イノウエのたいわんブログ

ほぼ台湾の話題、時々中国…。

カテゴリ: 社会

 

束見本 日本は今、「縄文ブーム」に沸いている。

 ここ数年、全国各地の縄文時代の遺跡やミュージアムを訪れる人は、「土偶女子」などと称される若い女性を中心に、確実に増えてきているとされ、日本最大級の縄文遺跡とされる青森県青森市の三内丸山(さんないまるやま)遺跡には、平成から令和にかけての10連休中、「1日平均約3000人が訪れた」(事務局職員)そうで、同遺跡は施設の充実やサービス向上のため4月6日から有料化に踏み切ったが、「大きな落ち込みはない」(同)という。

 また、東京・上野の東京国立博物館で昨年開催された特別展「縄文―1万年の美の鼓動」では、開催期間(7月3日から9月2日)中の入場者が35万人を突破した。生命がもつ凄まじいエネルギーを感じさせる火炎土器や多産と豊穣を祈ったとされるキュートな土偶などが、IT(情報技術)の進歩やAI(人口知能)の普及などによって人間の存在理由が改めて問われる中、人々の心を引き付けるのかも知れない。
 そんな中、稲作の伝来によって古代の社会が大きく変わった縄文晩期を舞台とする歴史エンタメ漫画が発売された。

 まんが 新日本縄文書紀 (KKベストセラーズ)で、女流漫画家・竹姫(ちくひめ)さんの作品。女性向け乙女コミック・時代モノ・オカルトモノ・ホラーなど多彩なジャンルを手掛け、多数のコミックスが発売されているが、代表作は「時遍路」(上下2冊)。松文館無頼コミックスから出版されており、女性自身で連載されていたものだ。また自身のpodcast番組を持ち、そこから歴史や民俗学に関する配信を行っている。実力派で、古代史への造詣も深い。そんな竹姫さんに縄文ブームについてきいた。


ーー今の縄文ブームをどうお思いですか?

竹姫 縄文をテーマにした展覧会やフェスティバルなどがあちこちで行われるようになり、これまであまり興味を持たなかった層や小さなお子さまなども縄文文化に目を向けるようになってきたといった印象があります。土偶や火炎土器などの造形の面白さを入り口に、歴史に興味を抱いていくということでもあり、凄くいいなと思います。
漫画中身
ーー竹姫さんも古代史ファンで各地の遺跡などをよく訪ねていらっしゃるとのことですが、きっかけは何ですか。縄文時代の海のルートの中で重要な位置を占める五島列島の福江島にも行ってらっしゃるとうかがいました。

竹姫 一番初めが何だったかというとはっきりとは覚えていないのですが、違和感から何かを推理していくのが好きだったというか…。子供の頃のことですが、「どうしてこの神社には拝殿とは別に奥の方に大きな石があるんだろう」と不思議に思って調べ始め、そこが土着の祭祀場などのあった場所と分かり、ワクワクしていました。古代の祭祀場の後に社殿が建てられることも多いんですよ。

 福江島など五島列島の島々は、キリシタン関係の重要な場所でもあり、取材で足を向けましたが、古代から人々が生活をしていた場所であり、出土品からも彼らの息遣いを感じることができます。今回の作品にも出てくる漁の場面ですが、以前、生月島で古代漁法の展示を目にしたことが作画するうえで役立ちました。また、福江島にある鬼岳から広大な星空を眺めたことがあるのですが、月が翳り、街灯のない時代の夜の明るさがどの程度のものなのか、木や草の匂い…。そういった肌で感じたことも、作品作りの参考になったと思います。

 福江島は遣唐使船の最後の補給地だったのですよ。対馬の展望台からは夜に瞬く韓国の街の明かりを目にしました。作品の中には海と船のシーンが多数登場します。そういった場所の距離感が頭に入っていたことも、描かせていただく上でのヒントになりました。

ーー縄文の魅力を教えて下さい。

竹姫 「わからないことが多い」のが魅力なのかな、と思います。例えば縄文のイメージ
の捉え方は私の子供のころからだけでも随分変わってきていて、新たな出土品や研究結果からどんどん更新されていっています。謎が多いのも楽しいものだと思います。

ーー縄文人とわれわれ現代との間で、人間として、変わらない分部と変わってしまった部分が何かありますか。

竹姫 変わらない部分は血縁や家族、縁のある近しいものを大事にする感覚でしょうか。縄文時代においては家族の減少は現代より深刻な問題で、働き手の損失につながる死活問題だったと思います。しかしそうした利害関係以前に、人として家族や恋人をいつくしむ心があったと考えて間違いなく、出土する墓の埋葬方法を見てもそれは明らかで、現代の我々の感情と何ら変わりはないのでしょう。

 一方で変わった点があるとすれば、良い悪いではなく、圧倒的に現代人のほうが「知りすぎている」。そのために何か行動する前にだいたいの予測がたってしまうことが往々にしてあり、便利な半面、閉塞感というか、頭打ち感…ともすると他人の言葉やメディアに惑わされる危機もあり、慎重な情報取捨選択が必要なのではないでしょうか。

