだ」と卒なく答えています。

 ニュースメディアの信網によると、林・立法委員は、世論調査でそれなりの支持を集め、立候補に意欲的でした。しかし、新竹県は国民党と同じ青陣営で実力派の徐欣瑩・民国党主席が立候補を表明しており、林氏が出馬すれば分裂し、民進党など緑陣営に漁夫の利を与えることになります。

 国民党の呉敦義主席は激怒し、当初は党除名をちらつかせていましたが、次期立法院選挙で候補者名簿への登載を約束することで、林・立法委員に出馬を断念させました。背後には馬前総統と王前院長の尽力があったもようです。

 11月の地方選挙では、青陣営は台南市長選も分裂の恐れがありましたが、無党派での立候補に意欲を示していた前台南市警察局長の陳子敬氏が29日出馬を断念しました。

 国民党など青陣営は、11月の選挙に向け、着々と団結を強めています。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー

 今年七月十五日に予定される台湾与党、民進党の執行部である中央執行委員(中執委)・中央評議委員(中評委)の改選は、期限の六月十五日までに届け出た候補者数が議席数と同じ四十一で、同党の史上初めて無競争となることが決まった。同党関係者は、今年末の統一地方選挙を前に党の団結を優先したと説明している。


 総統府秘書長に就任した同党の重鎮、陳菊・元高雄市長が、周到な根回しで候補者を事前調整した。二年前の改選時、中執委の選挙で選ばれる最高執行部の中央常務委員(中常委)十人のうち最大派閥の新潮流派が三人を占め、中評委主任委員のポストも手に入れた。元行政院長の謝長廷氏(現・台北駐日経済文化代表処駐日代表)が率いる派閥は、中常委メンバーが史上初のゼロとなり、党内にしこりを残した。今回は陳秘書長と党秘書長洪耀福氏のあっせんで、新潮流派が中常委のポスト一つを投げ出すことに同意、各派閥が矛を納めた。


 陳菊氏は、党内の求心力低下に悩む蔡英文総統から三顧の礼で秘書長就任を請われ、格下ポストへの就任を周囲から強く反対されたが、押し切って就任した。陳氏の手腕は、蔡総統の期待通りといえそうだ。


ただ、同党史上初の無風選挙には批判も出ている。病気療養のため仮釈放中の陳水扁元総統はフェイスブックで、事実上、選挙権が奪われる上、選挙の透明性も残っているとして「民主主義の大後退」と強く批判した。


 陳元総統によれば、統一地方選挙で民進党の敗北はほぼ確実。「党内安定」を理由に異論を封じ、党主席・蔡英文総統の責任論を回避するための布石だと断じた。


2018年4月25日桃台湾桃園国際空港(桃園市)の滑走路や誘導路は穴だらけーー。台湾のベテラン機長が、桃園空港の惨状を写した写真6枚をフェイスブックにアップし「いいね」が2000を超えるなど反響を呼んでいます。聯合報が25日伝えました。(写真は聯合報のキャプチャー)

 機長によると、桃園空港は滑走路、誘導路ともあちこちに穴が空き、水たまりができており、飛行機のタイヤに穴が空くこともあるとか。

 機長は「乗員は操縦室内でスマートフォンの使用が禁じられており、長年、人に知られずにきた。桃園空港の滑走路はこれまで5年近く、穴が空いては修理するの繰り返し。真っ平だったことはない」と書いています。

 桃園空港は「写真は、南北を連絡する誘導路。飛行の都合から長時間閉鎖して修理できない。全部堀り返して修理するしかない」と話している。さらに「航空機のタイヤがタクシング中にパンクすることはありえない」と指摘しています。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーー

2018 年3月20日MA ニュースメディアの上報によると、退任前は人気低迷にあえいでいた馬英九前総統の人気が、最近数カ月間に回復しています。(写真は上報のキャプチャー)

 馬氏が春節(旧正月)前に揮毫し、印刷して配布した「春聯」約20数万枚は、市民の奪い合いになるほど。馬氏は春節で各地の道教や仏教寺院を参拝した時には、民衆の大歓迎を受けました。2020年の総統選挙への再出馬を求める声まで出ているそうです。

 馬前総統の人気は回復は、少なくともネット上では鮮明とのこと。馬氏が、大地震の被災地である花蓮の旅行記をフェイスブックにアップしたところ、「いいね」などのアクションをした読者の数は、ネット上で不動の人気を誇る柯文哲・台北市長に迫ったそうです。

台湾独立意識も低下、中国への評価上昇

 一部政治家によると、蔡英文政権の業績が芳しくないため、民衆の間に前政権を懐かしむ気持ちが起きていることと、馬氏の人気が関係するそうです。同じ理由で、台湾独立意識の低下や、中国を評価する意見の増加も同時に起きています。

 一方、民進党の許淑華・台北市議は「国民党にスター級の人物がいないため、馬前総統が盟主になっている。選挙に向けて、国民党が人気回復を宣伝しているだけ」と話しています。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーーーー

↑このページのトップヘ