イノウエのたいわんブログ

ほぼ台湾の話題、時々中国…。

タグ:国民党

 2019年4月23日韓台湾メディアの「新頭穀」によると、韓国瑜・高雄市長が23日、2020年の総統選について5項目の声明を発表し、「台湾が変わってこそ、高雄も本当に変わる」と述べ、間接的に出馬を表明しました。ただし、国民党の現行の総統候補者選出プロセスには参加したくないとも述べています。(写真は新頭穀のキャプチャー)

 国民党の支持者からは、大衆的人気が高く、昨年11月の統一地方選挙で同党の大勝利の流れを作った韓市長に対し、出馬を望む声が高まっていました。しかし、韓市長はこれまで再三、総統選には参加せず市政に集中する考えを表明してきました。

 台湾メディアの風伝媒によると、韓市長は5項目の声明で、国民党の総統候補者の選出プロセスについて「長きにわたり政治エリートが密室の談合に熱を入れ、人民からますます遠ざかってきた」と批判しました。選定プロセスが改められれば、出馬する考えのようです。

 先に国民党から総統選への出馬を表明した、EMS(電子機器受託生産)世界最大手、鴻海精密工業の郭台銘董事長は、韓市長の声明について「国民党中央は、韓国瑜氏の願いを汲み取り、選出の条件やルールを改めるだろう」と指摘しました。

 郭董事長はまた、「一番単純な選出規則すら、なかなか決められれない。政治の素人には想像できない」と語り、総統選候補者の選出プロセスの不透明さを批判する韓市長に賛同しています。

 風伝媒によると、韓市長の事実上の出馬宣言に対し、民進党中央は「韓国瑜市長の市政での実績はまだ見えない。市長の仕事をしっかりやるべき。市民に対する約束を実現してこそ正しい」として反発しています。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
郭台銘氏、総統選出馬の有無を一両日中に表明へ ホンハイ株2.35%値上がり
韓高雄市長の訪中に中央政府警戒 いかなる取り決めもするなと警告

2019年3月2日韓 昨年十一月の統一地方選挙で国民党大勝の流れをつくった、韓国瑜・高雄市長が三月に中国本土南部の数都市を歴訪することが決まった。中国・習近平政権による中台統一への圧力が高まる中、蔡英文政権は韓市長が中国側に取り込まれることを警戒、行政院(内閣)大陸委員会(陸委会)が「地方首長に権限はない。いかなる取り決めもするな」と警告した。(写真は自由時報のキャプチャー)

 韓市長は「物を売りに行き、人を呼ぶだけ」と述べ、高雄産農林水産物の中国本土への売り込みと、青年や起業家ら人的交流の活発化が目的と釈明。中国南部のどの都市を訪れるかは明らかにしていないが「経済力のある都市」と語り、経済交流が目的であることを強調している。

 韓市長は、高雄経済発展のため中国経済に依存する姿勢が鮮明で、与党・民進党のベテランの林濁水・元立法委員(議員)は「一切を中国に頼るのは、馬英九(前総統)の海賊版」とこき下ろされた。

 韓市長の政治的にも蔡英文政権に比べ中国寄り。習主席が今年一月初めの演説で、「一つの中国原則」を口頭で確認した「九二コンセンサス」を前提に、高度な自治を認める「一国二制度」を受け入れて統一を急ぐよう台湾に呼び掛けた。蔡政権は直ちに拒否。九二コンセンサスは存在を認めていない。韓市長は「九二コンセンサス」を、中台関係を安定させる重しに例え、不可欠の取り決めとの見方を示した。

 韓市長は、無党派の柯文哲・台北市とともに二〇二〇年の総統選挙で、有力候補者とみられており単なる地方首長でない。今後の中台関係の流れを占う上でも、両市長の発言は内外から強く注目されている。政権としても、韓市長が中国側に何かの約束をさせられては大事となる。

 蔡英文政権は、韓市長の動きに戦々恐々。 陸委会は「各地方政府は、陸委会からの権限付与がなければ、中国本土のいかなる個人、法人、団体その他の機関と、いかなる取り決めもできない」との異例の声明を出した。

 2018年9月25日雄台湾紙・聯合報が24日発表した高雄市長選挙に関する世論調査の結果で、民進党の陳其邁候補を支持するが34%、国民党の韓国瑜候補を支持するが32%で伯仲しました。(写真は聯合報のキャプチャー)

