イノウエのたいわんブログ

ほぼ台湾の話題、時々中国…。

カテゴリ: 台北

2018年5月9日柯 ニュースサイトの上報によると、与党・民進党内に「柯文哲・台北市長嫌い」がまん延しています。民進党の台北市の末端組織で、柯市長の中国寄りの姿勢や、不用意な発言が続いていることに反発が高まっており、「反柯文哲ムード」は中南部のその他の都市の同党末端組織にも拡散しているそうです。(写真は上報のキャプチャー)

 同党関係者によると、「蔡英文氏が、2020年の総統選挙で柯文哲氏の立候補を恐れ、台北市長選は柯氏に譲った」とのうわさが民進党の末端組織で拡散し始めました。

 党指導部は、蔡総統の威信に関わるため、うわさを看過できなくなりました。台北市長選で柯市長を切り捨て、独自候補を立てる可能性が高まっています。既に同党の選挙対策チームが柯氏を呼んで、柯市長に譲らない可能性もあると告げたそうです。

 柯市長は長らく民進党の支持を疑わず、自信満々でしたが、今月初めに同党の変心を知らされ、痛くショックを受けたそうです。

無党派層の取り込みに自信

 ただ上報によると、柯市長は、2014年の初当選時と同様、民進党でも国民党でもない無党派層の支援により、民進党の応援がなくても今年末の市長選に勝利できるとみているようです。

 台北市の有権者のうち民進党と国民党が各30%、無党派層が40%を占めています。両党の争いに嫌気がさしている有権者も多く、無党派層とともに柯市長を支持する可能性があります。

 柯市長はさらに、国民党支持者のうち、熱心とまでは言えないシンパ層、知識層、経済人が自身に投票するとみています。市長が行った世論調査では、支持率は有権者の55%に上るそうです。

2018 年3月13日taiyanghua「中台サービス貿易協定」の撤回を求める「ひまわり学生運動」の学生、市民が2014年3月18日、立法院(国会議事堂)を占拠した事件で、二審の台北高等法院(高裁)は13日午前、一審判決を支持して陳為廷被告ら22人全員に無罪判決を言い渡しました。風伝媒が13日伝えました。

 陳氏は判決後、記者会見で、人民が平和で合理的な抵抗を行うことを認めるものとして高く評価しました。(写真は上報のキャプチャー)

 陳氏によると、判決は「公民の不服従」の権利を定義した上で言論の自由の保障範囲を定め、この保障範囲内での抵抗を合法としたそうです。

 陳氏は習近平主席に対し「あなた方が台湾人民に手を出せば、われわれは身を挺して守る」と述べました。

 陳氏らは、14年3月23日ににひまわり学生運動が行政院(内閣)を占拠した事件で、警察官の職務執行を巡り、国家賠償請求訴訟を起こしています。陳氏は、こちらの事件に対しても関心を寄せるよう呼び掛けました。

ひまわり学生運動は評価するも、筆者は判決に反対

 筆者は、余りに拙速な「中台サービス貿易協定」の批准を阻止した「ひまわり学生運動」をすばらしい運動だったと思っています。計画、ロジスティックス、当局との交渉などどれをとっても考え抜かれた優れた運動だったと思います。

 しかし、立法院占拠という実力行使がどうして合法として罪に問われないのか、全く理解ができません。執行猶予付きの有罪判決なら分かりますが。
 
 世論におもねるか、動機の成否で無罪、有罪が決まってるような気がします。もしそうなら、法治とは言えないのではないでしょうか。韓国の司法機関が、朴槿恵前大統領を起訴し、有罪にすることに対して感じる違和感と同じです。

 仮に中台の統一を主張する「中華統一促進党」が立法院、行政院を占拠しても、無罪にするのでしょうか。そして、今回もし有罪判決だったらどうしたのか。裁判所を実力で占拠するのでしょうか。

 筆者は、法律家ではなから良く分かりませんが、台湾の刑事法だって行為を罰するもので、動機(思想)を取り締まるのでないはず。立法院占拠には、寛刑であっても有罪判決を言い渡すべきだったと思います。

 故・蒋介石総統のひ孫で、野党・国民党立法委員(議員)の蒋万安氏(三八)が台湾政界で急速に名声を高め、二〇一八年の台北市長選の最有力候補者に急浮上してきた。当人は正式表明していないが、十二月初め台北・下町の道教寺院の例祭に参加したことが、選挙戦に向けたウォームアップと見られて耳目を集めた。


