イノウエのたいわんブログ

ほぼ台湾の話題、時々中国…。

タグ:韓国瑜

2019年7月17日韓 2020年の台湾総統選挙の国民党の候補者予備選挙が15日行われ、韓国瑜・高雄市長が勝利しました。予備選は固定電話による世論調査の結果によるもので、韓候補の動員力が勝因とみられています。民進党には、現職の蔡英文総統の敵ではないとして、喜びが広がっているそうです。また、韓氏に反対する国民党支持者の票が狙えるため、柯文哲・台北市長が立候補を口にし始めました。台湾誌・新新聞(電子版)が伝えました。

 国民党によると、総統予備選は、5つの世論調査機関により7月5日から14日に行われ、1万5189件の有効回答が集まりました。党外候補者との比較調査への回答を85%、党内候補者同士の比較調査への回答を15%それぞれ採用し、支持率を計算しました。台湾最大の通信キャリア、中華電信の固定電話の契約者だけが対象となりました。

 この結果、韓国瑜氏が44.805%で首位、EMS(電子機器受託生産)世界最大手、鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘前董事長が27.73%で2位、朱立倫・前新北市長が17.9%で3位となり、韓市長が当選しました。党外候補者との比較で、韓国瑜市長の支持率は、蔡英文、柯文哲の両氏を30ポイント上回りました。

 世論調査に詳しい国民党関係者によると、韓氏の支持率は通常は3割程度なのに、予備選では5割に迫りましたが、実力を反映するものではないそうです。熱狂的な支持者を持つ韓氏が、支持者を自宅の電話前に待機させていたことの結果だとみられるそうです。

 韓国瑜候補は、国民党支持者の中でも、知識層と経済界に支持が広がっていないそうです。国民党支持者の中で、韓候補反対派が3割に上るとの調査結果もあります。若年層や無党派層の支持も得られていません。

 国民党のベテラン立法委員(議員)は「韓国瑜候補は、わずか3割の韓ファンの支持と、国民党地方組織の動員力だけが頼り。行政経験が豊富で、米国の支持を受け、反中カードを切れる蔡英文総統に勝てるだろうか」と述べ、憂慮しています。

 予備選挙の結果に対し、韓支持者は興奮、民進党支持者は喜び、柯市長は出馬をほのめかしました。国民党の反韓国瑜派と中間層の票が柯市長に向かう可能性があるためです。

 台中市の国民党関係者は「蔡英文候補が庶民層の心を打つのは行政経験でなく、中国の一国二制度に反対しているためだ。香港の逃亡犯条例改正反対デモの効果で、昨年の統一地方選で国民党に投票した若者と中間層の票が、蔡候補に向かっている」と話しています。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー
台湾総統選で国民党の郭、韓国瑜両候補が暗闘 中国は韓候補支持か
韓国瑜氏の花蓮集会に15万人 総統選出馬を初めて公言
テリー・ゴー候補、「馬前総統の操り人形」報道に激怒

2019年7月03日韓 台湾総統選挙で、最大野党、国民党の最有力候補であるEMS(電子機器受託生産)世界最大手の鴻海精密工業の郭台銘会長と韓国瑜高雄市長が暗闘を繰り広げている。(写真は筆者撮影)


 郭会長と韓市長は、実は同じ板橋国民小学校(新北市)の先輩、後輩の間柄。十八年十一月末の台湾統一地方選挙で、韓国瑜氏が圧勝したころまで、人は毎日のように電話で連絡を取り合うなど熱々仲だった。しかし、郭会長が四月中旬、事前に知らせず突然出馬宣言し、国民党から承認を受けると、二人の関係は冷却化した

 絵に書いたような「ポピュリスト政治家」である韓市長は六月、台北、東部・花蓮、中部・雲林県で、大衆動員による総決起集会を開いて総裁選出馬を表明した。大衆人気と動員力を見せつけて、国民党予備選挙を有利に運ぼうとする魂胆だ。

