イノウエのたいわんブログ

ほぼ台湾の話題、時々中国…。

タグ:馬英九

 2018年8月30日馬11月の地方選挙が近づく中、国民党分裂の恐れが高かった新竹県長選挙で、離党して出馬する方針を表明していた林為洲・国民党立法委員(議員)が29日、立候補を断念しました。(新頭穀のキャプチャー)

 ニュースメディアの新頭穀によると、林為洲氏の出馬断念は、馬英九前総統と王金平前立法院長(国会議長)が一致して奔走したことが大きかったようです。2人は不倶戴天の政敵で、2013年9月に激しい政争を演じました。

 馬前総統は、恩讐を超えて協力したのかとの記者の質問に「王金平氏の協力があったかどうかは知らない。みんなで一致して協力することは良いことだ」と卒なく答えています。

 ニュースメディアの信網によると、林・立法委員は、世論調査でそれなりの支持を集め、立候補に意欲的でした。しかし、新竹県は国民党と同じ青陣営で実力派の徐欣瑩・民国党主席が立候補を表明しており、林氏が出馬すれば分裂し、民進党など緑陣営に漁夫の利を与えることになります。

 国民党の呉敦義主席は激怒し、当初は党除名をちらつかせていましたが、次期立法院選挙で候補者名簿への登載を約束することで、林・立法委員に出馬を断念させました。背後には馬前総統と王前院長の尽力があったもようです。

 11月の地方選挙では、青陣営は台南市長選も分裂の恐れがありましたが、無党派での立候補に意欲を示していた前台南市警察局長の陳子敬氏が29日出馬を断念しました。

 国民党など青陣営は、11月の選挙に向け、着々と団結を強めています。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーー

2018 年3月20日MA ニュースメディアの上報によると、退任前は人気低迷にあえいでいた馬英九前総統の人気が、最近数カ月間に回復しています。(写真は上報のキャプチャー)

 馬氏が春節(旧正月)前に揮毫し、印刷して配布した「春聯」約20数万枚は、市民の奪い合いになるほど。馬氏は春節で各地の道教や仏教寺院を参拝した時には、民衆の大歓迎を受けました。2020年の総統選挙への再出馬を求める声まで出ているそうです。

 馬前総統の人気は回復は、少なくともネット上では鮮明とのこと。馬氏が、大地震の被災地である花蓮の旅行記をフェイスブックにアップしたところ、「いいね」などのアクションをした読者の数は、ネット上で不動の人気を誇る柯文哲・台北市長に迫ったそうです。

台湾独立意識も低下、中国への評価上昇

 一部政治家によると、蔡英文政権の業績が芳しくないため、民衆の間に前政権を懐かしむ気持ちが起きていることと、馬氏の人気が関係するそうです。同じ理由で、台湾独立意識の低下や、中国を評価する意見の増加も同時に起きています。

 一方、民進党の許淑華・台北市議は「国民党にスター級の人物がいないため、馬前総統が盟主になっている。選挙に向けて、国民党が人気回復を宣伝しているだけ」と話しています。

★参考情報★
ーーーーーーーーーーーーーーーー

 2017年12月14日nんき1937年12月の南京事件から80周年を迎え、中国江蘇省南京市の「南京大虐殺遭難同胞記念館」では13日、習近平国家主席ら最高指導者も出席して国家追悼記念式典が荘重に行われました。台湾では与野党を問わず、式典などを行っておらず追悼活動は極めて低調です。(写真はフェイスブックより)

 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、台湾では、馬英九前総統がフェイスブックで文章を発表した以外、何も記念活動が行われませんでした。台湾の専門家は「記念活動を大々的に行うことは、台湾が中国の一部と認めたことに等しいため」と話しています。

 南京事件当時の中国の政権党で、その後台湾に逃れた国民党ですら何も活動をしていません。国民党の広報担当者の王鴻薇氏は「党としては何の式典も行いませんが、ネットを通じて皆さんに当時の歴史を振り返ってもらうつもりです」と話しています。

