イノウエのたいわんブログ

ほぼ台湾の話題、時々中国…。

タグ:韓国瑜

 2019年4月24日陳2020年の総統選について、韓国瑜・高雄市長が23日、「国民党の候補者選出には参加しない」などと述べたことについて、陳水扁元総統は24日、フェイスブックで、韓氏の発言は事実上の出馬声明であり、実際は「もう総統選立候補の準備を終えている」と指摘しました。台湾メディアの新頭穀が伝えました。(写真は新頭穀のキャプチャー)

 陳元総統によると、韓氏が出馬を明言しないのは昨年の統一地方選で高雄市長に当選かしてらまだ4カ月で、自分から放り出すとは言えないため。また、昨年の当選で大恩のある国民党の長老、王金平・前立法院長に遠慮していることも一因です。王前院長も総統への出馬を表明しています。

 しかし、陳元総統によると、政治業界の人で経験者が聞けば、韓氏が2020年総統選出馬に意欲があることがはっきり分かるそうです。国民党が複数候補の中からの選出でなく、起用方式で韓氏を指名するなら、応じるのは確実。陳氏は「国民党が輿(こし)に乗せてくれるのを待っている」と述べました。

 陳元総統によれば、「韓氏の相場」は、国民党の候補者で最も高く、先に国民党からの総統選出馬を表明した、EMS(電子機器受託生産)世界最大手、鴻海精密工業の郭台銘董事長にも負けていません。陳元総統は、韓国瑜氏も政治家として、こんなチャンスを見過ごすことはしないと見ています。

 陳元総統は、民進党についても複数候補者からの選出でなく、蔡英文総統を指名するべきだと述べました。
★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー
韓・高雄市長が事実上の総統選出馬宣言  国民党の候補者選出方法の変更が条件
郭台銘氏、総統選出馬の有無を一両日中に表明へ ホンハイ株2.35%値上がり
韓高雄市長の訪中に中央政府警戒 いかなる取り決めもするなと警告

 2019年4月23日韓台湾メディアの「新頭穀」によると、韓国瑜・高雄市長が23日、2020年の総統選について5項目の声明を発表し、「台湾が変わってこそ、高雄も本当に変わる」と述べ、間接的に出馬を表明しました。ただし、国民党の現行の総統候補者選出プロセスには参加したくないとも述べています。(写真は新頭穀のキャプチャー)

 国民党の支持者からは、大衆的人気が高く、昨年11月の統一地方選挙で同党の大勝利の流れを作った韓市長に対し、出馬を望む声が高まっていました。しかし、韓市長はこれまで再三、総統選には参加せず市政に集中する考えを表明してきました。

 台湾メディアの風伝媒によると、韓市長は5項目の声明で、国民党の総統候補者の選出プロセスについて「長きにわたり政治エリートが密室の談合に熱を入れ、人民からますます遠ざかってきた」と批判しました。選定プロセスが改められれば、出馬する考えのようです。

 先に国民党から総統選への出馬を表明した、EMS(電子機器受託生産)世界最大手、鴻海精密工業の郭台銘董事長は、韓市長の声明について「国民党中央は、韓国瑜氏の願いを汲み取り、選出の条件やルールを改めるだろう」と指摘しました。

 郭董事長はまた、「一番単純な選出規則すら、なかなか決められれない。政治の素人には想像できない」と語り、総統選候補者の選出プロセスの不透明さを批判する韓市長に賛同しています。

 風伝媒によると、韓市長の事実上の出馬宣言に対し、民進党中央は「韓国瑜市長の市政での実績はまだ見えない。市長の仕事をしっかりやるべき。市民に対する約束を実現してこそ正しい」として反発しています。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー
郭台銘氏、総統選出馬の有無を一両日中に表明へ ホンハイ株2.35%値上がり
韓高雄市長の訪中に中央政府警戒 いかなる取り決めもするなと警告

 2019年4月16日鴻中央社によると、EMS(電子機器受託生産)世界最大手、鴻海精密工業の郭台銘董事長が16日午前、2020年の台湾総統選への出馬の有無を一両日中に表明すると明かしました。郭董事長が、自身の総統選出馬の可能性を明言したのは初めてです。(写真は風伝媒のキャプチャー)

 台湾証券取引所では16日、郭氏へ出馬への期待からか、同社株が前日終値比2.35%上昇しました。

 聯合報によると、昨年の台湾統一地方選で野党・国民党大躍進の立役者となった高雄市の韓国瑜市長は15日、訪問中の米サンノゼで、郭氏の立候補の可能性について「中国とも米国とも関係が良好で、グローバルな視野を持った巨人実業家だ。もし出馬すれば、人々の心を揺さぶるに違いない」述べて歓迎しています。
 