ーーもし、われわれ現代人が縄文人から学ぶことがあるとすれば、どのような点でしょうか。

竹姫 生きることにしたたかになる、ということでしょうか…。作中の登場人物であるポポの言葉に「諦めは死への入り口、生き抜くことが未来への扉」といったものがありますが、とにかく生あるうちは生きる。無理をしようとすれば必ずどこかにヒズミが生れて後々ダメージになりますし、生きていくことはそれだけでも結構大変なのだから、誰もが「何者か」になる必要はなく、確実に訪れる死に向かって日々を悔いなく暮らしていく。そういったことかと思います。

ーー漫画の原作(信太謙三氏の小説「天孫降臨――日本縄文書紀 」)があったとはいえ、だれも目にしたことがなく、しかも、資料が乏しい縄文時代を描くことは容易なことではなかったと思います。
竹姫 やはり衣装が難しかったですね。土偶などの着用している衣類や模様から想像して絵に落とし込んでいく方法もとりました。渡来人の衣装については同時代のその国のものを参考にすればよかったのですが、時代が下った後、即ち、第二部にでてくる集落の人々の着衣には悩みました。

 どの程度大陸由来のイメージなどを残し反映させるかという問題です。また、雪のシーンがありますが、九州であり基本裸足の筈だが雪道では獣皮を巻いただろうとあれこれ考えながら絵にしました。

 漫画的に華やかさや見栄えという点で奇異なアレンジをするよりも、できるだけ「あったかもしれない」方向に寄せたいと思いました。髪型は三つ編みを多用しています。埴輪の表現に残る「みづら」などは編むより束ねるというものが多いのですが、動き回る縄文の性質上キッチリ編んで固定して、そうそうは洗わないようなイメージで描きました。

ーー今回出版された「歴史まんが・新日本縄文書紀」の中で竹姫さんが読者に最も伝えたかったメッセージは何でしょうか。
Image-5 (1)
竹姫 やはり、命は連綿と続いているということ。誰かの先祖が生きて死んでまた次の世代につながってそうして今がある。それを感謝しようとかありがたがろうとか言うのではなく、そうした事実を考えたときほんの少しでも遠い昔の歴史を近いものとして捉え、親しみを持ち。ご自身の人生を楽しんで頂ければいいなと思います。




ーー最後の質問になります。今回、高い評価を受けた古代史漫画を今後も出していかれるおつもりでしょうか。

竹姫 今回このような機会に恵まれたことを心から感謝し、楽しんで描かせていただきました。一存ではどうにもならないことですので(笑)是非そういった場をまた頂けるのであれば。何卒よろしくおねがいいたします。

(インタビュア・ライター 井上雄介)


 2019年4月24日陳2020年の総統選について、韓国瑜・高雄市長が23日、「国民党の候補者選出には参加しない」などと述べたことについて、陳水扁元総統は24日、フェイスブックで、韓氏の発言は事実上の出馬声明であり、実際は「もう総統選立候補の準備を終えている」と指摘しました。台湾メディアの新頭穀が伝えました。(写真は新頭穀のキャプチャー)

 陳元総統によると、韓氏が出馬を明言しないのは昨年の統一地方選で高雄市長に当選かしてらまだ4カ月で、自分から放り出すとは言えないため。また、昨年の当選で大恩のある国民党の長老、王金平・前立法院長に遠慮していることも一因です。王前院長も総統への出馬を表明しています。

 しかし、陳元総統によると、政治業界の人で経験者が聞けば、韓氏が2020年総統選出馬に意欲があることがはっきり分かるそうです。国民党が複数候補の中からの選出でなく、起用方式で韓氏を指名するなら、応じるのは確実。陳氏は「国民党が輿(こし)に乗せてくれるのを待っている」と述べました。

 陳元総統によれば、「韓氏の相場」は、国民党の候補者で最も高く、先に国民党からの総統選出馬を表明した、EMS(電子機器受託生産)世界最大手、鴻海精密工業の郭台銘董事長にも負けていません。陳元総統は、韓国瑜氏も政治家として、こんなチャンスを見過ごすことはしないと見ています。

 陳元総統は、民進党についても複数候補者からの選出でなく、蔡英文総統を指名するべきだと述べました。
★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー
韓・高雄市長が事実上の総統選出馬宣言  国民党の候補者選出方法の変更が条件
郭台銘氏、総統選出馬の有無を一両日中に表明へ ホンハイ株2.35%値上がり
韓高雄市長の訪中に中央政府警戒 いかなる取り決めもするなと警告

2018年11月13日馬 ニュースメディアの風伝媒によると、台湾最高の映画賞、金馬賞の今年の審査団に、中国出身の大物女優、コン・リーさん(52)が4年ぶりに加わり、話題になっています。コン・リーさんは4年前、出演作が金馬賞の最高賞を逃し「不公正な賞だ。もう戻らない」と宣言し、席を蹴っています。(写真は風伝媒のキャプチャー)