 韓候補は、「支持を決めていない」が3割もあり、今回の選挙で最大の変数だとのべ、気を引き締めています。

 陳候補の選対事務所の広報担当者、李昆沢は「世論調査は実施機関により結果が異なる。いずれも参考になる」と話しています。

 調査結果によると、合併前の旧高雄市は陳候補を支持するが37%で、韓候補の32%をリードしました。旧高雄県では陳候補支持が33%、韓候補支持が31%と接近しています。

 韓候補は、青物市場運営会社の台北農産運銷の元総経理。農漁民の期待が高いことが、旧高雄県地区の支持の高さに結びついてるとみています。
★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーー

 2018年8月30日馬11月の地方選挙が近づく中、国民党分裂の恐れが高かった新竹県長選挙で、離党して出馬する方針を表明していた林為洲・国民党立法委員(議員)が29日、立候補を断念しました。(新頭穀のキャプチャー)

 ニュースメディアの新頭穀によると、林為洲氏の出馬断念は、馬英九前総統と王金平前立法院長(国会議長)が一致して奔走したことが大きかったようです。2人は不倶戴天の政敵で、2013年9月に激しい政争を演じました。

 馬前総統は、恩讐を超えて協力したのかとの記者の質問に「王金平氏の協力があったかどうかは知らない。みんなで一致して協力することは良いことだ」と卒なく答えています。

 ニュースメディアの信網によると、林・立法委員は、世論調査でそれなりの支持を集め、立候補に意欲的でした。しかし、新竹県は国民党と同じ青陣営で実力派の徐欣瑩・民国党主席が立候補を表明しており、林氏が出馬すれば分裂し、民進党など緑陣営に漁夫の利を与えることになります。

 国民党の呉敦義主席は激怒し、当初は党除名をちらつかせていましたが、次期立法院選挙で候補者名簿への登載を約束することで、林・立法委員に出馬を断念させました。背後には馬前総統と王前院長の尽力があったもようです。

 11月の地方選挙では、青陣営は台南市長選も分裂の恐れがありましたが、無党派での立候補に意欲を示していた前台南市警察局長の陳子敬氏が29日出馬を断念しました。

 国民党など青陣営は、11月の選挙に向け、着々と団結を強めています。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー

 2018年6月7日蔡NGO「台湾守護民主平台」がこのほど発表した世論調査の結果によると、発足から2年目の蔡英文政権の実績について、与党・民進党の支持者の50%が「満足していない」と答えました。

 「満足している」は46.8%で、民進党支持者で「不満」が「満足」を上回ったのは初めてだそうです。(写真は上報のキャプチャー)

 国民党支持者だと「満足していない」が97.6%、民進党と同じく台湾独立志向の緑派の野党、時代力量の支持者も78.4%が不満を表明しました。無党派層でも不満足の割合は87.4%に達しました。

 蔡政権への不満は、党派を超えて広がっています。市民の切実な要望に応えていないことが要因とみられます。

少子高齢化対策に不満

 最大の不満の1つは、介護など高齢化対策と、保育や幼児教育など少子化対策が不十分なことで、8割が不満を感じています。

 また、やはり8割もの回答者が、総統に立法院(国会)での報告を義務付ける憲法改正を求めていますが、実現していません。

対中政策には諦めムード

 焦点の対中政策では、蔡政権が否定する「92コンセンサス」に対し、反対する回答者が減少しています。

 「92コンセンサス」は、1992年「1つの中国原則」に関し中台が口頭で達成したとされるもの。

 支持政党別では、対中統一派の新党支持者は100%、国民党支持者の84.9%が賛成する一方、台湾独立志向の社民党は92.9%、時代力量は77.5%、民進党は77.4%が反対です。

 ただ、昨年の同じ調査で「92コンセンサス」受け入れ反対が56.6%だったのに、今年は46.7%に低下しました。台湾人の生命、財産の不利益を避けるため、受け入れもやむなしと考える人が増えているようです。
 
 一方で、台湾の民主体制を防衛するための努力が足りないと考える回答者も8割近く、特に20~29歳では85.4%に達しました。

 軍事だけでなく、経済、文化、教育などあらゆる面で行われる中国の浸透に、台湾の民主体制を守るための対抗が不十分と考えてます。

 蔡英文総統の対中姿勢は頼りないため、諦めムードが漂い始めたということでしょうか。

 中国に対抗する上で、「現状維持」を唱えたり、「92コンセンサス」を否定したりという消極姿勢でなく、もっと強くリーダーシップを発揮して欲しいというのが、今回の調査結果に表れた民意のようです。
 

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー

↑このページのトップヘ