 国民党はヒエラルキーが厳格だ。馬英九前総統を代表格とする、党中央のエリートは、韓候補をチンピラ扱いして嫌っている。学歴は低く、一時、立法委員(国会議員)を務めたこともあるが事実上引退し、長らく台北市の青果市場の社長を務めてきた。

 郭会長も、出自は庶民で学歴も冴えないが、四十年でホンハイを世界的な大企業に育て上げたカリスマ経営者。国民党に多額の寄付もしており、国民党の候補としては資格十分だ。

 国民党中央のお気に入りの郭候補に、末端党員の圧倒的支持を受け、歯向かっているのが韓市長だ。総決起集会では「庶民総統」を自称し、エスタブリッシュメントと対決する構図を故意に演出。党の団結を乱す動きとして、国民党支持者からも反発が出始めた。

 郭、韓両候補とも親中国派なのだが、中国共産党は韓候補を推しているフシがある。台湾のメディア王で、中国べったりの実業家、旺旺集団の蔡衍明会長が全力で韓候補を応援、総決起集会も自ら支えているからだ。蔡会長は一方で、傘下メディアを使って郭氏の攻撃を執拗に続けている。蔡英文政権の高官は「蔡会長が中南海の意向に反するはずはない」と話す。


★参考情報★
ーーーーーーーーーーー
韓国瑜氏の花蓮集会に15万人 総統選出馬を初めて公言
テリー・ゴー候補、「馬前総統の操り人形」報道に激怒
韓国瑜氏は総統選立出馬を決めた 担がれるのを待っているだけ 陳水扁元総統が見方

2019年6月12日韓2 最大与党、国民党の韓国瑜・高雄市長は8日、台湾・東部の花蓮市で支持者が開いた集会で、2020年の総統選挙の党候補者を選ぶ予備選に参加を届け出たと述べました。台湾のTVBSテレビによれば、本人が総統選出馬を公の場で明言したのは初めとのことです。

 集会は花蓮市中心部の東大門夜市周辺で行われ、ネットメディアの上報によると、参加者は主催者発表で15万人に上りました。

 集会は午後2時から始まり、歌やダンスのパフォーマンスが延々と続きました。終了間際の午後5時20分、韓国瑜氏はワゴン車で会場に乗り付け、殺到する支援者に囲まれてもみくちゃになりながら、李佳芬夫人とともに登壇しました。

 韓氏は、国民党の予備選に届け出たことを明らかにした後、総統に当選すれば「あらゆる建設は、都市と地方を分け隔てしない」と述べ、花蓮など地方を重視する姿勢を強調しました。
 
 台湾東部の振興策として、宜蘭県と花蓮県を結ぶ省道の改良2期工事に早期着手、台中市と南投県を結ぶ国道6号線の花蓮への延長し、台中と花蓮を1時間以内の生活圏にすることなどを訴えました。

2019年6月12日韓3 韓市長の支持者は1日にも、台北市の総統府前の「凱達格蘭大道」で約40万人を集めて同様の集会を行っています。韓市長はその際、「いかなる要職に就く準備ができている。中華民国のため粉骨砕身働く」と語り、総統選出馬を示唆しました。

 TVBSテレビによると、台北と花蓮の集会は、韓市長の熱烈な支持者が主催したとされているものの、実際には「国民政党連盟主席」で宗教団体「救世会」創設者の妙天氏と、前花蓮県長の傅コン(山へんにコン)キ(くさかんむりに其)氏の支援が大きかったようです。

 韓氏の2度に渡る大集会は、予備選で優位に立つため。ただ、TVBSによると、世論調査の専門家である戴立安氏は「集会参加者の多寡で支持率が高まることはない。また、集会は支持率の低下を防ぐため。しかし、このような熱を維持し、1カ月後も効果が続くかどうかは、なお見守る必要がある」と話しています。

2019年6月12日韓4 国民党の広報部門、文化伝播委員会の黄子哲副主任委員も、韓国瑜氏が政見や理念を語らず、主張が空疎に過ぎることや、高雄市長の職務を疎かにしていることを疑問視しています。






(写真はいずれも筆者撮影=8日花蓮)

