イノウエのたいわんブログ

ほぼ台湾の話題、時々中国…。

タグ:呉敦義

 2018年8月30日馬11月の地方選挙が近づく中、国民党分裂の恐れが高かった新竹県長選挙で、離党して出馬する方針を表明していた林為洲・国民党立法委員(議員)が29日、立候補を断念しました。(新頭穀のキャプチャー)

 ニュースメディアの新頭穀によると、林為洲氏の出馬断念は、馬英九前総統と王金平前立法院長(国会議長)が一致して奔走したことが大きかったようです。2人は不倶戴天の政敵で、2013年9月に激しい政争を演じました。

 馬前総統は、恩讐を超えて協力したのかとの記者の質問に「王金平氏の協力があったかどうかは知らない。みんなで一致して協力することは良いことだ」と卒なく答えています。

 ニュースメディアの信網によると、林・立法委員は、世論調査でそれなりの支持を集め、立候補に意欲的でした。しかし、新竹県は国民党と同じ青陣営で実力派の徐欣瑩・民国党主席が立候補を表明しており、林氏が出馬すれば分裂し、民進党など緑陣営に漁夫の利を与えることになります。

 国民党の呉敦義主席は激怒し、当初は党除名をちらつかせていましたが、次期立法院選挙で候補者名簿への登載を約束することで、林・立法委員に出馬を断念させました。背後には馬前総統と王前院長の尽力があったもようです。

 11月の地方選挙では、青陣営は台南市長選も分裂の恐れがありましたが、無党派での立候補に意欲を示していた前台南市警察局長の陳子敬氏が29日出馬を断念しました。

 国民党など青陣営は、11月の選挙に向け、着々と団結を強めています。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー

国歌斉唱中華民国国慶節(建国記念日)の10日、台北市で記念式典が開かれました。冒頭の国歌斉唱の際、出席した主要政治家の態度がそれぞれの立場を示しているとして注目を集めました。台湾独立志向の有力野党、時代力量の黄国昌主席は口を結んだまま歌いませんでした。風伝媒が伝えました。(写真は風伝媒のキャプチャ)

 与党・民進党の頼清徳行政院長(首相)と、無党派の柯文哲台北市長はわずかに口をぱくぱく。柯文哲市長は途中で歌うのをやめてしまいました。馬英九前総統と最大野党、国民党の呉敦義主席は口を大きく開けて模範的な姿で歌っていました。

 なお中国は10月1日から国歌を侮辱すると刑事罰を課される「国歌法」を施行しました。国歌演奏の際の抗議やブーイングはご法度です。中国だったら黄国昌主席や柯文哲氏は刑事罰ですね。

↑このページのトップヘ