イノウエのたいわんブログ

ほぼ台湾の話題、時々中国…。

タグ:台商

 2019年3月2日軍台湾の情報機関の元最高幹部が、中国の台湾系企業「台商」の中でも超親中国派の企業幹部に相次ぎ就任し、蔡英文政権の国防と情報部門が強く警戒している。(写真は風伝媒のキャプチャー)

 今年一月初め、中国本土と台湾で不動産開発会社などの事業を手掛ける沃華集団国際投資控股集団(沃華集団、江蘇省昆山市)トップの総裁に、台湾軍の情報機関である国防省参謀本部軍事情報局(軍情局)の劉本善元副局長が就任したことが分かった。

 沃華集団の事実上のオーナーの陳柏光理事主席は、中国の台商親睦団体「全国台湾同法投資企業聯誼会」(全国台企聯)の副主席を長年務めた。台湾の中台統一派政党の「台湾民族致公党」の主席にも就いており親中派として突出している。

 一方、劉元副局長は現役時代、長年、中国本土に対する情報工作の責任者を務めた。劉氏の中国情報分析には独特の見識が含まれ定評があった。軍情局を離任後も、多くの現役職員が劉氏を訪ねて教えを請うたという。ただ、現役時代の二〇〇九年、正規の手続きを経ずに情報を台湾政府の情報機関「国家安全局」に渡し処分を受けたことがある。

 劉氏は沃華集団の総裁就任について、メディアの取材に「総裁とは名前だけで、実質的な経営権はない」説明。「軍情局時代の職務内容はかなりセンシティブだった。既に制限期間は過ぎているが、終生中国本土に行くつもりはない」と釈明している。

 ただ、国家安全局は、劉氏が現在も軍情局職員と接触があることをつかんでおり、動向に注目している。

 台湾では昨年にも、超親中派「台商」の荘立平氏が設立したメディア「大師鏈」の要職に、国家安全局の楊国強元局長と郭崇信元副局長、国安局で総統・副総統の警護担当する「特種勤務指揮センター」の主任を務めた張戡平・元軍情局長を招き、政権を驚かせた。

2018年9月28日商 台湾のニュースサイト、上報によると、中国当局が、自国で事業を行う台湾企業(台商)に対し、民進党政権を支持したり接触しないよう、あの手この手で圧力を強めています。(写真は上報のキャプチャー)
 
 台湾の対中国交流窓口機関、海峡交流基金会(海基会)がこのほど台商を招いて「中秋節」の交歓会を開きました。

 海基会は、中台関係の緊張に伴う暗い雰囲気を和らげようと、これまでのような座談会形式ではなく、初めて宴会にしました。同会の姚人多事務局長も、平素の知識青年ぽいイメージをかなぐり捨て、台商と酒杯を交わしたそうでえす。

 それでも「台商」は中国を気にしてびくびく。「出席したことはくれぐれも伏せて欲しい」と、匿名での出席希望が相次ぎ、ほとんど非公開で行われたそうです

李栄福氏、85度C…相次ぐ災難
 
 今年は「台商」の中国絡みの災難が続きました。まず、2月に起きた「李栄福」事件で、「台商」を震撼させました。

 当時、中国民用航空局が、台湾海峡上空の民間機用航路「M503北上航路」と隣接航路の使用開始を一方的に宣言したことで、中台の緊張が高まっていました。

 福建省ショウ(さんずいに章)州の台商団体の名誉会長で、製缶会社、福貞控股のトップの李栄福氏が、台湾で行われた「台商」の春節の交歓会で「蔡英文氏が中華民国の総統になった以上、全力で支持するべき。それが民主主義国家のやり方」と述べました。

 平凡な発言ですが、中国のメディアから「台湾独立派の台商」とのレッテルを貼られて猛攻撃を受けました。李氏は、台湾各紙に「台湾独立反対」の謝罪広告を出したほか、北京に赴き中国当局の謝罪しました。しかし、状況は好転せず、李氏はトップの座を辞めざるを得ませんでした。

 85度Cは、台湾系の有名チェーン・カフェ。蔡英文総統が南米訪問の帰途、トランジットのため滞在した米ロサンゼルスで8月12~13日(台湾時間)、「85度C」の店に立ち寄ったところ、中国のネットユーザー多数が「台湾独立派の店だ」として強く反発し、ボイコットを呼びかける騒ぎとなりました。

 海基会は、「台商」との接触に極力気を使っています。台湾で行う同会主催の催しですら、「台商」には事前の打ち合わせを良く行って、中国の了解を取ったか確認する必要があるそうです。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー



2018年1月10日中台 中国の対台湾政策を管轄する国務院台湾事務弁公室(国台弁)はこのほど、四川省・成都で、中国共産党第19回全国代表大会(第19回党大会)の精神を伝えるとの名目で、中国でビジネスする台湾企業(台商)の代表約150人を集めて座談会を行いました。台湾の当局者は「今年行われる台湾の地方首長選挙を前に情勢を把握する狙いがある」と話しています。上報が伝えました。(写真は上報のキャプチャー)

 会議に参加したのは中国各地の台商団体「台資企業協会」の会長約150人。中国各地方政府の台湾関連部門の責任者も駆けつけました。

 国台弁の張志軍主任は、第19回党大会の報告書に盛り込まれた対台湾政策を紹介した上、中台関係の「はっきりしたレッドライン」として、台湾独立に反対する考えを改めて強調しました。

 台湾の当局者は座談会の目的について、「蔡英文政権の1年余りの施策に対する台商の評価を把握し、今年末の選挙の動向を探ることだ」と話しています。

 この当局者によると、座談会の前に行われた宴会の席などで中国側は、台湾の若者の就職問題、台湾社会の脱中国化の雰囲気などについて強い関心を示したということです。

 中国側は昨年11月下旬以降、中台交流の活発化させ、中台メディア代表の会合を開いたり、台湾の最大野党の国民党、新党の代表団の受け入れるなどしています。選挙を前に台湾とのチャンネルづくりが狙いとみられています。

↑このページのトップヘ