井上雄介のたいわんブログ

ほぼ台湾の話題、時々中国…。

カテゴリ: 台北

 故・蒋介石総統のひ孫で、野党・国民党立法委員(議員)の蒋万安氏(三八)が台湾政界で急速に名声を高め、二〇一八年の台北市長選の最有力候補者に急浮上してきた。当人は正式表明していないが、十二月初め台北・下町の道教寺院の例祭に参加したことが、選挙戦に向けたウォームアップと見られて耳目を集めた。


 蒋万安氏は毛並みの良さに加え、国立政治大、米ペンシルバニア大卒の法学博士で米国の弁護士資格を持つ俊才。スリムで長身、政界随一のイケメンで女性ファンが多い。


  二〇一六年の立法委員選挙で台北市から立候補し初当選したばかりだが、早くも頭角を現した。十一月に立法院の委員会で行われた労働基準法改正案の審議では、野党議員として百三十分もの演説を行って採決を大幅に遅らせた。同法改正に反対し、立法院を取り囲んでいた労働団体からは「蒋万安、もっとつっぱれ」の声援が挙がり、一般の人気も急上昇した。


 国民党政権時代の人権侵害の真相究明などを目的とする「移行期正義促進条例」の審議では、被害者と意見交換したほか、政治文書の公開に賛成するなど従来の国民党議員とは異なる柔軟さをみせた。独裁者のひ孫という負のイメージの払拭に完全に成功し、国民党の希望の星と指摘すら出ている。


 一方、蒋万安氏の台頭により国民党内では、青壮年派と党中央を独占するベテラン派の世代対立が激化している。


 青壮年派は勤労者に同情的で、歴史の検証に賛成するなど顕著にリベラル志向だ。ベテラン派は資本側に立ち、保守主義を貫くのが国民党と考えている。双方は軍人、公務員、教員の年金改革や同性婚問題でも鋭く意見対立した。


 両派は、衝突は次第に表面化しており、将来の党分裂の危機すらささやかれ始めた。

2017年11月15日国鉄 JR東日本が寄贈した世界初の寝台電車「583系」の車両2両が14日夜、鉄道博物館として整備が進む台北市信義区の「台北機廠組立工場」跡に到着しました。深夜にもかかわらず熱心な鉄道ファン約30人が出迎えました。新頭穀が15日伝えました。(写真は新頭穀のキャプチャー)

 583系電車は、電車タイプの寝台列車として世界で最も早く開発されされ、鉄道ファンにとり垂涎の的。一部のファンが到着の模様をネットで中継し、惜しくも現場に来られなかった愛好家が、パソコンやスマホの画面を通じて見守ったということです。

 583系電車は、1967~68年に当時の国鉄が導入し、2017年4月に全部が引退しました。昼間は椅子の一般列車として使え、夜には寝台車に早変わりします。導入当時は最新式の電車でした。

 JR東日本は今年8月、583系電車の台湾への寄贈を決め、台湾の鄭麗君文化相も出席して、埼玉県さいたま市の鉄道博物館で贈呈式が行われました。

 「台北機廠組立工場」は、台湾鉄路管理局(台鉄)の旧車両工場。日本統治時代の1935年(昭和10年)に建設され、現在も当時の建物がそのまま残り「工業遺跡」に指定されています。
 工場の敷地一帯は「台北機廠国家鉄道博物館園区」として文化部が管理。遺構の修復が段階的に進められており、将来は鉄道博物館を開設する予定です。同園区は、事前に申し込めば市民も見学できます。

「台北機廠組立工場」内でコンサート

 文化部は17日、「台北機廠組立工場」跡で台湾国立交響楽団のコンサートを開催します。「工業遺跡」内でのコンサートは初めて。南投県と台北市の小学生と教員約100人が招かれました。鉄道博物館と文化財の修復事業に対する市民の理解を深めるのが目的だということです。

国歌斉唱中華民国国慶節(建国記念日)の10日、台北市で記念式典が開かれました。冒頭の国歌斉唱の際、出席した主要政治家の態度がそれぞれの立場を示しているとして注目を集めました。台湾独立志向の有力野党、時代力量の黄国昌主席は口を結んだまま歌いませんでした。風伝媒が伝えました。(写真は風伝媒のキャプチャ)

 与党・民進党の頼清徳行政院長(首相)と、無党派の柯文哲台北市長はわずかに口をぱくぱく。柯文哲市長は途中で歌うのをやめてしまいました。馬英九前総統と最大野党、国民党の呉敦義主席は口を大きく開けて模範的な姿で歌っていました。

