イノウエのたいわんブログ

ほぼ台湾の話題、時々中国…。

カテゴリ: 高雄

 2018年9月25日雄台湾紙・聯合報が24日発表した高雄市長選挙に関する世論調査の結果で、民進党の陳其邁候補を支持するが34%、国民党の韓国瑜候補を支持するが32%で伯仲しました。(写真は聯合報のキャプチャー)

 韓候補は、「支持を決めていない」が3割もあり、今回の選挙で最大の変数だとのべ、気を引き締めています。

 陳候補の選対事務所の広報担当者、李昆沢は「世論調査は実施機関により結果が異なる。いずれも参考になる」と話しています。

 調査結果によると、合併前の旧高雄市は陳候補を支持するが37%で、韓候補の32%をリードしました。旧高雄県では陳候補支持が33%、韓候補支持が31%と接近しています。

 韓候補は、青物市場運営会社の台北農産運銷の元総経理。農漁民の期待が高いことが、旧高雄県地区の支持の高さに結びついてるとみています。
★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーー

2018年5月13日雄 最近2年間の中台関係の緊張で、台湾を訪れる中国本土のツアー客が激減しています。(写真は聯合報のキャプチャー)

 聯合報によると、台湾南部の大都市、高雄の高雄駅前の繁華街で、ビジネスホテルが「宿泊390元(約1430円)、休憩100円)」の赤い垂れ幕を掲げているのをネットユーザーが発見、フェイスブックに投稿しました。

 高雄を代表する目貫通りで、常識はずれのの低料金。投稿者は「この国はどうなっちゃたんだ」と嘆いています。近隣でも599元(約2200円)の破格値で客を呼ぶホテルがあるそうです。

 投稿によると、高雄駅周辺では「渋滞が起きるはずの街路ががらがら。繁華街の店も3~5割でテナントが入っていない」そうです。同駅周辺で人出があるのは「漢神巨蛋」周辺の商業地区だけだとのことです。

 もっとも、ネット上では車での外出が主流になったほか、台湾高速鉄路(台湾高鉄)利用の増加で、繁華街が移動しただけで、高雄駅周辺がさびれただけとの指摘も出ています。台中でも台中駅前の衰退が目立っているそうです。
 

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー

2018 年4月2日陳菊 4日付聯合報によると、陳菊・高雄市長が2日朝、蔡英文総統と面会しました。陳市長が、総統府秘書長に就任するとの情報が飛び交っており、2日の面会も、就任時期について話し合った可能性があるということです。消息筋は「4月の人事ではっきりする」と話しています。(写真は自由時報のキャプチャー)

 前総統府秘書長の呉釗燮氏が2月末、外相に転じた後、ポストが空席なっていました。陳市長の就任は既に内定していましたが、このたび行われた訪米の日程に影響が出るのを恐れ、関係者は口をつぐんていたとそうです。
 
 4日付自由時報によると、陳市長が5月にも秘書長に就任する可能性があると、一部メディアが先に報じました。市長に近い民進党の立法委員(議員)が「畑仕事をしながら老を養うとの願いは、当面実現しそうになくなった」と話していました。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

民進党権力闘争 石油元売大手、台湾中油(CPC)の陳金徳郭董事長が18日、台湾17県・市で8月15日に起きた大停電の責任をとって辞職を表明しました。これは、大停電をきっかけに、与党・民進党内の権力闘争が激化していることの表れだそうです。ネットメディアンの新頭殻が伝えました。

 15日の大停電は、台湾桃園市の桃園大潭火力発電所で、CPCの操作ミスで燃料の天然ガス供給が中断したことがきっかけに起きました。単純なミスですが、権力闘争を背景に、早くから董事長の進退に注目が集まっていました。

 陳董事長は、民進党内最大派閥の新潮流派の幹部です。新潮流派に反発する民進党内の各派閥が、大停電をきっかけに攻勢に出て辞職に向けて圧力を掛けたため、陳董事長が抗し切れなくなったそうです。

 陳董事長は、高雄市の元副市長で陳菊市長の腹心。陳市長は新潮流派の草創期以来の長老で、陳董事長は身代わりに首を差し出したとみられています。

◆次期高雄市長の座巡り争い

 新頭殻によると、陳市長は来年にも11年務めた高雄市長を辞め、中央政界に転出するとのうわさが出ています。台湾第2の都市、高雄市の市長の座を目指して、党内各派閥が激しい争いを始めているようです。

 ネット上には、反新潮流派とみられるユーザーが、陳菊市長の絶大な権力を風刺する画像入り記事を掲載。高雄市の副市長らの歴代の幹部が、現在は中央政府の閣僚や高級官僚に収まっていることを列挙し、背後に陳菊市長の顔写真を貼り付けています。CPCなど元国営で政府の影響が強い企業も含まれています。

 記事には「怒らせてはいけない大官たち」、「今日の高雄は明日の台湾」の文言が大書され、陳市長の隠然たる大権力をやゆしています。

高雄 台湾第2の都市、高雄の人口があと1週間ほどで台中に抜かれる見通しであることが分かりました。高雄市政府は、高雄の人口は減っておらず、人口数に惑わされず第2の都市の地位を守りたいとしています。風伝媒が伝えました。(写真は風伝媒のキャプチャー)

 統計によると、今年6月末現在、高雄市の人口は277万8023人で新北市の398万2434人に次いで台湾2位。この時点で台中の277万6579人をわずかに上回っていますが、現在のペースだと1週間ほどで逆転される見通しです。
 
 人口に直接関係するのは立法委員(国会議員)の議席数です。新しい人口に基づくと高雄市の議席数は9から8に減り、台中と同じになります。民進党の陳其邁立法委員は議席配分の計算方式を改め高雄市の議席数9を維持することを提案しています。

 高雄市政府の幹部は、人口だけで都市の大小は語れないとし、台北を例に挙げています。台北の人口は2008年に台中に抜かれ、現在は4位。しかし、都市の影響力ではやはり台湾第1です。

 また、1人当たり平均賃金で高雄は新北、桃園を下回りますが、可処分所得では1世帯31万9905台湾元(約530万円)で台北に次ぐそうです。

 ただ、筆者の実感として、台中の方が高雄より活気を感じるのは事実。人口だけでなく南部の相対的な地盤沈下が起きているのでしょう。回復策を考える必要がありそうです。
 

↑このページのトップヘ