 コン・リーさんは今年の第55回金馬賞に、アン・リー氏とともに審査団長の大役で臨みます。前回は啖呵を切って去ったのですから、記者会見で変心の理由を2回も尋ねられました。しかし、「個別の取材には、お話してもいい」とはぐらかしています。

 審査団長への就任は、世界的な大物監督のアン・リー氏の説得によるもの。アン・リー氏の依頼に、コン・リーさんは快諾したそうです。

 今回の金馬賞には、張芸謀氏の「影」がノミネートされています。名作「紅いコーリャン」で共演以来8年間も、張氏とコン・リーさんは恋愛関係にありました。金馬賞の授賞式で2人が顔を合わせる可能性についても、外界の注目を集めています。

 コン・リーさんは、かつての恋人の作品に公平な評価ができるのでしょうか。記者会見で尋ねられると「無私の心で決める」ときっぱり。審査団は17人おり1人1票。「わたしが何かしたくても、できません」と公平さを強調しています。

 コン・リーさんは第51回金馬賞(2014年)で「妻への家路」(帰来)がノミネートされましたが、「EXIT-エグジット-(迴光奏鳴曲)」に破れました。その際、「プロフェッショナルでなく、不公正な映画祭だ」と言い放ち、以降のかかわらないことを宣言しました。
 
 やはり映画人として、アン・リー氏の依頼は断れなかったということかも知れません。張芸謀氏と台湾の映画祭で再会というのも、なかなか劇的な場面と思います。

 2018年8月30日馬11月の地方選挙が近づく中、国民党分裂の恐れが高かった新竹県長選挙で、離党して出馬する方針を表明していた林為洲・国民党立法委員(議員)が29日、立候補を断念しました。(新頭穀のキャプチャー)

 ニュースメディアの新頭穀によると、林為洲氏の出馬断念は、馬英九前総統と王金平前立法院長(国会議長)が一致して奔走したことが大きかったようです。2人は不倶戴天の政敵で、2013年9月に激しい政争を演じました。

 馬前総統は、恩讐を超えて協力したのかとの記者の質問に「王金平氏の協力があったかどうかは知らない。みんなで一致して協力することは良いことだ」と卒なく答えています。

 ニュースメディアの信網によると、林・立法委員は、世論調査でそれなりの支持を集め、立候補に意欲的でした。しかし、新竹県は国民党と同じ青陣営で実力派の徐欣瑩・民国党主席が立候補を表明しており、林氏が出馬すれば分裂し、民進党など緑陣営に漁夫の利を与えることになります。

 国民党の呉敦義主席は激怒し、当初は党除名をちらつかせていましたが、次期立法院選挙で候補者名簿への登載を約束することで、林・立法委員に出馬を断念させました。背後には馬前総統と王前院長の尽力があったもようです。

 11月の地方選挙では、青陣営は台南市長選も分裂の恐れがありましたが、無党派での立候補に意欲を示していた前台南市警察局長の陳子敬氏が29日出馬を断念しました。

 国民党など青陣営は、11月の選挙に向け、着々と団結を強めています。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー

 今年七月十五日に予定される台湾与党、民進党の執行部である中央執行委員(中執委)・中央評議委員(中評委)の改選は、期限の六月十五日までに届け出た候補者数が議席数と同じ四十一で、同党の史上初めて無競争となることが決まった。同党関係者は、今年末の統一地方選挙を前に党の団結を優先したと説明している。


 総統府秘書長に就任した同党の重鎮、陳菊・元高雄市長が、周到な根回しで候補者を事前調整した。二年前の改選時、中執委の選挙で選ばれる最高執行部の中央常務委員(中常委)十人のうち最大派閥の新潮流派が三人を占め、中評委主任委員のポストも手に入れた。元行政院長の謝長廷氏(現・台北駐日経済文化代表処駐日代表)が率いる派閥は、中常委メンバーが史上初のゼロとなり、党内にしこりを残した。今回は陳秘書長と党秘書長洪耀福氏のあっせんで、新潮流派が中常委のポスト一つを投げ出すことに同意、各派閥が矛を納めた。


 陳菊氏は、党内の求心力低下に悩む蔡英文総統から三顧の礼で秘書長就任を請われ、格下ポストへの就任を周囲から強く反対されたが、押し切って就任した。陳氏の手腕は、蔡総統の期待通りといえそうだ。


ただ、同党史上初の無風選挙には批判も出ている。病気療養のため仮釈放中の陳水扁元総統はフェイスブックで、事実上、選挙権が奪われる上、選挙の透明性も残っているとして「民主主義の大後退」と強く批判した。


 陳元総統によれば、統一地方選挙で民進党の敗北はほぼ確実。「党内安定」を理由に異論を封じ、党主席・蔡英文総統の責任論を回避するための布石だと断じた。


↑このページのトップヘ