 なお中国は10月1日から国歌を侮辱すると刑事罰を課される「国歌法」を施行しました。国歌演奏の際の抗議やブーイングはご法度です。中国だったら黄国昌主席や柯文哲氏は刑事罰ですね。

MRT飲食 台北市のMRT(地下鉄・高架電車)運営会社、台北捷運公司はこのほど、これまで厳禁だった飲食について、32駅構内の改札外では許可する規則の緩和を行いました。ただし、同社の担当者は「緩和したのではない。飲食禁止の範囲を変えただけ」と説明しています。勘違いで、飲食が広がるのを恐れているのかも知れません。

 中国、香港、台湾などの大中華圏では、公共交通内の飲食をめぐり、禁止すべきかどうかの論争がしばしばが起きていると、英BBC放送中国語版が伝えています。(写真はBBC中国語版の画面キャプチャー)

 台北MRTが飲食禁止規則を緩和したとのニュースは、台湾各メディアが報じ、関心の高さを伺わせました。台北捷運公司はBBCに対し「規則の緩和はしていない。改札区域の黄色い飲食禁止ラインの外側について、32駅が規則を改めただけ」と話しています。

 台湾MRTの飲食禁止は厳格で「台湾捷運法」によると、台湾のどの都市でもMRTの車内・駅構内で飲食すると最高で7500台湾元(2万8000円)の罰金を科されます。ただ「公共場所母乳哺育条例」により、車内・駅構内とも乳児への授乳は認められ、むしろ邪魔すると罰せられます。

 同様に地下鉄車内での飲食を禁止している香港、シンガポールでは、授乳は認めていません。ただ、駅係員に連絡すれば、適切な場所で授乳ができるそうです。

香港では「悪口雑言」、シンガポールではドリアン禁止
 
 中華圏の公共交通ではユニークな規則が散見され、香港の地下鉄(MTR)は「不快感を与える悪口雑言やひわいな言葉」が禁止され違反者は最高5000香港ドル(約7万2000円)の罰金。他の公共の場所にも同じような規則があるそうで、ひどい場合は収監されます。

 シンガポールMRT(SMRT)は飲食のほか、喫煙、可燃物と果物のドリアンの持ち込みが禁止です。車内のラベルなどには飲食、喫煙、可燃物と異なりドリアンには罰金の額が明記されていませんが、違反すれば罰金を科されることがあります。

柯文哲強敵 与党・民進党各派閥のの立法委員(国会議員)約40人がこのほど連名で、来年の台北市長選挙で独自候補を擁立するよう党中央に要求しました。ニュースメディアの上報が伝えました。(写真は上報のキャプチャー)

 同党内の個別の立法委員でなく、集団で柯文哲・台北市長へ反旗を翻したのは初めて。世論調査で高い支持率を誇る柯市長が、2020年の総統選挙で強敵になる恐れが出てきたことに、民進党が恐れを抱き始めたようです。

ユニバーシアードで支持率急騰

 柯市長は約2年半前、無党派で立候補し、若者層とやや国民党寄りの選挙民の支持を得て当選しました。政治の素人の柯市長は行政手腕が疑問視され、世論調査では支持率の低迷に悩んだことがありましたが、その都度、逆風を跳ね返し支持率も徐々に回復しました。

 第29回ユニバーシアード夏季大会の成功後、柯市長の支持率は急上昇し、衰えを見せていません。来年の台北市長選の際は今の支持率を維持しそうで、台湾政界で最も注目される人物になりました。

しがらみも徒党もないのが強み

 柯市長は、しがらみを感じさせず、市民に直接語りかける姿勢が好感され、時に親中国的な発言や失言をしても支持者から大目にみてもらってきました。

 一匹狼で党派をつくれず、過去2年半で19人の市政スタッフが辞職したことが問題視されることもありますが、本人は意に介していません。例え選挙に負けても1人の市民に戻るだけのこと。徒党を組まないことは柯市長の強みですらあります。

 民進党の多数が攻撃し始めたのは、国民党の支持率がちっとも上昇しない今、柯市長が強敵として浮上したためです。ただ、上報は、柯文哲氏が台北市長に落選すれば、2020年の総統選に立候補する理由を与えてしまうと警告しています。24年の総統選挙でも手強い相手となりそうです。

↑このページのトップヘ