 唯一、追悼活動を行ったのは馬前総統。フェイブックで「80年前の今日、5万人の日本軍が南京に入場し、計画的、組織的に大規模な虐殺を行いました。6週間の強姦、殺人、強盗、放火で30万人が死亡しました」と述べました。

南京は中国にあり台湾に無関係

 低調な追悼活動について、国立台北教育大の李筱峰・元教授は「馬英九氏は自らを『中国人』と思っているので追悼は問題ない。しかし、南京大虐殺の記念は台湾人がやるべきでなく、対岸(中国)がすべきこと。南京は中国にあり、台湾は中国の一部ではない」と話している。

 李元教授によると、1970年以前に生まれた台湾人は「国民党による政治的な歴史教育」の影響を強く受けおり、「南京大虐殺」を日本の中国侵略の象徴として心に刻まれています。

 しかし、現在、台湾の歴史教育が変わり台湾主体の意識が強まる中、「南京大虐殺」は台湾にとって「失われた記憶」になってしまったということです。

2017年11月21日エネルギー 台湾の原子力発電について、馬英九政権時代の段階的な廃止政策「穏健減核」よりも、蔡英文政権の脱原発政策「非核の家」の方が二酸化炭素排出量は少ないとのシミュレーション結果を、台湾大リスクセンターの研究チームが発表しました。風伝媒が21日伝えました。

 馬英九・前政権は、建設中の第4原発を稼働する代わり、運転中の第1~第3原発の延命をせず、その間に再生可能エネルギーを含め原子力発電代替の電源を探すというものでした。現在の蔡英文政権は第4原発は稼働は見送り、第1~第3原発も延命せず、別の電源への切替を急ぐ「非核の家」政策です。
 
 台湾で二酸化炭素など温室効果ガスの主な発生源は発電所です。「非核の家」政策は、再生可能エネルギーの発電量を増やす一方、火力発電は石炭から天然ガスへの転換を急いでいます。

 一部からは、原発廃止の過渡期に二酸化炭素と大気汚染物質の排出が増え、2014年に定めた温室効果ガスの削減目標が達成できないとの批判が出ています。

 台湾大チームによると、2025年の段階で馬政権の「穏健減核」の方が「非核の家」よりも、二酸化炭素排出量が最大で0.2億トンも増えるとのシミュレーション結果が出ました。

前政権は原発と石炭火力を重視


 シミュレーションを行った、台湾大の趙家緯研究員によると、「穏健減核」と「非核の家」の差は、前政権が原発と石炭火力発電を重視し、再生可能エネルギーと天然ガスの割合が低いことが原因とみられます。

 趙研究員は「原子力発電所がある限り、天然ガスを積極的に使う気にならない」と話しています。

 筆者は、前政権が原発と石炭火力を重視したのは、コストの問題があると思います。コストを考慮しないエネルギー政策は長続きしないので、シミュレーション前提が崩れてしまうような気がします。

国歌斉唱中華民国国慶節(建国記念日)の10日、台北市で記念式典が開かれました。冒頭の国歌斉唱の際、出席した主要政治家の態度がそれぞれの立場を示しているとして注目を集めました。台湾独立志向の有力野党、時代力量の黄国昌主席は口を結んだまま歌いませんでした。風伝媒が伝えました。(写真は風伝媒のキャプチャ)

 与党・民進党の頼清徳行政院長(首相)と、無党派の柯文哲台北市長はわずかに口をぱくぱく。柯文哲市長は途中で歌うのをやめてしまいました。馬英九前総統と最大野党、国民党の呉敦義主席は口を大きく開けて模範的な姿で歌っていました。

 なお中国は10月1日から国歌を侮辱すると刑事罰を課される「国歌法」を施行しました。国歌演奏の際の抗議やブーイングはご法度です。中国だったら黄国昌主席や柯文哲氏は刑事罰ですね。

↑このページのトップヘ