柯文哲ユニバ2017年8月19日、台北で開幕する第29回夏季ユニバーシアードを前に29日、柯文哲市長が人気ユーチューバーの「林辰Buchi」さんと一緒にPR用の動画を制作し公開したところ、1日で6万人がみる人気作品となりました。風伝媒が30日伝えました。

 動画の終盤に市長が突然登場するのですが、少し不気味な感じがおかしく吹いてしまいます。20年の東京五輪を前に、東京都の小池百合子知事もこのぐらいユーモアたっぷりの宣伝をしてくれないかなと思います。

 林辰Buchiさんは動画の中で、自身も以前は陸上競技の選手だったことを明かした後、「競技で一番こわいのは転倒だ」として過去の五輪やユニバーシアドで選手がトラックなどで転倒した後、健気に競技を続ける様子を紹介して行きます。最後に林辰Buchiさんが路上で不意に倒れたところ、高齢の男性が手を差し伸べて助け起こしてくれます。それが柯文哲市長というわけです。

 柯文哲市長は他のユーチューバーとも一緒にユニバーシアードの宣伝動画を制作。「時代に合った宣伝」、「親しみが持てる」、「最もイケてる老人」として評判は上々です。台湾ではいまやYoutubeは新聞やテレビよりも影響力がある市民のメディアですから、今後も政治家が活用することになるのでしょう。柯文哲市長も当然、2018年の選挙を意識していることと思います。