井上雄介のたいわんブログ

ほぼ台湾の話題、時々中国…。

カテゴリ: 高雄

民進党権力闘争 石油元売大手、台湾中油(CPC)の陳金徳郭董事長が18日、台湾17県・市で8月15日に起きた大停電の責任をとって辞職を表明しました。これは、大停電をきっかけに、与党・民進党内の権力闘争が激化していることの表れだそうです。ネットメディアンの新頭殻が伝えました。

 15日の大停電は、台湾桃園市の桃園大潭火力発電所で、CPCの操作ミスで燃料の天然ガス供給が中断したことがきっかけに起きました。単純なミスですが、権力闘争を背景に、早くから董事長の進退に注目が集まっていました。

 陳董事長は、民進党内最大派閥の新潮流派の幹部です。新潮流派に反発する民進党内の各派閥が、大停電をきっかけに攻勢に出て辞職に向けて圧力を掛けたため、陳董事長が抗し切れなくなったそうです。

 陳董事長は、高雄市の元副市長で陳菊市長の腹心。陳市長は新潮流派の草創期以来の長老で、陳董事長は身代わりに首を差し出したとみられています。

◆次期高雄市長の座巡り争い

 新頭殻によると、陳市長は来年にも11年務めた高雄市長を辞め、中央政界に転出するとのうわさが出ています。台湾第2の都市、高雄市の市長の座を目指して、党内各派閥が激しい争いを始めているようです。

 ネット上には、反新潮流派とみられるユーザーが、陳菊市長の絶大な権力を風刺する画像入り記事を掲載。高雄市の副市長らの歴代の幹部が、現在は中央政府の閣僚や高級官僚に収まっていることを列挙し、背後に陳菊市長の顔写真を貼り付けています。CPCなど元国営で政府の影響が強い企業も含まれています。

 記事には「怒らせてはいけない大官たち」、「今日の高雄は明日の台湾」の文言が大書され、陳市長の隠然たる大権力をやゆしています。

高雄 台湾第2の都市、高雄の人口があと1週間ほどで台中に抜かれる見通しであることが分かりました。高雄市政府は、高雄の人口は減っておらず、人口数に惑わされず第2の都市の地位を守りたいとしています。風伝媒が伝えました。(写真は風伝媒のキャプチャー)

 統計によると、今年6月末現在、高雄市の人口は277万8023人で新北市の398万2434人に次いで台湾2位。この時点で台中の277万6579人をわずかに上回っていますが、現在のペースだと1週間ほどで逆転される見通しです。
 
 人口に直接関係するのは立法委員(国会議員)の議席数です。新しい人口に基づくと高雄市の議席数は9から8に減り、台中と同じになります。民進党の陳其邁立法委員は議席配分の計算方式を改め高雄市の議席数9を維持することを提案しています。

 高雄市政府の幹部は、人口だけで都市の大小は語れないとし、台北を例に挙げています。台北の人口は2008年に台中に抜かれ、現在は4位。しかし、都市の影響力ではやはり台湾第1です。

 また、1人当たり平均賃金で高雄は新北、桃園を下回りますが、可処分所得では1世帯31万9905台湾元(約530万円)で台北に次ぐそうです。

 ただ、筆者の実感として、台中の方が高雄より活気を感じるのは事実。人口だけでなく南部の相対的な地盤沈下が起きているのでしょう。回復策を考える必要がありそうです。
 

 映画監督米国の映画賞、アカデミー賞を選考する米映画芸術科学アカデミー(AMPAS)会員に招かれた774人の中に、台湾出身の米国人記録映画監督、江松長(S. Leo Chiang)さんが含まれていることが分かりました。風伝媒が伝えました。(写真は風伝媒のキャプチャー)
 
 江さんは高雄出身。「高さん、ワシントンに行く」などの作品で知られています。台湾出身の映画人では昨年、映画監督の侯孝賢さんが招かれました。

 今年会員に招かれた中華系の映画人には、香港の俳優、ドニー・イェン、カリーナ・ラウ、レオン・カーフェイさん、映画監督のアン・ホイ、ジョニー・トーさん、中国の俳優の姜文さんが含まれています。

 かつてアカデミー会員は白人と男性に偏っているとされていました。AMPASによると、今年の新会員のうち女性が占める割合は39%で、会員全体に占める割合は28%と昨年より1ポイント増えました。有色人種の割合も新会員の30%、会員全体の13%となり昨年より2ポイント拡大したということです。




↑このページのトップヘ