井上雄介のたいわんブログ

ほぼ台湾の話題、時々中国…。

カテゴリ: 外交

 2017年10月19日銃弾フィリピン政府は、イスラム過激派や麻薬密売組織の掃討作戦のため銃弾不足が深刻化しており、台湾の兵器製造会社に5.56ミリ銃弾や防弾服の調達を打診していたことが分りました。台湾側は生産力不足を理由に断ったそうです。ニュースメディアの上報が伝えました。(写真は上報のキャプチャー)

 フィリピンのドゥテルテ大統領が先に、自国の麻薬密売組織と台湾マフィア「竹聯幇」が結託していると批判したばかりです。

 ところが、フィリピン政府が南部で進めるイスラム過激派掃討作戦や、麻薬密売組織の取り締まり活動で、警察の銃弾不足が深刻化しています。国家警察委員会(NAPOLCOM)の係官が台湾国防部と接触し、「高雄205兵器工場」が製造する5.56ミリ銃弾を売ってもらえるか打診してきました。

 「高雄205兵器工場」は、米国の民間銃器輸入会社「ウォルフ・アーモ」と5年間の長期契約を結んでおり、同社の5.56ミリ弾生産量の6割に当たる年間7200発を供給しています。

 台湾軍も毎年一定数の銃弾が必要なため、「高雄205兵器工場」がフィリピン向けに生産する余力がないとして断ったそうです。ただ、蔡英文政権は、東南アジアとの経済関係を重視する「新南向政策」を推進中のため、フィリピンへの銃弾供給に踏み切る可能性もあるとみられます。

 2017年10月16日ナチ新竹県のチェーン・カー用品店でナチスの旗のステッカーが売られていることが分かり、台北駐在のイスラエル経済文化事務所が14日、「強いけん責の念」を表明しました。カー用品店は謝罪の上、問題のステッカーを全部撤去しました。風伝媒が伝えました。(写真は風伝媒のキャプチャー)

 ネットユーザーがフェイスブックで13日、ナチスの旗のステッカーが売られていることを暴露したことがきっかけ。「ナチスの旗をドイツの国旗と表示して売っている。なんでこんなに国際的な価値観に欠けているんだろう。こんなもの売って許されるのか」と書きました。

 イスラエル経済文化事務所のアッシャー・ヤルデン(Asher・Yarden)代表は「新竹のカー用品店でナチの旗のステッカーが売られていたことに関し、われわれは強いけん責の念を表明する」とのコメントを発表、台湾当局に善処を求めました。

 同事務所はまた台湾政府に対し、第2次大戦中のナチの行為を大衆に知らせて教訓をくみ取るため、歴史に関する教育を行うよう求めました。

中国スパイ事件 台湾軍ミサイル部隊の元指揮官、謝嘉康少将が中国に情報提供していた疑惑が浮上したことに米政府が激怒しているもようです。台湾陸軍は6月中旬、軍の通信システム更新に関する交渉の打ち切りを米側から突然通告されました。(写真は上報のキャプチャー)

 ニュースサイトの上報によると、米側の通告は「一時停止」ではなく、相当深刻な「打ち切り」となっており、台湾側を慌てさせています。台湾国防部は情報機関を通じ、今回の通告が米トランプ政権による台湾への武器売却の方針を象徴するものかどうか、確認を急いでいます。

 謝少将は台湾陸軍の馬祖防衛部隊の副指揮官在任中、中国側の人物と海外で接触していた疑いが強まり、台湾国防部が5月9日、法務部調査局と合同で捜査に着手しました。謝少将は10万元(約165万円)で保釈されました。

 謝少将は、ミサイル部隊が空軍に移管される前の指揮官で、地対空ミサイルのパトリオット3型や天弓3型、上海、北京を攻撃できる巡航ミサイル「雄二E型」に関する機密情報を掌握していました。中国と内通していたのが事実なら、台湾の国防に大きな損害を与えることになります。

 事件発覚後、窓口機関、米国在台湾協会(AIT)の米軍情報部門が直ちに台湾国防部に詳細を問い合わせて来たそうです。パトリオット3型ミサイルは米国と同盟国のの現役兵器で、中国に機密情報が漏れた場合、プログラムの書き換えなどが必要になるからです。

 ただ、台湾国防部は詳しい内容を把握しておらず、米側を慌てさせたそうです。米側の交渉打ち切りを通告は、台湾側の対応に対する強い不満を示しているとみられます。台湾国防部は、米側との亀裂拡大を防ごうと必死に説得しているとのことです。

↑このページのトップヘ