 韓市長自身も、国民党支持者の間からは、出馬を求める声が高まっています。ただ、韓市長は15日、重ねて、20年総統選へに立候補するつもりはないと答えました。

 台湾総統選の候補者選びは、与党・民進党は現職の蔡英文総統が再選を目指すのに対し、頼清徳・前行政院長も出馬を表明し内紛状態にあります。

 国民党側も、公認候補者の座をめぐり朱立倫・前新北市長、王金平・前立法院長、呉敦義・国民党主席が激しく争っています。郭台銘氏が立候補を表明すれば、国民党側の候補者選びがさらに混迷を深める可能性があります。

★参考情報★
ーーーーーーーーーー

2019年3月2日韓 昨年十一月の統一地方選挙で国民党大勝の流れをつくった、韓国瑜・高雄市長が三月に中国本土南部の数都市を歴訪することが決まった。中国・習近平政権による中台統一への圧力が高まる中、蔡英文政権は韓市長が中国側に取り込まれることを警戒、行政院(内閣)大陸委員会(陸委会)が「地方首長に権限はない。いかなる取り決めもするな」と警告した。(写真は自由時報のキャプチャー)

 韓市長は「物を売りに行き、人を呼ぶだけ」と述べ、高雄産農林水産物の中国本土への売り込みと、青年や起業家ら人的交流の活発化が目的と釈明。中国南部のどの都市を訪れるかは明らかにしていないが「経済力のある都市」と語り、経済交流が目的であることを強調している。

 韓市長は、高雄経済発展のため中国経済に依存する姿勢が鮮明で、与党・民進党のベテランの林濁水・元立法委員(議員)は「一切を中国に頼るのは、馬英九(前総統)の海賊版」とこき下ろされた。

 韓市長の政治的にも蔡英文政権に比べ中国寄り。習主席が今年一月初めの演説で、「一つの中国原則」を口頭で確認した「九二コンセンサス」を前提に、高度な自治を認める「一国二制度」を受け入れて統一を急ぐよう台湾に呼び掛けた。蔡政権は直ちに拒否。九二コンセンサスは存在を認めていない。韓市長は「九二コンセンサス」を、中台関係を安定させる重しに例え、不可欠の取り決めとの見方を示した。

 韓市長は、無党派の柯文哲・台北市とともに二〇二〇年の総統選挙で、有力候補者とみられており単なる地方首長でない。今後の中台関係の流れを占う上でも、両市長の発言は内外から強く注目されている。政権としても、韓市長が中国側に何かの約束をさせられては大事となる。

 蔡英文政権は、韓市長の動きに戦々恐々。 陸委会は「各地方政府は、陸委会からの権限付与がなければ、中国本土のいかなる個人、法人、団体その他の機関と、いかなる取り決めもできない」との異例の声明を出した。

  2019年2月21日韓2020年総統選挙に向け野党・国民党候補の人選に注目が集まる中、高雄市観光局の潘恒旭局長が「前新北市長の朱立倫氏が、台北市長の柯文哲氏に世論調査で勝てないなら、高雄市長の韓国瑜氏が総統選挙の候補として、国民党に起用されるチャンスがある」と述べました。風伝媒が21日伝えました。(写真は風伝媒のキャプチャー)

 潘局長の発言は不適切で、越権行為だとして批判の声が相次いでいます。韓市長も21日、「言葉を慎むように注意した」と述べました。

 台湾の総統選挙は事実上、まもなくスタートします。最近の世論調査によれば、韓国瑜市長が参戦すれば、立候補を正式表明し再選を目指す蔡英文総統や、無党派ながら有力候補とみられる柯文哲氏を上回る支持を集めると見られています。

 潘局長の発言は、世論調査で、国民党の有力候補者の1人である朱立倫氏への支持が柯文哲氏を低迷するなら、韓市長の出番だというもので、さほど不適切なものではありません。

 韓市長もそのあたりの事情がよく分かっていればこそ、余計に慎重になっているようです。「このような重大事への発言は、なるべく減らすべき。潘恒旭氏の職責は、高雄の観光を多彩なものにすることだ」と述べ、ことさら慎重な発言を求めました。

 昨年11月の統一地方選で、国民党大勝の流れを造った韓市長。当選後も人気は高く、一挙手一投足が注目されています。総統選への出馬待望論も日に日に高まっているようです。潘局長のフライング発言も、はやる気持ちが抑えられなかったということでしょう。

↑このページのトップヘ