 蒋万安氏は毛並みの良さに加え、国立政治大、米ペンシルバニア大卒の法学博士で米国の弁護士資格を持つ俊才。スリムで長身、政界随一のイケメンで女性ファンが多い。


  二〇一六年の立法委員選挙で台北市から立候補し初当選したばかりだが、早くも頭角を現した。十一月に立法院の委員会で行われた労働基準法改正案の審議では、野党議員として百三十分もの演説を行って採決を大幅に遅らせた。同法改正に反対し、立法院を取り囲んでいた労働団体からは「蒋万安、もっとつっぱれ」の声援が挙がり、一般の人気も急上昇した。


 国民党政権時代の人権侵害の真相究明などを目的とする「移行期正義促進条例」の審議では、被害者と意見交換したほか、政治文書の公開に賛成するなど従来の国民党議員とは異なる柔軟さをみせた。独裁者のひ孫という負のイメージの払拭に完全に成功し、国民党の希望の星と指摘すら出ている。


 一方、蒋万安氏の台頭により国民党内では、青壮年派と党中央を独占するベテラン派の世代対立が激化している。


 青壮年派は勤労者に同情的で、歴史の検証に賛成するなど顕著にリベラル志向だ。ベテラン派は資本側に立ち、保守主義を貫くのが国民党と考えている。双方は軍人、公務員、教員の年金改革や同性婚問題でも鋭く意見対立した。


 両派は、衝突は次第に表面化しており、将来の党分裂の危機すらささやかれ始めた。

2017年11月15日国鉄 JR東日本が寄贈した世界初の寝台電車「583系」の車両2両が14日夜、鉄道博物館として整備が進む台北市信義区の「台北機廠組立工場」跡に到着しました。深夜にもかかわらず熱心な鉄道ファン約30人が出迎えました。新頭穀が15日伝えました。(写真は新頭穀のキャプチャー)

 583系電車は、電車タイプの寝台列車として世界で最も早く開発されされ、鉄道ファンにとり垂涎の的。一部のファンが到着の模様をネットで中継し、惜しくも現場に来られなかった愛好家が、パソコンやスマホの画面を通じて見守ったということです。

 583系電車は、1967~68年に当時の国鉄が導入し、2017年4月に全部が引退しました。昼間は椅子の一般列車として使え、夜には寝台車に早変わりします。導入当時は最新式の電車でした。

 JR東日本は今年8月、583系電車の台湾への寄贈を決め、台湾の鄭麗君文化相も出席して、埼玉県さいたま市の鉄道博物館で贈呈式が行われました。

 「台北機廠組立工場」は、台湾鉄路管理局(台鉄)の旧車両工場。日本統治時代の1935年(昭和10年)に建設され、現在も当時の建物がそのまま残り「工業遺跡」に指定されています。
 工場の敷地一帯は「台北機廠国家鉄道博物館園区」として文化部が管理。遺構の修復が段階的に進められており、将来は鉄道博物館を開設する予定です。同園区は、事前に申し込めば市民も見学できます。

「台北機廠組立工場」内でコンサート

 文化部は17日、「台北機廠組立工場」跡で台湾国立交響楽団のコンサートを開催します。「工業遺跡」内でのコンサートは初めて。南投県と台北市の小学生と教員約100人が招かれました。鉄道博物館と文化財の修復事業に対する市民の理解を深めるのが目的だということです。

国歌斉唱中華民国国慶節(建国記念日)の10日、台北市で記念式典が開かれました。冒頭の国歌斉唱の際、出席した主要政治家の態度がそれぞれの立場を示しているとして注目を集めました。台湾独立志向の有力野党、時代力量の黄国昌主席は口を結んだまま歌いませんでした。風伝媒が伝えました。(写真は風伝媒のキャプチャ)

 与党・民進党の頼清徳行政院長(首相)と、無党派の柯文哲台北市長はわずかに口をぱくぱく。柯文哲市長は途中で歌うのをやめてしまいました。馬英九前総統と最大野党、国民党の呉敦義主席は口を大きく開けて模範的な姿で歌っていました。

 なお中国は10月1日から国歌を侮辱すると刑事罰を課される「国歌法」を施行しました。国歌演奏の際の抗議やブーイングはご法度です。中国だったら黄国昌主席や柯文哲氏は刑事罰ですね。

↑このページのトップヘ