イノウエのたいわんブログ

ほぼ台湾の話題、時々中国…。

タグ:フェイスブック

 2018年8月15日柯ニュースサイトの上報によると、台北市などの地方首長の選挙が11月に控える中、フェイスブックに柯文哲・台北市長を支援する「柯文哲ファン後援会」が先ごろ発足しました。わずか3カ月で1万7000人が加入し熱心に活動をしているそうです。(写真は上報のキャプチャー)

 「柯文哲ファン後援会」は30代の女性が開設者で、20~50代の7人が主催者として加わっています。入会希望者は、主催者が審査しており、いくつかの質問に答える必要があるそうです。

 場合によっては退会を求められることもあるそうです。主催者の1人は「自分の宣伝のため入ったり、一定の方向に誘導しようとした場合は、経過観察の後にお引取りを願うことになる」と話しています。

 ネット上の後援会だと、若者に片寄りそうですが、年配者の入会も増えているとか。柯文哲市長が6月末、出版記念のサイン会を行った後は、年配のフェイスブックユーザーの加入者が増えたそうです

 柯文哲市長は無党派で政党の支援を受けていません。しかし、ネット上で若者を中心とした無党派層からは絶大な支持を受けており、4年前の初当選にも大きな追い風となりました。

 対立陣営の候補は戦々恐々です。国民党の台北市長候補の丁守中氏は、「網軍」を使って好き勝手をしているなどと批判しています。

対立陣営からは「網軍」批判も

 「網軍」は、中国本土で当局から報酬をもらい活動するネット活動家を指します。丁陣営は、柯文哲陣営が報酬をわたして「網軍」を養成しているとみています。

 丁陣営によると、ニュースメディアのコメント欄などに丁候補に批判的なコメントが多数書き込まれることがあるが、複数の特定アカウントから発信されていることを確認したそうです。

 「柯文哲ファン後援会」は、「網軍」との批判について「そういう言葉を使うほど、反感を買う」と反論。「金のためでなく信念のために戦っているのだ」と話しています。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017年12月20日ネットショップ 中国電子商取引(EC)大手アリババ・グループ傘下のオンラインショッピングサイト「淘宝網(タオバオ)」は、商品の豊富さや価格の安さで台湾でも人気です。ところがタオバオに出店している中国の業者の一部が「台湾は中国に友好的でない」と販売を拒絶していることが分かりました。聯合報が21日伝えました。(写真は、聯合報のキャプチャー)

 フェイスブックによると、ある台湾人がタオバオのネットショップでパフォーマンス用の衣装を買おうとした際、中国の売り手業者は当初、とても親切に必要な点数などを尋ねていました。ところが買い手が「繁体字」を使うことが分かると、業者の態度が一変。「申し訳ありませんが、台湾には発送しません」と拒絶しました。

 買い手の台湾人が態度の急変を不審に思い、理由を尋ねると「台湾は中国に余りに非友好的で、敵国だと思います」と答えたそうです。業者はさらに、台湾に親戚がいるけれど絶対に売らないと、かたくなな態度を崩しませんでした。

 フェイスブックでは、別の台湾の利用者からも「送り先を聞かれたので台湾と答えたら、業者がショップから商品を取り下げた」などと、同様の体験が次々に書き込まれました。

 冷たい仕打ちですが、台湾人は概ね大人の反応。「敵意を持ってはいるけど、なんともかわいい。単純な子たちだ」などと、中国業者の単細胞ぶりを笑っています。

 もっとも「台湾向けは運賃が高いから、愛国を口実に断ったのだ」との現実的な見方も。「100件注文していれば、すぐに態度を変えていたよ」と指摘しました。

↑このページのトップヘ