イノウエのたいわんブログ

ほぼ台湾の話題、時々中国…。

タグ:蒋介石

2018年1月31日 与党・民進党の高志鵬立法委員(議員)がこのほど、新しい台湾元紙幣デザイン案のコンテストを始めたところ、人物の肖像画で選ばれたのは歌手のテレサ・テン(鄧麗君)だけとなっています。聯合報が伝えました。(写真は聯合報のキャプチャー)
 
 高委員は昨年、故・蒋介石総統や孫文の肖像が描かれた紙幣を改めるよう提案。「国家紙幣デザイン委員会」の設置や、紙幣デザインの選定プロセスへの市民の参加を求めています。このほどネットメディアと共同で「新。紙幣デザインコンテスト」という活動を始めました。

 専門家が選んだ応募作品の中から、最も気に入ったものを一般市民にネット上で投票してもらうやり方で進められ、コンテストの最終結果は2月27日に発表されます。専門家の選考でこれまでに、原住民のトーテム、玉山などの風景、野生動物、台北101などの建築などのデザイン案が残りました。
 
 「タピオカ・ミルクティー」、「色覚異常検査表」などユニークな作品もありました。人物の肖像画はこれまでにテレサ・テンだけだということです。専門家の評価が高かったのは、台北101の絵を載せた2000元札、台湾固有の鳥、サンケイをあしらった1000元札などでした。

 故・蒋介石総統のひ孫で、野党・国民党立法委員(議員)の蒋万安氏(三八)が台湾政界で急速に名声を高め、二〇一八年の台北市長選の最有力候補者に急浮上してきた。当人は正式表明していないが、十二月初め台北・下町の道教寺院の例祭に参加したことが、選挙戦に向けたウォームアップと見られて耳目を集めた。


 蒋万安氏は毛並みの良さに加え、国立政治大、米ペンシルバニア大卒の法学博士で米国の弁護士資格を持つ俊才。スリムで長身、政界随一のイケメンで女性ファンが多い。


  二〇一六年の立法委員選挙で台北市から立候補し初当選したばかりだが、早くも頭角を現した。十一月に立法院の委員会で行われた労働基準法改正案の審議では、野党議員として百三十分もの演説を行って採決を大幅に遅らせた。同法改正に反対し、立法院を取り囲んでいた労働団体からは「蒋万安、もっとつっぱれ」の声援が挙がり、一般の人気も急上昇した。


 国民党政権時代の人権侵害の真相究明などを目的とする「移行期正義促進条例」の審議では、被害者と意見交換したほか、政治文書の公開に賛成するなど従来の国民党議員とは異なる柔軟さをみせた。独裁者のひ孫という負のイメージの払拭に完全に成功し、国民党の希望の星と指摘すら出ている。


 一方、蒋万安氏の台頭により国民党内では、青壮年派と党中央を独占するベテラン派の世代対立が激化している。


 青壮年派は勤労者に同情的で、歴史の検証に賛成するなど顕著にリベラル志向だ。ベテラン派は資本側に立ち、保守主義を貫くのが国民党と考えている。双方は軍人、公務員、教員の年金改革や同性婚問題でも鋭く意見対立した。


 両派は、衝突は次第に表面化しており、将来の党分裂の危機すらささやかれ始めた。

 2017年12月6日蒋介石立法院(議会)は5日、「移行期の正義促進条例」を可決しました。過去の政権による人権侵害の真相究明や、被害者の名誉回復や補償を行って、社会正義を実現することが目的です。条例に基づき、過去の権威主義的な統治のシンボルとして、各地の故・蒋介石総統の銅像が撤去さることになりそうです。ETtodayなどが伝えました。(写真は、新北市永和区公所の故蒋介石総統像)

 条例に基づき、行政院(内閣)に「移行期の正義促進委員会」が設置されます。行政院長(首相)が委員9人を指名しますが、同一政党の委員は3人以下とされています。

 委員会は「政治資料の公開」、「権威主義の象徴と不正義な遺跡の除去」、「司法的不正からの名誉回復、歴史的真相の見直し、社会の和解促進」、「政党の不正資産の処理」の4つを任務として調査を行い、2年以内に行政院長に報告書を提出します。

 条例は権威主義的統治の時期を1945年8月15日から92年11月6日までと定めました。また、権威主義的統治の合法性を否定するためなどとして、公共建築や場所にある権威主義的統治者の象徴について、除去などの処分を行うとしています。

 さらに、大規模な人権侵害事件の発生地は、保存、再建の上、歴史的遺跡として整備することを定めました。

蒋総統のひ孫「条例は憲法違反」と反発

 5日付聯合報によると、蒋介石総統のひ孫で、国民党立法委員の蒋万安氏(38)は、同条例について「検察と裁判所による司法の調査権を侵すもので、憲法の権力分立の原則に反する。台湾社会の団結と和解を促すことはできない」などと批判しました。

 国民党広報責任者の洪孟楷氏は「条例は対象の時期からみて、国民党を狙い撃ちしている。今後、あらゆる方法で条例のでたらめさを明らかにしたい」と語り反発しています。

↑このページのトップヘ