★参考情報★
ーーーーー
テリー・ゴー候補、「馬前総統の操り人形」報道に激怒
韓国瑜氏は総統選立出馬を決めた 担がれるのを待っているだけ 陳水扁元総統が見方
韓・高雄市長が事実上の総統選出馬宣言  国民党の候補者選出方法の変更が条件

2019年6月5日郭 台湾紙・聯合報(電子版)によると、台湾総統選挙に出馬を表明している(電子機器受託生産)世界最大手、鴻海(ホンハイ)科技集団の郭台銘(テリー・ゴー)氏は5日、「馬英九前総統のグループに背後から操られている」との台湾紙・中国時報の報道に激しい怒りをぶつけました。(写真は中国時報のキャプチャー)

 郭氏は同日、新北市で中国時報の紙面を手にしながら「今朝、報道を見ただけで血圧が急に上がった」と怒り、「郭台銘中傷の総司令部はここだ。最大の隠れ韓国瑜支持派だ」とまくしたてました。中国時報紙の経営者は、総統選への出馬を事実上表明した韓国瑜・高雄市長を支持していることが知られています。

 中国時報(電子版)は同日「馬氏が背後の影武者か、韓国瑜氏への対抗操る」と大きな記事を掲載。馬英九前政権のグループが「反韓国瑜戦線」を結成、馬前総統が毎日のように郭氏に電話し、総統選準備の状況を気遣っているなどと報じました。

 ネットメディアの風伝媒によると、郭氏は「候補者の支持者が互いに攻撃し合っている。戦略もみんなを団結させる方策も持っていない」などと国民党を批判しました。

 国民党内部でも総統選をめぐる内紛を懸念する声が上がっており、国民党前新北市長で、総統選候補の1人である朱立倫氏も「国民党に戦略がないと」と執行部を批判しています。



★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーー
韓国瑜氏は総統選立出馬を決めた 担がれるのを待っているだけ 陳水扁元総統が見方
韓・高雄市長が事実上の総統選出馬宣言  国民党の候補者選出方法の変更が条件
郭台銘氏、総統選出馬の有無を一両日中に表明へ ホンハイ株2.35%値上がり

 2019年4月24日陳2020年の総統選について、韓国瑜・高雄市長が23日、「国民党の候補者選出には参加しない」などと述べたことについて、陳水扁元総統は24日、フェイスブックで、韓氏の発言は事実上の出馬声明であり、実際は「もう総統選立候補の準備を終えている」と指摘しました。台湾メディアの新頭穀が伝えました。(写真は新頭穀のキャプチャー)

 陳元総統によると、韓氏が出馬を明言しないのは昨年の統一地方選で高雄市長に当選かしてらまだ4カ月で、自分から放り出すとは言えないため。また、昨年の当選で大恩のある国民党の長老、王金平・前立法院長に遠慮していることも一因です。王前院長も総統への出馬を表明しています。

 しかし、陳元総統によると、政治業界の人で経験者が聞けば、韓氏が2020年総統選出馬に意欲があることがはっきり分かるそうです。国民党が複数候補の中からの選出でなく、起用方式で韓氏を指名するなら、応じるのは確実。陳氏は「国民党が輿(こし)に乗せてくれるのを待っている」と述べました。

 陳元総統によれば、「韓氏の相場」は、国民党の候補者で最も高く、先に国民党からの総統選出馬を表明した、EMS(電子機器受託生産)世界最大手、鴻海精密工業の郭台銘董事長にも負けていません。陳元総統は、韓国瑜氏も政治家として、こんなチャンスを見過ごすことはしないと見ています。

 陳元総統は、民進党についても複数候補者からの選出でなく、蔡英文総統を指名するべきだと述べました。
★参考情報★
ーーーーーーーーーーーー
韓・高雄市長が事実上の総統選出馬宣言  国民党の候補者選出方法の変更が条件
郭台銘氏、総統選出馬の有無を一両日中に表明へ ホンハイ株2.35%値上がり
韓高雄市長の訪中に中央政府警戒 いかなる取り決めもするなと警告

↑このページのトップヘ